広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年の目標

2009年12月31日 | 日記
2009年もきょうで終わりですね~。




今年もいろいろな方にお世話になりました。

ブログを見てくれている皆さま、本当にありがとうございます。

また来年もよろしくお願い致します。



2009年のぼくは、

いろいろな方に支えられて、

なんとかやってこれました。




だから…


「2010年は、いろいろな方を応援する1年にしたい」


と思っています。





それが2010年のテーマです。






さてさて…


大みそかということで、

朝からビールを飲もうか迷っています。



でも、

うちの家族はぼくしか飲みません。

まわりはいつもシラフです。



この包囲網に

朝から単身で切り込む勇気が、

ぼくにあるかどうか…



曹操軍の包囲網を一騎で突破した、

趙雲のような胆力がほしいです(笑)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旭川でセミナーを開催

2009年12月30日 | 日記
叶える魔法の質問」



マツダミヒロさんをお招きして、北海道旭川市でセミナーを開催します。






夢をかなえる方法を知っていますか?

詳しくはこちら





講師のマツダミヒロさんは、

人気メルマガ1日1分で夢発見「魔法の質問」の発行者です。





マツダミヒロさんのメルマガは

まぐまぐで殿堂入しています。





著書も10冊出されていて、

アマゾンで1位を獲得されています。





その活動内容は、

NHKでも取り上げられ

注目を集めています。




旭川セミナーの主催は、

ぼくの尊敬する友人、さがわい先生です。




ぼく(あーりー)もお手伝いさせて頂きます。





詳しくは、さがわい先生のブログをどうぞ~。


↓↓↓


詳しくはこちら

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どうぶつの森

2009年12月30日 | 日記
今年もあとわずかですね。





暮れも押し迫ってまいりました。

それでも日課は欠かしていません。




柔軟体操と、

DS版『どうぶつの森』です。




『どうぶつの森』ですが…

きのうは久しぶりに夜11時前にプレイできたので、

タヌキチの店に行くことができました。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぼくが見習いたい名将

2009年12月30日 | 人物伝雑感
見習いたい人がいます。




第二次世界大戦のドイツの名将、ロンメルです。




ロンメルは戦争に負けました。

負ければ普通は愚将とよばれます。





でもロンメルはちがいました。

敵からも高く評価されていたので、

負けたにもかかわらず名将とよばれています。





ぼくが見習いたいのは

ロンメルの戦争のしかたではありません。





授業のしかたです。





ロンメルは軍人の学校で

先生をつとめていました。




そのときのロンメルの授業のしかたが

とても面白いんです。




ロンメルはしゃべりません。

長くても10分しかしゃべらなかったそうです。




ロンメルはディスカッション形式の授業を好みました。

理論や知識よりも、生徒たちの発想を重視したんです。





ロンメルは、

自身の実戦経験をもとに

地図、地形、データなどを用意し、

討論形式で生徒たちのアイディアを引き出しました。





ロンメル語録に、こんな言葉があります。




「クラウゼヴィッツが何をいったかは問題ではない。私は、きみの考えが聞きたいんだ」




クラウゼヴィッツというのは、

『戦争論』を書いた学者ですね。






学者の言ったことをただ暗記するのではなく、

本人の考える力を重視する…







それがロンメルの講義スタイルでした。





歴史の知恵

自由な発想を大切にする。




出典はこちら

↓↓↓


英雄の素顔―ナポレオンから東条英機まで
児島 襄
このアイテムの詳細を見る

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天職の見つけ方

2009年12月29日 | 人物伝雑感
世界一の小売業ウォルマート。

その創始者ウォルトンは、

事業をはじめる準備として、

図書館に通い、

小売業に関するあらゆる本を読みあさりました。





自己啓発で有名なデール・カーネギーは、

人の悩みを解決する専門家になるために、

図書館に通い、

「悩み」に関する本をすべて読破しました。





もっとも時間をかけて学んだことを職業にすると、

うまくいくといいます。




だから、

「自分の本棚を見れば天職がわかる」

と言われるんですね。




歴史の知恵

自分の本棚には、どんな本が多いだろう?

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする