◆BookBookBook◆

備忘録と自己評価☆☆☆☆☆
       
         ★★★★★に出逢えたらよいな。

Y

2020-06-29 | 横山秀夫

 

横山秀夫
『真相』★★★

 

梅雨の週末
じめじめ湿気100%

期待に胸踊る横山さん。
事件の奥に隠された個人対個人の物語を5編収録した短編集
人間の心理・心情を鋭く描く。


まだ数作だけど横山作品には外れがない。

妥協を許さないじゃないけど完璧

---

 

1作目は標題作の『真相』


2作目の『18番ホール』では手に汗握って疲れてしまった(笑)
主人公に肩入れしてしまうのは仕方ないにしてもよ!?
映画を観ているようなそんなどきどき感


3作目『不眠』不況の就職難時代を思い出させる作
ずーんと重い・・


4作目『花輪の海』はこれまた胸をえぐられる作品
今の時代じゃ考えられない体罰がまかり通っていた時代

重くのしかかり耐えきれなくなった、過去に生んだ心の奥の「闇」
(昨今言われ過ぎてて重さを感じない)

 

5作目は想像以上のあっと言われる展開に。
賢い人はどこにでも存在する。

 

---

 

 

 

こちらもドラマ化されていた。

小林稔侍で鉄板ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真夜中にサティ
ジャスミンティーを飲みながら♪


この記事についてブログを書く
« 成城石井 甲州ブランデー 20年 | トップ | K »
最新の画像もっと見る

横山秀夫」カテゴリの最新記事