広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分をベタベタにほめてみる

2010年02月06日 | 人物伝雑感
「自分はすごい!」と思っている人ほど、本当にすごくなる。



イリノイ大学のフィリップス博士の実験によると、

自己評価の高い人ほど、能力を発揮しやすいのだそうです。




自分をほめちゃいましょう。




たとえば寝る前に、

心の中で自分をベタベタにほめたからって、

だれに迷惑をかけるわけでもありませんよね。




それによって

自分の能力が発揮しやすくなるなら、

世の中のためにもなります。



歴史の知恵

自分をベタベタにほめてみる。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 検定 合格祈願 | トップ | のそのそ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほめちゃっていいんだ。 (漱石)
2010-02-07 00:32:20
自分を褒めるのって苦手なんです。
(ナルシストみたいで)

でも、それで自分の能力が発揮できるのならばほめてみますとも。

上に同じ (らんらん)
2010-02-07 08:42:56
私も考えてみたけど、自分で自分をほめるのは苦手なんです。照れ性なので、顔が熱くなります。

いつもどんなふうにほめてるんですか?
漱石さんへ (あーりー)
2010-02-07 08:46:01
自分をほめるのって照れますよね。

明るくカラッとほめちゃったら、
いいのかもしれません

ノーテンキなくらいサクッと
らんらんさんへ (あーりー)
2010-02-07 08:55:12
なんの根拠もなく「天才」「さっすが~」とか言ってればいいと思います

そしたらぼくの脳は単純なんので、いい気分になります

※もちろんぼくは「天才」でも「さすが」でもないので、そこは具体的には掘り下げない(笑)

人物伝雑感」カテゴリの最新記事