広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メッセージを伝えるには

2011年05月28日 | 人物伝雑感
言葉を尽くして説明するよりも、ビジュアルに訴えた方が伝わりやすいという話。

むかしむかし。サモス人が敵に襲われ、町を追い出されました。

サモス人はスパルタを頼り、言葉を尽くして長々と「ピンチなんです。援助してください」と訴えかけました。

スパルタは答えました。「話が長すぎて、よーわからんです」



つぎにサモス人は、あれこれ言うのをやめ、ただ空の袋を見せました。

食べ物がない、助けて!という意味です。



スパルタはこれで了解し、サモス人の援助を決めました。



1000の言葉を尽くすよりも、ビジュアルに訴えるものを1つ見せるほうが、メッセージを伝えやすい。

そう感じた逸話でした。

ヘロドトスの『歴史』より。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

行動でしか伝わらないこともある

2011年05月28日 | 日記
言葉で伝わることがある。

行動でしか伝わらないこともある。

(ヘロドトスの『歴史』をよんで)


いつも自己啓発ランキングの応援ありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「いま行動する」と決めた人

2011年05月25日 | 本 - ノンジャンル
歴史 上 (岩波文庫 青 405-1)
松平 千秋
岩波書店


ヘロドトスの『歴史』を読んでます。

「行動する」と決めた人が、とくに「いま行動する」と決めた人が、未来をつくっています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

弓はいつも張ったままにしておくと、いざというとき役に立たない

2011年05月25日 | 人物伝雑感
ヘロドトスの『歴史』には、面白い人物がたくさん登場します。

平民からエジプト王になった男アマシスもその一人です。



エジプト王アマシスは、午前中はまじめに仕事をし、午後は酒を飲んでふざけ散らして過ごしたそうです。

ふざけ散らすって、どんな王様だったんでしょう(笑)



周囲が見かねて「王様、まじめにやってください!」というと、アマシス王はこう答えたそうです。

弓はいつも張ったままにしておくと、いざというとき役に立たない
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【献本御礼】不景気でも儲かり続ける店がしていること

2011年05月24日 | 本 - ノンジャンル
不景気でも儲かり続ける店がしていること (Do Books)
米満和彦
同文館出版


まずパラパラ読んで全体像をつかもうと思いました。ところが面白くて1行も読み飛ばせない、というのが最初の印象です。

恋愛では犯さないようなコミュニケーションの過ちも、お客様相手となると知らず知らず犯している。いつのまにか、いばらの道を選んでいる。そうならないためのポイントが書かれています。

一つひとつの問題はシンプル。一気に押し寄せてくるから難しく感じるだけ。販促活動とは売り込む行為ではない。買うか買わないかは100%お客様が決めること。大切なのは商売繁盛のための「たしかな流れ」を作ること。では、そのために何をすればいいのか。

米満さんの著書は以前に『0円販促を成功させる5つの法則』を読ませて頂いたことがあります。そのときも感じたことですが、内容がかなり具体的です。すぐにでも自分なりにアレンジして活かせます。

人はなぜ買うのか。その基本を見つめなおすための本です。

いつも自己啓発ランキングの応援ありがとうございます。
にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする