BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

チヂミザサ

2018年10月11日 10時17分41秒 | 野草

 イネ科 チヂミザサ属 チヂミザサ

 北海道から本州、四国、九州に分布する1年草です。

 茎は枝分かれして地を這い立ち上がるので群生しているのが見られます。

 高さは20センチから30センチ、茎を巻いて葉が出ます、葉は先のとがった卵型。

 葉の縁は細かく波打ちます、織物の縮織ににて、笹の葉のようなので「チヂミザサ」の名前が付いたそうです。

 秋に花茎が高く立ち上がり、数個が集まり段々に花が咲きます。

 花から横に出た白いブラシのようなものがメシベ、下に垂れ下がる袋のようなものがオシベです。

 花から3本の紫色の毛が出ています、「芒(のぎ)」と呼ばれるイネ科独特のものです。

 チヂミザサは果実が熟しても芒が残り、粘液が付いているので通りかかった動物に着いて運ばれます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ツユクサ | トップ | ハナミズキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野草」カテゴリの最新記事