広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最強伝説黒沢 1 人望が欲しいっ…!篇

2013年12月22日 | 本 - ノンジャンル
最強伝説黒沢 1 (My First WIDE)
福本 伸行
小学館


アメトーークで紹介されていた漫画を読んでみました。

見下され、あしらわれ、酷使され、それでも文句は一切言わず、与えられた仕事を愚直にやり通す。ボロボロになっても傷だらけになっても、やめない。できて当たり前の単純作業。注目や喝采なんか無縁。でも…

「誰が笑えるというんだ…? 彼を…!」という言葉に感動しました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来年のセミナーの予定

2013年12月12日 | 日記
みなさま、こんばんは。あーりーです。

少し先のことですが…

来年3月に、中小企業大学校でセミナーを開催させて頂きます。

「織田信長の天下取りコーチング」

織田信長が天下を目指した5つのステップを、グループコーチング形式で体験するセミナーです。

歴史からの学びと、コーチング。この2つを融合させたものです。

詳細はまた後日、お知らせさせて頂きます。

いつもブログを読んで下さって、どうもありがとうございます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ONCE ―ワンス―私の20歳代

2013年12月09日 | 本 - ノンジャンル
ONCE ―ワンス―私の20歳代 (集英社文庫)
谷川 俊太郎
集英社


毎日いろいろなことが起こります。一つ一つの出来事に意味を持たそうと思えば、いろいろな暗示になります。誰かの一言が今の自分にとってとても大切なドキッとする鋭い指摘に感じられたりします。相手の言ったことを、そのまま受け入れるかどうかは別にして、その言葉がアンテナに引っかかったということは、何かのメッセージを伝えてくれるものなんでしょうね。

「そのまま進め」というメッセージかも知れないし、「立ち止まれ」というメッセージかも知れない。どっちだろう。どっちでもいい。どんな意味も、自分でつけられる。あっ、そうか、

どんな意味も、自分でつけられる。

これに気が付くための、きっかけだったんですね。誰かの何気ない一言には、きっとそういう意味があったんだと思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版

2013年12月08日 | 本 - ノンジャンル
さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版
高橋書店編集部
高橋書店


ビジネスマナーを丸覚えするのではなく、なぜそうなのか?という理由から理解できる本です。

たとえば、ワイシャツ1枚でいるのが本来恥ずかしいことである理由としては、「スーツを汚れから守るために生まれた下着がワイシャツ」だから、という説明がされています。ワイシャツ1枚でいるのは、下着姿でいるのと同じなんですね。とはいっても、暑いときはついスーツの上着を脱いじゃいますけど(^_^;)

また、ルールは何のためにあるのか?については、2つ理由をあげています。ひとつは「効率的に仕事をするため」。

そして、もうひとつは「仕事にかかわる人たちを不快にさせないため」。仕事は一人ではできません。だからこそ、仕事にかかわる人たちを不快にさせないルールが必要なんですね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10分間で超速スキルUP!ビジネスマナーの鉄則

2013年12月07日 | 本 - ノンジャンル
10分間で超速スキルUP!ビジネスマナーの鉄則
山崎 紅
日経BP社


職業訓練のクラスでは、ヒューマンスキル(対人関係、自己理解、他者理解)やビジネスコミュニケーション等の授業を担当させて頂いています。そうしたものの延長のひとつに、ビジネスマナーがあります。

ビジネスマナーとは、互いに気持ちよく仕事をするための「心がけ」ですよね。その基盤は、コミュニケーションです。コミュニケーションが円滑であれば、気持ちよく仕事ができます。

ぼくたちは一日のほとんどの時間を、仕事をして過ごします。せっかくなら、気持ちよくウキウキと仕事がしたいですよね。

本書では、コミュニケーションの手段をつぎの3つに大別にしています。

1.文書(メール)
2.電話
3.対面

面白いのは、クイズや演習問題がたくさん盛り込まれている点です。ただ覚えるだけのビジネスマナーではなく、考えるビジネスマナーが身に付きます。

ビジネスマナーの「型」はもちろん、傾聴力や質問力などのコミュニケーションスキルや、交渉力といったものまで学べる、奥の深い本です。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする