広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月30日 企業研修

2010年06月30日 | 日記
こんばんは。あーりーです。いつもアクセスありがとうございます。

夜なのに暑いですね~。ぼくの部屋が暑いだけかなぁ

本日の研修内容~。ヒューマンスキルでは、本日もみなさんにロールプレイをして頂きました。所属長との面談というシチュエーションです。ケーススタディでは、言語学者・金田一京助の事例を取り上げました。

自己啓発ランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

肝臓は年中無休?

2010年06月29日 | 日記
ビールを飲んでます

ホントは発泡酒ですけど

ぐび!
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歴史のケーススタディ 14歳の少年が大金を稼いだ事例

2010年06月29日 | 日記
こんばんは。あーりーです。

企業研修の講師をさせていただいております。

きょうのケーススタディでは、14歳のエジソンがちょっとした機転と行動力で大儲けした事例をご紹介しました。

そのあと、社員のみなさんにいつもの質問をしました。


1、なにを感じましたか?

2、なぜそう感じたのですか?

3、なにを学びましたか?

4、学んだことをどんなふうに生かしていきますか?


視点は人それぞれ。きょうもハッとさせられる視点があり、脳味噌が刺激されました

いつも自己啓発ランキングの応援ありがとうございます!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歴史のケーススタディ 社内ルールの変え方

2010年06月28日 | 日記
こんばんは。あーりーです。きょうも暑かったですね~

きょうの企業研修では、歴史の事例を題材にしたケーススタディを行いました。


こんな感じです。
↓↓↓


<事例>

昭和の実業界をリードした土光敏夫さんの事例です。

土光さんが東芝の社長に就任したときのこと…

当時、社長室に入ってくる社員たちは、いつも必ず最敬礼をしていたそうです。

土光さんは「社長が雲の上の人であってはならない。このままでは、社長と社員との距離が広がる一方だ」と考えました。

そこで…

土光さんは社員の最敬礼に対し、自身もまた最敬礼を返すようにしたそうです。

すると

社員たちはバツが悪くなり、最敬礼をしなくなりました。

半年もすると、社内の風通しがよくなり、活気が出てきたといいます。




<社員のみなさんへの質問>

1、この事例から何を感じましたか?

2、そう感じたのは、なぜですか?

3、そこから何を学びましたか?

4、学んだことを、何にどう生かしていきますか?



ケーススタディに正解はありません。

社員さんお一人お一人、目の付け所が異なります。

さまざまな発想、さまざまな意見があります。

お互いの意見を発表しあうことで、あたらしい発見があります。


きょうもたくさんの意見を聞くことができて、講師をさせて頂いているぼく自身、いろいろな発見がありました。


いつもランキングの応援ありがとうございます。
自己啓発ランキング
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分の未熟さを思い知らされ…

2010年06月26日 | 人物伝雑感
おはようございます。あーりーです。

このブログでは、歴史から感じたいろいろなヒントをつづっています。


吉田兼好の『徒然草』には、こんなことが書かれています。


「本の表紙は、すり切れた方が味わいがある」

「品物はきっちり揃えるよりも、不揃いなほうがいい」

「内裏をつくるときも、かならず未完成の部分を残すものだ」

「賢者の書物にさえ、章の欠けたものが多い」


物事は完全にととのってしまうと、そこでストップしてしまう。

未完成だからこそ、味わいがあるし、未来につながっていく。


不完全なものほど、可能性があるんですね。


ときどき、自分の未熟さを思い知らされることがあります。

そんなときは、未来へのパスポートを手に入れたと思うようにしてみます。


歴史の知恵

不完全だからこそ、可能性がある。


自己啓発ランキング

ランキングの応援ありがとうございます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする