とめどもないことをつらつらと

日々の雑感などを書いて行こうと思います。
草稿に近く、人に読まれる事を前提としていません。
引用OKす。

魔王、実家の近所がご近所トラブルとかでワイドショーで取材される(2)

2018-05-19 23:14:51 | 雑感
ネットに挙がっていない(検索トップに引っかからない)のを確認したので書く。

どうにももうその地域内では知っていない奥様方はいないらしく、この話しでもちきり・・・とは言うべき二の句かもしれないが、その旬は過ぎたらしい。
ただそれでもまだ、その熱はさめていない。

元々お金持ちであったJさんとその弟であるLさんは土地を分割して隣同士で暮らしていた。
Jさんとその家族は、他の人たちを二段階くらい下に見ていたらしい人たちであるとのことである。

騒動の発端は、とある時、Lさん宅に面する境界に高い壁をJさん側が建てたとのことで、Lさんは困っているという体で、ご近所トラブルという形でワイドショーの取材が来たそうな(本当はどうなのかは分からない)。


ここからは伝聞である。
Jさんには愛人がいたそうで、真面目に固く暮らしているその地域の人たちにとって格好のネタとなったが、更に驚くのは、Jさん所有の敷地内に陶芸をする建物を建てて、そこに愛人を住まわせていたらしい。
じゃあ奥さんは了承していたのかというとそれは分からない。


Jさん自身の外評判は悪くなく、すごくおかたくて、真面目な雰囲気、と言うのが相場の下馬評であったが、しかしその内実は上記の通りであったという。

その昔(数十年前)、Jさんが行きつけの床屋の看板娘に言い寄っていて、その看板娘が困っていたところ、Jさんが帰った後に、Jさんの妹がやってきて「兄はあなたのような女性とお付き合いする気はありません! 」と一方的に言って勝手に帰っていったとのことであった。

推定するに、1960年代くらいの話であっただろう。

* * * * *

昨今、インターネットが2000年を前後に登場するに当って、光の速度がメガからギガだみたいな宣伝文句が流行るようになったが、しかし何のことはない。
その昔から女性陣の間では光のネットワークが既に整備されており、このような噂話がゼロコンマ数秒で伝わるインフラを形成していたのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヒトは部分的外骨格生物である。 | トップ | キャラクター共通解を探せメモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事