BosoRadioClub

房総アマチュアラジオクラブ
連絡用ブログ
クラブ員と無線関係者は、左下のカテゴリーRadioへお入りください

ジャノヒゲ

2018年07月16日 11時31分29秒 | 野草

 キジカクシ科 ジャノヒゲ属 ジャノヒゲ

 北海道から本州、四国、九州に分布する多年草、常緑で林の中など日当たりの悪い場所でも群生します。

 長さ10センチから20センチの細い葉が株から伸びます。

 株からは走出枝を出し、枝の先に根を張り葉を出して子株を作り増えます。

 株から花茎が立ち上がり、花が多数咲きます。

 白色から薄紫の花が咲きます。花弁は6枚雄しべ多数が付き、冬には青色になります。

 花の子房は成熟前に破れてしまうので、青色の実は果実ではなく種子だそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマユリ

2018年07月10日 10時10分54秒 | 野草

 ユリ科 ユリ属 ヤマユリ

 近畿地方から東の本州に分布する多年草、山地の斜面や畑の土手で見られます。

 周りの草丈があると育ちませんが、畑の土手などではユリを残して草刈りをするので目立ち、繁殖します。

 高さは1メートルから2メートル、年数を経たものは花が多く咲き、重みで垂れさがります。

 葉は互生、先のとがった細長い葉で、葉脈が目立ちます。

 茎の上部が枝分かれして多数の花が咲きます。白い漏斗状の花の先は大きく6枚に開きます。

 雄しべは6本、雌しべは少し長く伸びます。

 花屋さんの花には雄しべがありません、洋服に花粉が付くと落ちにくいので取ってあるのです。

 花弁の6本の黄色い線と紅色の鹿の子模様はヤマユリの特徴です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フウラン

2018年07月07日 17時43分04秒 | 野草

 ラン科 フウラン属 フウラン

 本州中部以南から四国、九州に分布する着生植物で、常緑の多年草です

 葉は茎を抱く形で交互につきます、細長く先はとがり、中心が主脈に沿った溝になります。

 白い気根を伸ばして木や岩に着生します。

 葉の付け根から花茎がのび、枝分かれして花が数個付きます。

 白い花びらが3枚上にのび、2枚が下にのびます。距と呼ばれる白い管が後方に伸びてから前方に垂れ下がるのが特徴です。

 日陰でも育ち、夜間によい香りを漂わせます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イヌガラシ

2018年06月25日 10時17分40秒 | 野草

 アブラナ科 イヌガラシ属 イヌガラシ

 北海道から本州、四国、九州に分布する多年草、畑や空き地のやや湿った場所で見られます。

 高さは30センチから60センチ、花が咲いて実になると次の花が伸びて咲て高くなります。

 葉は互生、細長い卵型、鋸歯があり根元の葉は裂けることもあります、上部は先のとがった細長い葉になります。

 葉の付け根から花枝が伸び、枝分かれして花が咲きます。

 黄色の花弁は4枚、花弁の下には萼片が4枚あります、雄しべは6本。

 「カラシナ」に似ているけど食べられないので「イヌガラシ」と呼ぶそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘビイチゴ

2018年06月24日 14時37分56秒 | 野草

 バラ科 キジムシロ属 ヘビイチゴ

 北海道から本州、四国、九州に分布する多年草、あぜ道や土手で少し湿った場所で見られます。

 葉は長い柄がある3小葉、小葉は卵型で鋸歯があります。

 葉の付け根から花枝を伸ばして黄色の花が咲きます。花弁は5枚、雄しべが多数あります。

 花弁の下には先のとがった萼片があり、その下には先が3枚に割れた副萼片があります。

 よく似た「ヤブヘビイチゴ」の小葉は先が尖り、「キジムシロ」の副萼片は小さくて目立ちません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加