BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

平成生まれ

2018年08月30日 11時38分40秒 | どうでも良い事

 28日のPM7:00テレ朝の番組を見た。

 「平成生まれ300万人そんなこと考えなかった」と言うクイズ番組だった。

 4年に1回2月29日のある年を何というかの問題に「うるー年」と書いて「答えは合ってるじゃあないですか。」と居直る男が居た。

 雨はどこから来るのかの問題には「宇宙」と書く女がいた。

 小学生の方がまともに答えるだろうが、回答者は平成生まれの”大学生”である。

 どんな三流大学でも、一人でもそんな人間が大学内に居ることは日本の恥であり、入学試験に不正があったことの証明である。

 日本の将来はどうなるの?と思っても今の大臣を見れば「そんなものか。」とも思う。

 大臣の威光を使って、森友・加計学園問題などを家族で不正をはたらく総理大臣。

 日本固有の領土である北方4島も書けない読めない学習院卒業の副総理などを見ていれば、今の大学生の程度はこんなものかと。

 この国に秀才はいらないが、小学生にも劣る大学生はいらない。

 18歳に選挙権を与えておいて、民法で未成年の特権がなくなることを危惧する人がいる。じゃあ18歳はまだまだ子供じゃあないか、大学生でもこの程度の日本では、ガキに選挙権は大間違いじゃあないかい。

 

 

コメント

プラグ点検

2018年08月06日 12時20分15秒 | どうでも良い事

 愛車のプラグ交換して1年経過しましたので、経過報告いたします。

 我が家には原動機KF型のムーブとKF-VEのタントがあり、ほぼ同じエンジンです。

 ムーブは標準のXU22HR9、タントはイリジュウムタフプラグVXUH22Iです。

 どこが違うかと言うと、中心電極が0.4ミリで極細のため火花が飛びやすく、イリジュウムのため摩耗しにくい。

 「イリジュウムタフ」は接地側電極にも白金を使用して摩耗を減らし、長期間のメンテナンスフリーを実現している。

 ムーブの普通プラグは1年間で3582Km走行して、プラグ隙間は0.8から0.81に開いています。

 つまり、100分の1ミリ電極が摩耗したわけです。

 タントのイリジュウムは、7767Km走行しています。焼け具合も良く、隙間は0.8で変わっていません。

 普通プラグのムーブの2倍走行して摩耗が少ないということです。

 イリジュウムプラグは、確実な着火で始動性、燃費、出力の向上が図られています。

 燃費は、坂道、夜間を含む一般走行で20K/ℓを越しています。

 出力は確かに向上していますが、タダで馬力が出るわけはありません。「出力」は「燃費」と交換です。

 値段は普通プラグで600円前後、イリジュウムは1000円前後です。

 差額は3本で1200円、これを一年の燃料費が5パーセント向上すると仮定して計算してください。

 走らない人には関係ありませんが、走ればかなりのお得かと思います。

コメント

老後は暖かいところで

2018年04月26日 10時19分21秒 | どうでも良い事

 老後は暖かいところに移住して暮らそうという、老人が多いようです。

 風の無い冬場や、夏の館山だけを見て、「良いところだ」と移住してくるようです。

 冬場の季節風や春一番を見てから、よお~く考えた方が良いのではないでしょうか?

 季節風は西から吹きますが、館山の市街地は西側が館山湾で開いた地形です。

 里見氏の時代は小型の帆船なので「高の島」を陰にして風を避けることができて、港の機能がはたらいていたのです。

 今の時代は、何も考えずに作った夕日桟橋に、大島行きのジェット船が西風で接岸できず、館山港内の耐震岸壁に接岸していました。

 風も考えずに作った桟橋なので、お客さんは夕日桟橋から耐震岸壁までバスで送り迎えです。

 市内では毎秒10メートルの風は普通で、「今日は風が強い」というときは20メートルの風が吹いています。

 つまり、太平洋に突き出た半島の先端では風を遮るものがありません、地図を見るまでもありません。

 対岸の三浦半島で「暴風、波浪警報」が出ても、房総半島では「波浪注意報」です。

 房総半島の方が弱いわけはありませんが、いつも吹いて慣れているからのようです。

 下の写真は館山市内の民家です、台風の後ではありません、先週の西風が吹いた後です。

 建物の北西側から見ています、右側の西から吹いた風でトタンがめくれています。

 北側から拡大。

 西側から。

 この季節風は相模湾の方から吹いてくるので、塩分たっぷりなのも申し添えておきます。

 

 

コメント

中国の高級ホテル

2018年01月26日 10時30分30秒 | どうでも良い事

 新聞によりますと(朝日新聞デジタル版)

 中国黒竜江省ハルビンの高級ホテル三ケ所で、各部屋の清掃員が便器を洗うブラシでコップを洗ったり便器を洗う、コップとゴミ箱を同じ雑巾で拭き便器の中で雑巾を洗うなどしていた。と、隠し撮りのカメラで映像を暴露されたそうです。

 でも、日本の皆さんは、おどろく人なんていないと思います。

 私も、「ああ、やっぱり。」と思ったくらいです。 

 日本へは何でもいちゃもんをつけるが、日本への輸出品は何でも構わない。

 輸入したギョーザに禁止薬品が入っていたのはついこの前のことですよね。

 ハルビン市当局は告発された内容は事実で、ホテルを処罰したと発表していますが、これこそどんな処罰か?わかりませんね。口頭注意ぐらいでしょう、外貨を稼ぐホテルですからね。

 まあ、中国なんて行きたがる人はいないので、どうでもよいことですね。 

 中国は、ベトナムやフィリッピンの領海を自分の国と言っているし、日本の尖閣諸島と琉球列島は中国領と言っています。

 アメリカでは、北朝鮮問題より中国が南シナ海に侵略する方が問題なのです、なので3月に米空母がダナンへ寄港することが決まったんですね。

コメント

ひよっこ

2017年09月17日 10時08分54秒 | どうでも良い事

NHKの朝ドラ「ひよっこ」が好評のうちに終盤をむかえてきました。

ひよっこのあと、おなじNHKの「あさイチ」に、ひよっこの秀俊(すずふり亭の見習いコック)役の磯村勇斗(24歳)さんが出演していました。

若いのに両親に猛反対を押し切って役者になった話は好感が持てました。

その後調理指導の話が出てきて、調理指導の先生にお借りした牛刀と砥石が出てきました。

プロの設定なので少し大きめの包丁は良いのですが、砥石が中央のすり減った見事な「鼓」の形になっていました。

プロも素人も使う、ごく一般的な赤みのかかったキングの1000番砥石と思われました。

磯村さんも、研がせてもらったと言いながら、動かした手つきが見事に半円を描いていました。

半円を描くということは、プロの嫌う蛤刃になるということです、その所作と砥石の形は一致していました。

天下のNHKがこのような「先生」をドラマに連れてきて「調理指導」するのですから、NHKも3流以下になってしまったということです。

私のような素人でも気が付くのですから、見る人が見れば大問題なので苦情は行っていると思います。

ちなみに砥石は全面を使うのが基本で、真ん中だけ使って凹ませるのは鉋を研ぐ大工さんが一番嫌います。

蛤になるのを嫌うのと、砥石の修正に使う時間がもったいないということですね。

刀の研ぎ師は先端だけを使いますが、球面になっていて、刃物と砥石の接触箇所は面や線ではなく点で研ぐのだそうです。

 

 

 

 

コメント