◆BookBookBook◆

読書備忘録(自己評価☆☆☆☆☆)                ★★★★★に出逢えたらよいな。

万三郎岳、万二郎岳

2022-08-05 | 山登り・ハイキング(2022年)





山ツツジを水彩画風に 絵心的にどう?
ぼやんとかすむピンクと緑のコントラスト






この「おつかれさまでした」がうれしかった。
天城山の後半戦は、前半をも上回る悪路でした。
うーん色々登っている中でワーストに入るんじゃ?

整備の良し悪しが結果として出ている登山道でした。
日本百名山と銘打っているからには、お金をかけて整備したのは分かる。
ただ自然のままでよいのでは?とわたしは少なからず思う。
現実、台風なのか大水なのか木道は破壊され残骸が放置されたまま。
手を入れるべきか、入れるのなら徹底的に整備するべし。
中途半端が仇となる。



これでよいのか天城山・・チーン

奥多摩の登山道のある意味美しいのは言うまでもない(^▽^)/











10:03
天城山のメインとなる山が万三郎岳です。
お次は万二郎岳ってことで、なんだか兄弟みたいね。



少々色々な看板でごじゃごじゃな頂上
シンプルにゆこうよ。



ベンチに落書きする輩もいる・・
こういう落書き余計なお世話って感じですな。

一旦腰を落ち着けて持参のカップラーメンとおにぎりで遅めの朝食?早めの昼食?
湿気むんむんな頂上で、肌寒いくらいでした。








11:22




11:47
絶景が見れるハズが・・無念




11:58
途中チラホラ見られるツツジちゃん
しばしストップして愛でる。




12:04
お次は万二郎岳です。万一郎は何処~ ( ○ )?
こちらは結構人で賑わっていた。

初心者的なおばさま三人組がこれから万三郎岳へ向かうとのこと。
万二郎岳だけで一人が「疲れたから行きたくない」と言っているのを二人が説得していた。
目標となる山にはお昼到着が望ましい。
結構な悪路なため少々心配になる。
山なめるな



その後女子二人組(多分親子?)とすれ違うも、悪路に参っていた。
お昼前に頂上に着かない足取りじゃこちらも同様心配




13:12
ちょうどぐるりと一周
ここまで戻ってくれば安心安全です。

後半戦は霧の中 景色なんて全く見えず。。
悪路は続くよどこまでも~

天城山 苔生した景色は素敵だけど、歩くのはおすすめしません。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 天城山 | トップ | 伊豆高原の湯 »
最新の画像もっと見る