偏平足

山の石仏と独り言。

日本の石仏172(2020-12)

2020年12月30日 | 


■発行・日本石仏協会 〒224-0037横浜市都筑区茅ヶ崎南1-3-10-409(前川) TEL045‐943‐4409
■発売・青娥書房 〒101‐0051東京都千代田区神田神保町2-10-27 TEL03‐3264‐2023
■2000円+税

【表紙】丸石道祖神/山梨県笛吹市御坂町尾山(岡田均)
【写真】▼引接寺浄土庭園の五輪塔群/滋賀県東近江市上山町(黄瀬三郎)▼馬頭観音/香川県さぬき市多和兼割の大窪寺(前川勲)▼夫婦丸彫り坐像の背より瀬戸内海を眺める/広島県尾道市因島白滝山山頂(遠藤康子)▼天江の石像 鹿島様/秋田県雄勝郡東成瀬村天江(高野幸司)
【巻頭随想】タイムトラベル-石の記憶を未来につなごう(坂口和子)
【特集】疫病
▼疫病と石仏-神奈川県平塚市周辺(中森勝之)
▼大野松齋の墓-種痘で多くの人命を助けた奇特神妙の人(嘉津山清)
▼下総・佐倉藩領内の種痘と疱瘡神造立(田中英雄)
▼埼玉県越谷市の「疱瘡神」文字塔(須藤賢一)
▼疫病と富山の人々(尾田武雄)
▼常願寺川左岸の疫神(滝本やすし)
▼虎列刺菩薩と疱瘡神-山形県米沢市の事例(加藤和徳)
▼塞ぎや厄除けの神にされた庚申塔-埼玉県の庚申塔より(門間勇)
▼岡山県木野山神社のオオカミ像(下平武)
【石仏論考】
▼丸石道祖神ノート(四)丸石信仰の展開(2)「丸い石」を信仰するということ(岡田均)
【誌上講座】
▼石仏入門㉖板碑Ⅱ板碑の素材(門間勇)
▼名号塔の知識㊲時宗名号書体 一遍から二祖へ(岡村庄造)
【石仏談話室】第290回9月▼篠田浩輔「石造物3Dアーカイブス・記録と公開のお勧め」(岡田均)▼三明弘「行徳を歩く」(中森勝之)第291回10月▼遠藤康子「広島県尾道市周辺の石仏を訪ねる」(前川勲)▼田中英雄「三十三体観音と三十三所観音」(中野高通)
【コラム】▼子抱え地蔵尊/長野県諏訪市湯の脇の温泉寺(小川洋子)▼鹿児島県湧水町の十三仏(三代川千恵子)▼坂東六十六部供養塔/東京都清瀬市中清戸の全龍寺(内山孝男)
【その他】第125回石仏見学会報告/9月20日(日)千葉県市川市行徳/案内・三明弘▼石仏交流▼第45回総会案内▼2021年度石仏見学会予定▼第129回石仏見学会案内/川崎の石仏▼一泊石仏見学会案内/群馬県板倉町と館林市の石仏▼編集後記(坂口和子)

コメント   この記事についてブログを書く
« 石仏946入道山(福島)馬頭観... | トップ | 歴談八千代 第45号 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。