広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信長の本当のすごさ

2012年07月31日 | 織田信長のこと
織田信長は、ある敵を倒すのに7年かかりました。


べつの敵を倒すのには、11年かかりました。


7年かかっても11年かかっても、
あきらめなかったのはスゴイですよね。
粘りづよいです。

でも


それ以上にスゴイのは、
それだけ没頭できる夢を
見つけたことだと思うんです。


だって、


それだけ没頭できる夢を見つけるには、
よほど自分に素直じゃないといけません。
よほど自分の心を直視しないといけません。


粘りづよいから勝てたのではなく、
粘りづよく取り組める夢を選んだから、勝てたんですね。

織田信長の逸話

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

織田信長 どんな存在でありたいかを思い描く

2012年07月30日 | 織田信長のこと
戦国時代。


日本は60以上の国に
わかれていました。


織田信長は、
まだ1か国しか支配していない頃から
天下人になりたいと考えていました。


2か国を支配した頃には、
天下人になると周囲に宣言をしました。


信長は自分の夢に
とても素直だったんですね。


素直になるポイントは、
なにをしたいかではなく、
どんな存在でありたいかを
まず思い描くこと。


どんな存在でありたいかがハッキリすれば、
したいことが見えてくる…


信長の人生から
そんなことを感じた月曜日の夜でした。

織田信長の逸話

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

織田信長はなぜ「天才」と言われるのか | まわりを巻き込む

2012年07月29日 | 本 - 日本の歴史

織田信長はなぜ「天才」と言われるのか (知的生きかた文庫)

読んで感じたこと。


織田信長もひとりの力では
京に旗を立てることができなかった。


将軍を応援して
室町幕府を盛り上げよう!


という信長のビジョンに、
まわりの戦国武将が賛成してくれたからこそ、
京に旗を立てることができた。


まわりを巻き込むような
ハッピーなビジョンって大切。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界一受けたい生き方の授業―365日、楽しく生きる“ツボ”

2012年07月28日 | 本 - ノンジャンル
世界一受けたい生き方の授業―365日、楽しく生きる“ツボ” (知的生きかた文庫)
武田 双雲
三笠書房

読んで感じたこと。


心地いいという感覚を
大切にする。


頭で考えすぎているときは、
考えるのをやめてみる。


心が向くほう、
心地いいほうを選んでみる。


自分はどんなことを
心地いいと感じるのか。


ゆらゆら揺れる心に
よりそってみる。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ディオクレティアヌス 貧民の子からローマ皇帝に

2012年07月28日 | 人物伝雑感


記事はこちらに移動しました

ぺこり。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする