広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分の専門分野でだれかを幸せにする

2012年01月31日 | 本 - ノンジャンル
金魚屋古書店 12 (IKKI COMIX)
芳崎 せいむ
小学館


まんが専門の古本屋さんのはなしです。
以前もブログに書きました


感じたのは、
どんな世界にもプロがいるということ、
そしてプロはだれかを幸せにするということ。


ただまんがを売るだけではなく、
まんがを手にした人を幸せにする古本屋さん。


自分の専門分野でだれかを幸せにする。
プロって、そういうことですよね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

登壇トレーニングの結果と、ストレングスファインダーの分析結果

2012年01月30日 | 日記
きのうは午前中に、
木村純子コーチによる登壇トレーニングがありました。


純子さんとお会いするのは約1年ぶりです。
あいかわらず素敵でした。


登壇トレーニングでは、
おかげさまで純子さんから「合格」をいただき、
コーチングの入門講座に講師として登壇するお許し(?)をもらいました。


午後はひきつづき純子さんによる、
ストレングスファインダーの講座でした。


ストレングスファインダーとは何かや、
資質と強みの違いなどのお話があり、
その後、参加者一人ひとりの分析の時間となりました。


ぼくの資質は、
最上志向、共感性、内省、学習欲、個別化です。
分析していただいた結果は以下のとおりです。


一人ひとりの気持ちを大事にすることが、
呼吸をするようにごく自然にできる。


インプットをして学習し、成長することを
淡々とつづけている。


外から見るとソフトだが、内面はハングリー。
ソフトな印象だが自分の軸があるので、
周囲に巻き込まれない、流されない。


ストレングスファインダーってすごい。
そして純子さん、すごい。

とってもいい一日でした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の予定 登壇トレーニングとストレングスファインダー講座

2012年01月29日 | 日記
おはようございます。
あーりーです。


きょうの午前中は、
日本スクールコーチ協会の
登壇トレーニングに出席します。


コーチ型ファシリテーションについて、
学びを深めてきます。


午後は、ストレングスファインダー講座です。

ストレングスファインダーとは、
34種類の「強み」の中から、
上位5つの「強み」を特定して活かすものです。


ちなみにぼくの「強み」は、

1位 最上志向
平均以下の部分を平均に引き上げることに興味はなく、平均以上の独自のものをさらに強くしたい。

2位 共感性
周囲の人の感情を察する。賛同や同情ではなく、共感する。

3位 内省
考えることが好き。

4位 学習欲
学ぶプロセスに刺激を感じる。ぞくぞくする。

5位 個別化
一人ひとりいろいろな個性を持っていることに惹かれる。

です。


これらをどう活かすか、学んできます!
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あの人もこの人も、言葉では表現できないものを抱えて

2012年01月28日 | 
ある人からいわれて、
心に突き刺さったまま抜けていない言葉が、
ひとつだけあります。


思い出すたびに、涙が出ます。
なんの涙かは、わかりません。


悔しいのか、さみしいのか、
情けないのか、わかりません。


言った人は悪くありません。
ぼくはその人のことが好きです。
あのときも、今も。


その一言だって、場面が違えば、
何でもないはずの一言なのかも知れません。


なぜ涙が出るんだろう、と考えます。


そして、
これは言葉にするとどんな感情なんだろう、
と考えてみます。


答えは出ません。


ぼくがこの感情を表現する言葉を、
知らないだけなのかも知れません。


でも、
既存の言葉では表現できない感情って
あると思うんです。


ぼくたちは、一人ひとりが、
既存の言葉では表現できないものを
それぞれ抱えて過ごしています。
あの人も、この人も。


そう思うと、目の前の一人ひとりを
大切にしたくなります。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

他者とのコミュニケーションに気を取られて、自分とのコミュニケーションをおろそかに

2012年01月27日 | 
コミュニケーションには、
他者とのコミュニケーションと、
自分とのコミュニケーションの2種類があります。


ぼくはときどき、
他者とのコミュニケーションに気を取られて、
自分とのコミュニケーションをおろそかにしてしまいます。


がんばったときは、
「がんばったね」と、
自分をほめてあげる。


悔しいときは、
「悔しいんだね」と、
自分の状態を受け止めてあげる。


そうやって、
自分とのコミュニケーションを
あたたかいものにしていくことが、


他者とのあたたかいコミュニケーションの
はじまりなんですよね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする