広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮本武蔵科学読本―"最強の剣豪"のSuperすぎる肉体と精神をえぐる!

2014年02月27日 | 本 - 宮本武蔵


このブログで現在もっともアクセスの多い記事は、宮本武蔵『五輪書』ゆる~い現代語訳もくじです。

『五輪書』は、宮本武蔵がおもに剣の戦いで勝つためのコツを書いた本ですよね。

それが今では、ビジネスやその他さまざまな心構えのバイブルとして読まれています。

『五輪書』を書いた宮本武蔵とは、どんな人物だったのか。

それを精神と肉体の両面から分析したのが、『宮本武蔵科学読本―"最強の剣豪"のSuperすぎる肉体と精神をえぐる!』です。

宮本武蔵についてのいろんな疑問に答えてくれる本です。

第1章では「60戦全勝を武蔵はこう闘った!」と題して、武蔵の有名な決闘を解説しています。

第2章では、武蔵のルックスと身体能力を分析しています。人を“ビビらせた”武蔵はいったいどんな顔だったのか。筋力、基礎体力、視力はどうだったのか。

第3章は、ぼくら日本人の宮本武蔵のイメージを決定づけた小説、吉川英治の『宮本武蔵』について。

宮本武蔵(一) (新潮文庫)
吉川 英治
新潮社


剣豪小説である『宮本武蔵』を、恋愛小説として読み解くとこうなる!という検証です。

第4章では、勝つために武蔵がとった作戦(遅刻や情報操作、決闘後の行動)などを見ていきます。

第5章では、武蔵の日常生活を検証し、「武蔵の一生は幸せだったのか?」を考えます。定職を持たなかった武蔵のおさいふ事情や、身の回りのことにこだわらない奇人ぶり、3人の養子を一人前の武士に育て上げた父親としての武蔵など…。

第6章では、芸術家としても才能を発揮した武蔵の、“文化系”な一面が紹介されています。

第7章では、武蔵の性格を形成した家庭環境や、『独行道』に凝縮された武蔵の生きざまを見ていきます。

第8章では、『五輪書』を軸に、宮本武蔵とイチロー(野球選手)という2人の天才の共通点を分析します。


宮本武蔵は、史料がきわめて少ない人物です。どんな人物だったのか、実際のところは誰にもわからないんです。だからこそ想像力をはたらかせることができて、一人ひとりが「自分の武蔵」をつくりやすいと言われています。

この本では、8つの方向(8つの章)から武蔵を分析しています。これだけこねくり回して、よく噛んでもまだ味がする。それだけ神秘的な魅力が、武蔵にはあるんですね。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宮本武蔵 世界の偉人120人の黒い逸話集

2013年06月19日 | 本 - 宮本武蔵
クラーク博士は大志を抱きすぎて投資で大失敗した(世界の偉人120人の黒い逸話集)
鉄人社
鉄人社


世界や日本の偉人120人の黒い逸話をあつめた本です。

宮本武蔵のことも載っていました。

武蔵については、むかしから非名人説(武蔵はそれほどの名人ではなかった)や小次郎老人説(巌流島の決闘のとき佐々木小次郎はすでに老人だった)などのウワサがありますよね。この本にもそうした説が載っています。ほかに、武蔵は禁欲主義と思われがちだが、若いころは吉原に入り浸っていた、という説も紹介されています。

ちなみに、この本のシリーズでは『戦国時代100の大ウソ』がお気に入りです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「宮本武蔵」とは何か (角川ソフィア文庫)

2013年04月03日 | 本 - 宮本武蔵
「宮本武蔵」とは何か (角川ソフィア文庫)
縄田 一男
角川学芸出版


ぼくを一番苦しめるのは、おそらく「雑念」です。「杞憂」といってもいいでしょうか。日向と日陰をうろうろと行きかうような、あやうい足取り。ぼくを苦しめているのは、ぼく自身の足取りなんですね。右へ、左へ、境界線を越えて、日向と日陰を行ったり来たり。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七人の武蔵 - 7人の作家が7通りの宮本武蔵を描いた短編集

2012年04月21日 | 本 - 宮本武蔵
七人の武蔵 (角川文庫)
磯貝 勝太郎
角川書店


7人の作家が7通りの宮本武蔵を描いた短編集です。

歴史小説は、おなじ歴史上の人物でも本によって描かれ方が違います。それがまた面白いんですよね。その楽しみが1冊で味わえてしまう。なにしろ1冊で7通りの武蔵ですから。視点もいろいろです。武蔵からの視点。敵からの視点。書き手や視点が変わると、印象も変わってきますね。

収録作品はつぎのとおりです。


司馬遼太郎『京の剣客

これは『真説 宮本武蔵』にもおさめられている作品ですね。武蔵の敵である吉岡の視点から描いた小説です。

かつては気が荒く、目覚ましいほどに強く、相手を無残に叩き殺していた吉岡憲法(直綱)。そんな彼も今ではすっかりおだやか。趣味の釣りをしながらのんびり暮らしています。

