とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

乳首の性差平等に考える、人間の集団的認識基準(結論無し疑問だけメモ)

2016-12-13 22:22:55 | 哲学・社会

「乳首にも男女平等を!」インスタの抗議アカが話題
2016.12.11 SUN
https://r25.jp/topic/00054396/?vos=orw20120615001

“乳首の男女差”を解消しようと「乳首のドアップ写真」のみを投稿し続けるInstagramのアカウントをご存じだろうか? この乳首問題に真剣に取り組む「@genderless_nipples(性差なき乳首)」がネットで話題になっている。

SNSの一般的な方針として、男性の乳首を投稿しても削除されることはないが、女性の乳首が投稿されることがあれば、すぐさま“ポルノ認定”され削除されてしまうのが現状だ。そこで、同アカウントでは、男女どちらか判別できない接写の「乳首写真」を投稿し続けても削除されないか、をテストするというユニークな手段で、Instagramの方針変更を訴えている。つまりは、“乳首の男女平等”の実現を目指しているようだ。

12月5日、初投稿された乳首の写真には、「親愛なるInstagram。男女どちらの乳首か見分けてみてはどうです? 写真を削除できますか? できませんか? がんばって!(Dear Instagram, why don't you try and figure out which nipples you can and cannot delete? Good luck!)」といかにも挑発的な言葉が添えられている。Twitterでは、

「素晴らしい試みだ」
「男女(乳首)平等参画社会」
「これは平和の為に必要だな」
「"当たり前"に疑問を持つって大事なこと」
「いいぞ~もっとやれ。そしてアニメからも謎光線をなくそう」

と日本のユーザーからも賛同する声もあがった。一方で、

「男の乳首もNGにすればおk(嬉しくないし」
「男の乳首も露出禁止にすりゃいいんじゃね?(野郎の裸なんてこれぽっちも見たくないのだが」

と“男の乳首”も禁止にすればいいという男性とおぼしきユーザーの提案が寄せられた。

米国のIT系メディア「The Verge」によると、同アカウントで投稿された写真のうち1つがInstagramから削除され、その写真は“男性の乳首”だったという。

投稿者は、この件について、Instagramは男性と女性の乳首の違いを判別できないと述べたうえで、「これほど似ているにもかかわらず、彼らはなぜ女性の乳首をわざわざ禁止するのですか?(So why even bother banning female nipples if they can be so similar?)」と不満げなコメントをしている。

“女性の乳首解放運動”ともいえるこの活動は、日本のユーザーに新鮮に映ったようだ。Instagramと同アカウントとで繰り広げられる攻防戦は今後も続くのか注目が集まる。



と言うことで、女性の乳首というのはいつから猥褻の対象という社会的認識になり、そして隠したり、あるいは性の象徴として扱われるようになったのだろうか。
アマゾンやアフリカ、あるいは韓国のチョゴリなどで女性の乳房があらわになっていると言うのはよく知られる。
性の発達としての象徴ではあるが、しかしそれを隠さないという社会もあるのである。

なぜ猥褻と取るのか? 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本経済の成長を阻害してい... | トップ | 数字の繰り上がり表記について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事