BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

タチツボスミレ

2019年01月12日 10時48分37秒 | 野草

 スミレ科 スミレ属 タチツボスミレ

 北海道から本州、四国、九州に分布する多年草です、日当たりの良い草地や土手で見られます。

 株から葉柄がのびてハート形の葉が付きます、縁には鋸歯があります。

 葉と同じ場所から花枝がのびて紅紫色の花が咲きます。

 薄い紅紫色の花は筒形で、後方に「距」と呼ばれる蜜ツボを持ちます。

 花弁は5枚に分かれ、下側の一枚が少し大きくなります。

 春の花が終わると、初夏に茎が20センチほど立ち上がり葉がついて花が咲きます。

 茎が立ち上がって花が咲き蜜ツボが有るので「タチツボスミレ」とよばれます。

 房総では、春まで待てないタチツボスミレがもう咲いています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅一輪 | トップ | ツルウメモドキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野草」カテゴリの最新記事