性格は穏やかになりましたが、強さは健在のようなんです。本気を出せば強い。でもめったに本気を出さない。そのギャップに惹かれます。

吉岡憲法は武蔵と対決します。よく知られている武蔵の小説などでは、武蔵と吉岡一門は3回戦ったことになっています。でもじつは1回きりだったというのです。武蔵は不思議な人ですね。どれが本当の武蔵なのか。いろいろな武蔵がいるから面白いです。


津本陽『宮本武蔵

氏の長編『宮本武蔵 (文春文庫)』とは別の作品です。

宮本武蔵の経歴を駆け足でコンパクトに紹介しているといった印象です。佐々木小次郎との決闘の後は、武蔵の剣術奥儀について詳しく書かれています。『五輪書』ですね。

武蔵は「物事に拍子というものがある」とし、「勝つためには相手の拍子を読み取り、その拍子を外す拍子で打ちかけて」いくことが大事だとしています。ほかにも「構えあって構えなし」や「遠き所を近く見、近き所を遠く見る」など、武蔵の実戦でのノウハウが述べられています。

ぼくが『五輪書』にはじめて触れたのは、もしかするとこの小説だったかもしれません。


山岡荘八『宮本武蔵の女

晩年。頑固モノの武蔵が、一人の女性と出会います。このとき武蔵は60歳前後。女性は30歳過ぎ。女性は「六十二年の武蔵の生涯を飾る花」となります。

女性と武蔵が睦まじい仲になっていく場面は新鮮でした。剣豪の武蔵とは別の武蔵。照れ屋でキュートな武蔵もいいですね。ほのぼの。

でも、ほのぼのしていた分、クライマックスの悲劇的な急展開はショックでした。

宮本武蔵の墓は3つあります。そのうちの一つには、武蔵の戒名にならんで、女性の戒名が「妻女の扱い」で刻まれているそうです。


光瀬龍『人形武蔵

冒頭から惹かれます。「それは武蔵にとって、生涯忘れられない恐ろしい体験だった」

これも異色の武蔵で面白いですね。ホラー仕立てです。こんな武蔵があるとは。


武者小路実篤『宮本武蔵

これもまた独特の武蔵でした。武蔵が友人を相手にこれまでの戦歴を語るという内容です。まず感じたのは、武蔵のしゃべり方がどこか現代風だということ。「トリック」などのカタカナも飛び出します。

武蔵が語る内容も、飾らないざっくばらんなものでした。「俺には、勝てる自信が無かった」「俺はこの人には及ばないと、思った」「だから(中略)試合はしなかった」と。

強そうな人との決闘は避けていたことをぶっちゃけます。そういえば『真説 宮本武蔵』でも、武蔵は相手が自分より強いか弱いかを見極める「見切り」の達人だったことが書かれています。

佐々木小次郎と戦う気になった理由についても、面白かったです。

武蔵は吉岡一門を破った後、数年はちやほやされました。その間、名の知れた人との試合を避けていたため、しだいに武蔵の実力に疑問を持つ人々が増えていきました。それで武蔵は佐々木小次郎と戦う気になったのだそうです。

「あいつこそいい迷惑だった」と武蔵は語ります。こんな武蔵もいいですね。


海音寺潮五郎『宮本造酒之助

武蔵の養子・伊織の視点から、おなじく武蔵の養子である造酒之助の恋と死が描かれています。

言葉のやり取りとは別に、登場人物のあいだで繊細な心のやり取りが交わされます。

幼い伊織が大人の会話の裏にあるものを察知していくのと同時に、読んでいる僕にも真相がわかってきて、結末に近づくたびに不思議なスリルが味わえました。


山本周五郎の『よじょう』。

宮本武蔵の晩年の話です。不義理のために世間から爪はじきにされていた岩太という男がいました。彼は自暴自棄になり、ホームレス生活を始めます。その途端、人々から尊敬されるようになりました。

なぜ尊敬されるのか? 岩太は何が何だかわかりません。でもちゃんと理由があったんです。武蔵そのものの魅力とは別に、物語として面白い小説。はやく先が読みたくてたまらない、最後の最後まで楽しませてくれる素敵なエンターテイメントでした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真説 宮本武蔵(司馬遼太郎) - 感想

2012年04月15日 | 本 - 宮本武蔵
新装版 真説宮本武蔵 (講談社文庫)
司馬 遼太郎
講談社


表題作をふくむ短編集です。

真説宮本武蔵』は、武蔵をまったく神格化していないところが面白いですね~。

宮本武蔵の実像は、謎です。小説の書き手によって、描かれ方がぜんぜん違います。この小説の武蔵は、出世欲を持ちながらそれが満たされない不遇の男として描かれています。

剣で名をあげた武蔵は、就職先をさがして各地で自分を売り込みます。でもうまくいきません。

なぜか?

武蔵が考える武蔵と、世間が考える武蔵にギャップがあったからです。武蔵は剣士ではなく将になることを望みました。でも、世間が武蔵に期待したのは、将としての才ではなく、剣士としての腕前でした。

そのギャップが、武蔵を苦しめたんですね。

表題作「真説宮本武蔵」のほか、「京の剣客」、「千葉周作」、「上総の剣客」、「越後の刀」、「奇妙な剣客」が収められています。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする