広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮本武蔵 『五輪書』  ゆる~い現代語訳 その27

2013年06月26日 | 五輪書の現代語訳



五輪書のゆる~い現代語訳はこちらに移転しました。

お手数をおかけします。よろしくお願いいたします。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ローマ帝国愚帝物語

2013年06月21日 | 本 - 世界の歴史
おはようございます。最近は雨がつづいて、庭の雑草が元気です。

来月のクレオパトラセミナーの参考資料として『プルタルコス英雄伝〈下〉』のアントニウスを読みたいところです。が、いまはそれよりも『ローマ帝国愚帝物語』が気になって(笑)こちらをむさぼり読んでいます。

日本や世界のいろいろな人物の生き方を読むたびに思うのは、当たり前などないということ。自分はこうでなきゃいけない、という「こう」もないということです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮本武蔵 世界の偉人120人の黒い逸話集

2013年06月19日 | 本 - 宮本武蔵
クラーク博士は大志を抱きすぎて投資で大失敗した(世界の偉人120人の黒い逸話集)
鉄人社
鉄人社


世界や日本の偉人120人の黒い逸話をあつめた本です。

宮本武蔵のことも載っていました。

武蔵については、むかしから非名人説(武蔵はそれほどの名人ではなかった)や小次郎老人説(巌流島の決闘のとき佐々木小次郎はすでに老人だった)などのウワサがありますよね。この本にもそうした説が載っています。ほかに、武蔵は禁欲主義と思われがちだが、若いころは吉原に入り浸っていた、という説も紹介されています。

ちなみに、この本のシリーズでは『戦国時代100の大ウソ』がお気に入りです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

次回はクレオパトラ

2013年06月09日 | 日記


「歴史に学ぶ ほのぼのセミナー」の準備をしています。7月に開催しま~す。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする