BOOK、CDなど

①BOOK、CDなどのメモ ②コンサート、競馬、株式などのメモ ③100%自分用メモ ④ニュースにブツブツ…

「原左都子エッセイ集」 子にカネせびる“ダメ親”との決別の仕方(gooブログから)

2016年08月30日 | 日記・メモ
「原左都子エッセイ集」 子にカネせびる“ダメ親”との決別の仕方(gooブログから)


 ・・・ 「原左都子エッセイ集」長きに渡る読者の皆様は既にご存知と心得るが、私は世の「ダメ親」や「アホ親」を見かけると、強烈にバッシングしたい心境に陥る人種である。

 それ故に、これら「失格親」に関連するエッセイを現在までに数多く綴り公開してきている。
 例えば、「家を出て、親を捨てよう」 「子が親を捨てる決断をする時」 「子供の学費は親が負担するべき」等々、今思い出せるだけでも「失格親」どもをバッシングしたバックナンバーは少なくない。

 そんな私は、「ダメ親」「アホ親」の犠牲下にある子供の苦悩に直面すると、すぐにでもその現場から子供達を救い出したい思いに駆られるのだ。


 今朝も、ネット上でその現状に直面した。

 それは我がエッセイ集の編集画面上“共通検索ワード”を通してなのだが、早速以下にその一部を紹介しよう。
 嫁と我が子を事故で亡くして呆然としてる俺に、義母から「これから”私の”生活どうすればいいの!?」と叫ばれたのが修羅場
  後から義妹に聞いたら、平日昼間にしょっちゅう(ご本人の亡くなった妻を)呼び出して家事代行させたり食費とかたかってたらしい  嫁のパートの給料を全額嫁の経費(小遣い)にさせてたんだが、それを片っ端から(義母が)使い込んでた模様
 (投書者ご本人は)いい年したオッサンだがマジ泣きしながら義母を罵倒した
 この件で「娘と孫を亡くした母親を罵倒するクズ」と嫁親戚数人から言われたので(義母の根回し)、そいつらとも縁切り、結婚前の身寄りのない天涯孤独に逆戻りした
 (以上、一男性が書き込んだネット情報より一部を引用したもの。)

 ネット情報によれば、妻子を亡くしたこの男性は未だ独身を貫き、毎年亡くなった我が子を偲んでクリスマス等には現在生きている年齢に相応しい贈り物を捧げているとの後書きもある。

 この男性のネット上書き込みには、数多くの反応コメントが届いているようだ。
 そのすべてが妻子を亡くした男性の判断に同意し、激励する内容と私は解釈した。

 ここで私論に入ろう。

 何ともやるせない話である。
 それでも、よくぞこの男性は早期に義母を筆頭とする嫁親族すべてを切り捨てる決断を下せたものだ! と、私も多くの反応コメント同様の結論を導きたい。
 おそらく私が同じ境遇に対面した場合も、必ずや同様の決定を下すであろう。

 一部不可解な点は、生前の妻のパート収入の使い道や行動を男性が周知していなかったらしき点である。
 文面によると、生前の妻のパート収入使途(義母にたかられていた事実)を男性としては妻亡き後に初めて知ったと解釈可能だ。 もしもそれで事が済んでいたならば、実は妻と義母の間で家事代行や食費負担を“妻の好意”とする合意が成り立っていたのかもしれない。
 そうだとすれば、事はやや複雑であろう。 自分の娘からの心よりの「好意」に日々甘えていた義母が、親族も交えて娘の夫である男性に反旗を翻す事態も想像可能な気もする。


 ただ原左都子の私論としては、そもそも可愛いはずの我が子に自分の生活費を頼ろうとする親など、この世に存在して許されないと結論付けたいのだ。

 幸いな事に私の場合、実親も義理親もこと「お金」に関しては、子供達に生活費を依存せねばならない状況とはかけ離れた生活を全うしている。 今時十分な年金や自己資産の下、実母・義母共に老後の身を営んでくれている。 そのため、私はおそらく今後共に「金」を巡るこの種の親族トラブルには巻き込まれない人生を送れるであろう事に安堵している現在だ。


 ところが今時は、可愛いはずの我が子に自分の生活費を依存せんとする年老いた親が多い事実に驚かされる。

 5月10日朝日新聞“悩みのるつぼ”相談内容も、同様の話題だったのだ。
 何でも相談者である40代女性は、自営業を営んでいる実家から「お金を貸してくれ」と言われ、250万円も貸した時期があったそうだ。 その後も実家から、孫の金にまで目を付けて「貸せ!」と迫って来る。 18歳になった長男が「返してくれるんだね?」と実家に言っても、「返せる訳ない!」と孫にまで言う始末らしい。 直ぐ目と鼻の先にある実家にどうしても足が向かないが、この先どうすればよいのだろうか?? との相談内容だった。

 ここで再び原左都子の私論に入るが、親が我が子はおろか孫の金にまで手出しするとは「世も末」感を抱かされるというものだ…。
 相談者女性も、「この先どうすればよいのか」なる軟弱な態度をいつまでも貫いていては、子を持つ親として済まされる訳がないでろう。
 相談文面によると、相談者自身は幼少の頃に親に可愛がられた時期があるとの事だが、その親が「金欠」に至った時点で「孫」用に貯めた金にまで手出ししてきた暁には、我が子のために自分の命をかけてでも「ダメ親」と闘うべきだった。

 今後の対処方法に関して、今回の朝日新聞“悩みのるつぼ”回答者であられる経済学者 金子勝氏は以下のように回答している。 
 相談者が両親の自営業を引き継ぐつもりなら、あなたが経営者になって代わりに「親」の役割を果たすのも一つの方法。 そのつもりがないなら、思い切って親とは離れた場所へ引っ越すのも一つの方法です。

 私論に入ろう。

 上記“悩みのるつぼ”の場合、悲しいかな金子氏回答内容の手段を相談者女性は既に失っていると私は結論付ける。
 相談者である娘さんは、自分の親の「ダメ」「アホ」レベルにもっと早期から気付くべきだった。
 少なくとも、(上に記した通り、原左都子の場合は決して親に“カネ”に関して迷惑をかけられた訳ではないが)、私の場合は20代初頭の就職時点で我が親が持つその他の瑕疵に気付き、単身上京を決行する事により「親を捨て去る」事を実行した。
 ところがこの相談者の場合、親にとって孫が成長する現在まで親の近くで暮らしているとのことだ。 残念ながら今更引っ越しは無理であろう。しかも親に言われるままに自分の息子である孫の金まで提供する軟弱ぶりで、この厳しい時代に自営業経営など成り立つ訳がないだろうが!
 可愛そうではあるが、この娘さんは今後も親にカネをせびられつつ我が子までをも犠牲にして、泣いて生きるしか方策が見い出せないのではなかろうか?

 
 それに引き換え、上記の妻子を事故で突然亡くした男性の「義理親族」切り捨て決断は早かったと、私は評価申し上げたい。
 
 この世に於ける人間関係において、“血縁”も含め「親族」関係程鬱陶しいものはない。
 捨て去るならば早い決断がものを言う、というのが私の持論である。

 「捨て去って」以降、お互いに“依存関係なき状態で”距離を置き長い年月が経過すれば、意外と良き関係が取り戻せるものとも、私自身の経験からアドバイスしておきたい。


まっとうな意見だね。
このブログの記載者は富裕層で幸福な人そう。
文章が毅然として上品。
上から目線な点から、自分の考察と人生に自信のある感じがするね。
ほとんどの人は、漫然と生活している、私もそうかな。

富裕層でなくて貧困で不幸な人の方が多いかも。
富裕層でも不幸な人もいるだろうけど。
貧困は、不幸の原因になりうる、そして不幸な家庭が存在する。
2014年の記載だけれど、現在でもそのような家庭はあるだろうね。
比較する幸福、私は富裕層じゃなく平凡、平均的。
平凡を幸福と認識する。
私も妻も、既に両親は、死亡して、面倒な事柄は存在しない。
娘は嫁いだから責任ない、そして遠い。
娘と孫の帰省は日帰りならいいけどね、2、3日居られると、こちらのリズムが狂って、疲労する。
金銭をせびらないだけ幸福。

gooアクセスランキングから検索したブログの紹介。

そよ風のささやきを聴きながら 最後に仲良くなる夫婦、仲悪くなる夫婦何が違う?(gooブログから)

2016年08月30日 | 日記・メモ

そよ風のささやきを聴きながら 最後に仲良くなる夫婦、仲悪くなる夫婦何が違う?(gooブログから)

夫婦も長年やっていると意外に仲良く収まる夫婦と仲悪くなる夫婦がいますね。我が家は一時仲悪くなってから年月と共にぶり返しつつあり今は良くもないですが普通でしょうか。


んー、何が違うかな。

私のところは、嫁と姑問題がないねー。

転勤ばかりで同居の機会もないからね。

嫁と姑問題があっても、なくても仲がいい夫婦、仲が悪い夫婦もある。

夫婦間が悪化する原因は何?

1 経済的困窮

2 子供の育て方の方針

3 家庭内暴力

4 飲酒

5 タバコ

6 女

7 ギャンブル

8 性格の不一致

9 sexの不一致

思い浮かぶのは、こんな程度かな。

1 私の場合、給与は振り込み、妻が管理、富裕層でないけどね、道内ならまとも、いい方かな。

2 妻の言いなり、水泳、エレクトーンを習わせたいといっても反対せず、私はそろばんと習字がよいと思っていたけどね。

3 これは論外だけどね、私は4歳で実父が死亡、母子家庭、暴力を振るう男性・父がいない環境にいたので、暴力的な因子を継承していない。

4 結婚当初は、飲酒は得意でなかったが、仕事仲間は、凄い飲む。強くなろうと努力、訓練したけど、55歳で肝臓の数値悪化で飲酒を控えた。現在は旅行に行った時。気温が25度以上になったと時だけ。夏場は2週間は飲む、冬場は、極寒の時だけかなー。平均すると月に2、3回。

5 月に20本。電子タバコを購入した。居間で喫煙しない、自分の部屋だけ。

6 まず、女にもてないしね、一度に同僚の女に誘惑されてけど、断ったね、飲んでいたら無理だしね。

風俗行くけど、ソープランドはいかない。性病が怖い。

キャバレー、熟女サロン、ガールズバー、ニュークラブが好き。

最近は若いのがいいなー。 

7 ギャンブルは当時はしなかった、今は暇つぶしに競馬、テレビ中継をみられるものしか購入しないし、5000円とか1万円とか、少額だね。 

8 性格の不一致、私は次男坊の末っ子、妻は五女の末っ子、お互いわがままだね。その点が一致。

9 sexの不一致、若い時はsexするけどね、55歳すぎたらED傾向、もう関係ないね。

こんなところかな。

 

別離の原因は、いろいろだろうね。


競馬 -36070円損失、デリヘルに換算すると2回分、オペラに換算するとA席2人分負けている。

2016年08月28日 | JRA(競馬)

プラス合計は
001-2015/05/31第82回日本ダービー5800円
002-2015/06/07第65回安田記念2870円        
003-2015/06/28第56回宝塚記念2000円
004-2015/07/05第64回ラジオNIKKEI賞2350円 
005-2015/08/09第51回農林水産省賞典・小倉記念4110円
006-2015/11/01第152回天皇賞(秋)3800円       
007-2015/11/15第40回エリザベス女王杯4700円         

008-2015/11/22第32回マイルチャンピオンシップ2700円 
009-2015/12/20第67回朝日杯フューチュリティステークス3340円  
010-2015/12/27サラ系2歳[指定]未勝利1200円        
011-2016/02/21第33回フェブラリーステークス4840円        
012-2016/03/27第46回高松宮記念9720円        
013-2016/04/10第76回桜花賞4600円                
 
       
014-2016/04/16第21回アンタレスステークス4260円                
015-2016/04/17第76回 皐月賞3950円                         
       
016-2016/04/24第51回 サンケイスポーツ賞フローラステークス2700円                
017-2016/05/15第11回ヴィクトリアマイル(GI)6700円                
018-2016/05/29第83回東京優駿4000円               
019-2016/06/25第57回宝塚記念3650円 
               
020-2016/07/02TVh杯2950円                
021-2016/07/02テレビーユー福島賞5400                               
022-2016/07/03巴賞2200                               
023-2016/07/16安達太良ステークス2470                               
024-2016/07/17鶴ヶ城特別700                               
025-2016/07/30佐渡ステークス260                               
026-2016/07/31第16回アイビスサマーダッシュ320                               
027-2016/08/21第51回テレビ西日本賞北九州記念500                               
028-2016/08/21第52回札幌記念840                               
合計92930円

マイナス合計
001-2015/08/15コスモス賞の-10000円
002-2015/09/13第29回セントウルステークス(GII)の-10000円        
003-2015/11/19第35回ジャパンカップの-10000円        
004-2015/12/20元町ステークスの-10000円
005-2015/12/20ベテルギウスステークスの-10000円  
006-2015/12/27グッドラックハンデの-10000円  
007-2015/12/27有馬記念の-10000円           
008-2016/04/23第13回福島牝馬ステークスの-10000円                   
009-2016/04/24第47回読売マイラーズカップ-10000円                       
010-2016/05/01第153回天皇賞(春)-10000円         
011-2016/06/05第65回安田記念の-10000円        
        
        
 
012-2016/07/03第65回ラジオNIKKEI賞の-5000
        
013-2016/07/30KBC杯の-1000         
014-2016/07/31道新スポーツ賞の-1000         
015-2016/07/31第64回北海道新聞杯クイーンステークスの-1000         
016-2016/08/14第21回エルムステークスの-5000         
017-2016/08/21サラ系3歳以上[指定]500万下の-1000         
018-2016/08/21NST賞の-2000         
019-2016/08/28第11回キーンランドカップの-3000         
合計-129000

92930円-129000円= -36070円

敗退~19回~ -129000円
勝利~28回~  92930
合計~-129000円+92930円~ -36070円
34万3000円使用 回収30万6930円 -36070円損失 回収率~89パーセント
47戦 28勝 19敗
 
 

-36070円損失、デリヘルに換算すると2回分、オペラに換算するとA席2人分負けている。

(2016/08/28) 

 

自分のブログを読むと、あとから誤字脱字を発見する。

単なる個人用メモだからいいけどね。

仕事なら怒られる。

係長、課長の叱責を受けた方がいい。

係長、課長に決裁を受けるが、見落とす場合もある。

自分の作成書類が、他機関に誤字脱字のまま回された場合、恥でもあるが、資質を疑われるし、所属の信用度が低下

他機関で発見して、一旦戻されれば、まだ救いがある。

他機関を通過してそのまま使用、公表、その後誤りが判明した場合、社会的影響が出る場合がある。

大事になったら、最悪。

運が悪い場合は、マスコミが非難。

人生は運というか、なんだろうね。

私は最悪の事態は経験してないけどね。

(2016/08/28)


人間だからミスをする、反省。

競馬にも勝てないから反省。

反省ばかりの人生。

カルマ。

(2016/08/28)


以前は、本、雑誌、音楽ソフト、映像ソフト、風俗などに消費。

リタイア後は、本、雑誌、音楽ソフト、映像ソフトを購入しなくなった。

浮世絵の本を見て、浮世絵が欲しくなり、神田神保町で購入したり、ネットオークションでゲットしたり、浮世絵鑑賞している。

引っ越しで処分したLPを再び聞きたくて、ネットオークションでLPを収集している。

物品が増加傾向。

風俗、ガールズバー、ニュークラブに時々行く、熟女が好みだったけど、若い子も好きになった。

若い子は新鮮だね、相手は仕事だから親切だし、こちらに合わせてくれる、普段なら話すらすることのない対象だからね。

ガールズバーのバニーガールはいいよね、尻のラインがいいわ。

ニュークラブには女優かモデル並みの若い子がいる、目の保養になるけど高いねー。

以前の職場では、ギャンブルは禁止じゃないけど、身上として悪く評価、今は関係ない、時間つぶしに競馬、馬券を購入後、テレビ中継を見るのが楽しい。

テレビ中継を見れない競馬のレースは買わない、大抵1万円以下しか買わない。

競馬、風俗は、荷物にならない、部屋が雑然としない。

引っ越しが多かったから、最近いい趣味と思える、

物品の増加する趣味は、良くないと感じている、処分に時間がかかる。

少しづつ、整理と処分かな。

荒れるレースを予想したが、ガチガチの本命、枠連1番人気。

勝てないなー。

サウナに行こう。

(2016/08/28)


2016年8月28日(日)札幌15:35第11回キーンランドカップ(GIII) 3000円使用 敗北

2016年08月28日 | JRA(競馬)

2016年8月28日(日)札幌15:35第11回キーンランドカップ(GIII)

2015年の第10回キーンランドカップ(GIII)は大荒れ。

単勝、1着8番人気、2着9番人気が来た。枠連は22番人気。

今年はどうなるか?

人気     枠         馬      馬名
01      3     4    シュウジ              2着 
02                8           14         ブランボヌール     1着
03                7           12         レッツゴードンキ 
04                8           13         ナックビーナス 
05                1             1         セカンドテーブル 
06                4             6         オメガヴェンデッタ 
07                6             9         サトノルパン 
08                4             5         ソルヴェイグ 
09                5             7         サドンストーム 
10                3             3         エポワス 
11                6           10         アクティブミノル 
12                5             8         ホッコーサラスター 
13                2             2         ファントムロード 
14                7           11         オデュッセウス

 

9番人気以降を買うこととした。

枠連  
人気    枠番          オッズ
01          3-8           6.0
02          3-4           9.2
03          3-6         10.6
04          3-7         11.3
05          4-8         11.4
06          6-7         15.4
07          7-8         18.4
08          5-8         18.7
09          3-5         18.9       300-5670 買った 
10          4-6         20.0       200-4000 買った       
11          4-7         20.8       200-4160 買った        
12          6-8         21.8       200-4360 買った         
13          4-5         26.1       200-5220 買った 
14          1-3         28.2       100-2820 買った 
15          1-8         28.2       100-2820 買った
16          8-8         28.8       100-2880 買った
17          3-3         30.6       100-3060 買った
18          5-7         32.7       100-3270 買った 
19          2-3         53.3       100-5330 買わず 
20          1-7         57.6       100-5760 買わず
21          2-8         57.6       100-5760 買わず 
22          5-6         60.0       100-6000 買った 
23          4-4         62.6       100-6260 買わず 
24          1-4         65.4       100-6540 買わず 
25          1-6         68.6       100-6860 買わず 
26          2-4       110.8        
27          1-5       130.9        
28          2-6       144.0
29          1-2       160.0
30          2-5       160.0

投票内容
件数    場名  レース   式別   馬組        金額
(1) 札幌(日)    11R     枠連   1- 3       100円
(2) 札幌(日)    11R     枠連   1- 8       100円
(3) 札幌(日)    11R     枠連   3- 3       200円
(4) 札幌(日)    11R     枠連   3- 5       300円
(5) 札幌(日)    11R     枠連   4- 5       200円
(6) 札幌(日)    11R     枠連   4- 6       200円
(7) 札幌(日)    11R     枠連   4- 7       300円
(8) 札幌(日)    11R     枠連   4- 8       300円
(9) 札幌(日)    11R     枠連   5- 6       100円
(10) 札幌(日)   11R     枠連   5- 7       100円
(11) 札幌(日)   11R     枠連   5- 8       200円
(12) 札幌(日)   11R     枠連   6- 7       200円
(13) 札幌(日)   11R     枠連   6- 8       300円
(14) 札幌(日)   11R     枠連   7- 8       300円
(15) 札幌(日)   11R     枠連   8- 8       100円
合計 3,000円

荒れることなく、本命枠連1番人気


私的CD評 「エクスルターテ・ユビラーテ」のザルツブルク版ほか、モーツァルトの宗教声楽曲を聴く(gooブログから)

2016年08月28日 | 日記・メモ
私的CD評 「エクスルターテ・ユビラーテ」のザルツブルク版ほか、モーツァルトの宗教声楽曲を聴く(gooブログから) 
 
クリストファー・ホグウッドは、イギリスを代表するオリジナル楽器によるバロック、初期古典派の作品の演奏者、指揮者である。デーヴィッド・マンロウとの活動に始まり、アカデミー・オヴ・エインシェント・ミュージックを指揮しての多面的活動は、オリジナル楽器演奏が今日の隆盛を極めることに大いに貢献した。今回紹介するCDは、ホグウッドがエマ・カークビーともに演奏した、モーツアルトの宗教声楽作品を収録している。 . . .


このブログに触発されて、CDを聴く。
エマ・カークビーの声質が好み。
キリ・テ・カナワも好きだね。

私的CD評 モーツァルトの交響曲第38番と第39番をオリジナル編成で聴く(gooブログから)

2016年08月28日 | 日記・メモ
私的CD評 モーツァルトの交響曲第38番と第39番をオリジナル編成で聴く(gooブログから)
 
モーツァルトの交響曲は、第40番と第41番をすでに紹介したが、1788年の夏の短期間の内に作曲したもう1曲の第39番と1786年に作曲した第38番を紹介する。第38番には「プラーハ」という名称で呼ばれることがあるが、その作曲の動機とプラーハとは無関係のようだ。しかし、実際にはこの交響曲はプラーハで初演された。今回はこの2曲を、アカデミー・オヴ・エインシェント・ミュージックの演奏で紹介する。 . . .
 
この記載に触発されてホグウッドのモーツアルトを聴く。

歌川広重~五十三次名所圖會 御油 (到着2016/08/27/16:00)

2016年08月27日 | 浮世絵

歌川広重~五十三次名所圖會 御油

購入日~2016/08/23 (到着2016/08/27/16:00)

購入先~ネットオークション・茎田

購入額~7700円(落札金額7100円+送料600円)

特徴等~江戸時代、縦約35.2cm×横約23.4cm、裏打有、少擦れ、少汚れ、折れ、少穴、少トリミング

神田神保町浮世絵専門店・東洲斎で五十三次名所圖會ものは、45000円から程度の良いのは12万円の価格で販売している

神田神保町浮世絵専門店・三田アートで五十三次名所圖會ものは、14万円から程度の良いのは16万円の価格で販売している

大英博物館、ホノルル美術館、ウィスコンシン大学マディソン校、ミネアポリス美術館、アメリカ議会図書館、ボストン美術館、メトロポリタン美術館、御油の松並木資料館も所蔵。

200枚刷るからね。

「名所図会」とも、全図竪絵で統一されているので「竪絵東海道」と呼ばれる。
1855年 広重晩年作。

歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日(1858年10月12日 )は、江戸時代末期の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。江戸の定火消しの安藤家に 生まれ家督を継ぎ、その後に浮世絵師となった。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓、広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない。ゴッホやモネなどの画家に影響を与え、世界的に著名な画家である。

広重は、江戸の八代洲河岸(やよすがし)定火消屋敷の同心、安藤源右衛門の子として誕生。幼名を徳太郎、のち重右衛門、鉄蔵また徳兵衛とも称した。文化6年(1809年)2月、母を亡くし同月父が隠居し、数え13歳で広重が火消同心職を継ぐ。同年12月には父も死去。幼い頃からの絵心が勝り文化8年(1811年)15歳の頃、初代歌川豊国の門に入ろうとした。しかし、門生満員でことわられ、歌川豊広(1776年-1828年)に入門。翌年(1812年)に師と自分から一文字ずつとって歌川広重の名を与えられ、文政元年(1818年)に一遊斎の号を使用して武者絵や美人画を描いた。

それから5年後の文政6年(1823年)には、祖父方の嫡子仲次郎に家督を譲って、鉄蔵と改名し後見となった。家業の火消同心を辞め、絵師に専心した。

始め役者絵から出発。やがて美人画に手をそめたが、文政11年(1828年)師の豊廣没後は風景画を主に制作した。天保元年(1830年)一遊斎から一幽斎廣重と改め、花鳥図を描くようになる。

天保3年 (1832年)、一立齋(いちりゅうさい)と号を改めた。また立斎とも号した。入門から20年、師は豊廣だけであったが、この頃大岡雲峰に就いて南画を修めている。
 
同年、正式に職を仲次郎に譲ってから浮世絵師として独立した。この年、公用で東海道を上り、翌年から「東海道五十三次」を発表。風景画家としての名声は決定的なものとなった。以降、種々の「東海道」シリーズを発表したが、各種の「江戸名所」シリーズも多く手掛けており、ともに秀作をみた。また、短冊版の花鳥画においてもすぐれた作品を出し続け、そのほか歴史画・張交絵・戯画・玩具絵や春画、晩年には美人画3枚続も手掛けている。さらに、肉筆画・摺物・団扇絵・双六・絵封筒ほか絵本・合巻や狂歌本などの挿絵も多く残している。そうした諸々も合わせると総数で2万点にも及ぶと言われている。

安政5年没。享年62。死因はコレラだったと伝えられる。墓所は足立区伊興町の東岳寺。法名は顕功院徳翁立斎居士。友人歌川豊国(三代目)の筆になる「死絵」(=追悼ポートレートのようなもの。本項の画像参照)に辞世の歌が遺る。

歌川広重の作品は、ヨーロッパやアメリカでは、大胆な構図などとともに、青色、特に藍色の美しさで評価が高い。(wikipedia)




geezenstacの森(YAHOOのブログから)
2012年7月10日から9月9日まで、UFJ貨幣資料館で開催されている「広重 竪絵東海道」展

 歌川広重が天保4年(1833)37才の時に描いた代表作「保永堂(ほえいどう)版東海道五十三次」から22年後の安政2年(1855)、59才の晩年に描いたのが「五十三次名所図会(ずえ)」です。全ての図が縦の版型に統一されているので、「竪絵(たてえ)東海道」とも呼ばれます。

広重は15種類以上もの東海道絵を残しており、日本橋から京まで完結したシリーズでの東海道絵は本シリーズが最後となります。タイトルに名所図会とあるように、本として製作された名所図会の挿絵と共通の趣向となっており、ほとんどの構図が縦の判型を活かし上空から斜めに見下ろすような俯瞰(ふかん)図法で描かれています。このような俯瞰図法や、近景の事物を極端に拡大し背景に小さく描く風景との対比を狙う構図は、翌年(安政3年)から描き始める画業の集大成となる名作「名所江戸百景」の先駆けとなっています。

広重が活躍したのは、幕末期ということもあり、黒船襲来に備えて江戸湾に造営されたお台場を描いた「品川」のような世相を反映した図や、宿場名に続いて、神奈川では「台の茶屋海上見はらし」、保土(程)ヶ谷では「境木立場(さかいぎたてば)鎌倉山遠望」、戸塚では「山道より不二眺望(ふじちょうぼう)」というように図柄の説明が付されているのも特徴です。また、ゴッホ作「タンギー爺さんの肖像」の背景として描かれた浮世絵6枚のうちの1枚である「石薬師」など印象派に影響を与えた図があるのが本シリースの特徴です。今回の展示では、この「五十三次名所図会」の全作品55点を鑑賞することが出来ます。

 これらの作品は、安政二年(1855)に江戸・蔦屋吉蔵(つたやきちぞう)が版元となって刊行したものです。蔦屋からは嘉永(かえい)(1848-54)頃にも横中判(よこちゅうばん)の東海道シリーズが刊行されているためこのシリーズは「竪絵東海道」と区別して呼ばれています。弘化四年(1847)に、8名の版元が存在していたことが資料で残っています。和泉屋市兵衛、佐野屋喜兵衛、蔦屋吉蔵、山本屋平吉、山口屋藤兵衛、大黒屋平吉、喜三郎(屋号不明)、上州屋金蔵です。このうち、老舗の和泉屋と山口屋(文化四年には仲間に加入)の他6名は、新興の版元ということで、蔦屋重三郎が活躍した寛政期から名前が残っているのは、和泉屋市兵衛1名だけです。結構出版業界は栄枯盛衰が激しかったようです。そんな中で、広重の二つのシリーズの出版は蔦屋吉蔵が行なっています。ここで登場する蔦屋吉蔵は分家で紅英堂を名乗り、他には3枚続きのシリーズである東都名所、天保10年ころに江戸名所などを出しています。そんなことで、落款を見る限りデザインは一緒のようです。

2016年12月ころ、また開催して欲しいね。

本が好き♪図書館ブログ (あるブログから)

2016年08月27日 | 日記・メモ

本が好き♪図書館ブログ (あるブログから)

http://blog.goo.ne.jp/library1789/c/79a4deae836832d0698722d2cce80068


読む本がないとき、参考になる。

読みたくなった本~夜を乗り越える 又吉直樹


ふぶきの部屋 息子の性欲なんてわかんないよ(gooブロクからの感想)

2016年08月27日 | 日記・メモ

ふぶきの部屋 息子の性欲なんてわかんないよ(gooブロクからの感想)

・・・楽しんでいる時に高畑淳子さんの記者会見があったそうで。

離れて暮らしているジュニアは大丈夫なのか?とか思っちゃうもん。
高畑容疑者の「突然変異」のような心情というのは、どう理解したらいいか親でもわかりませんし、本人もわかってないと思うんですよ。
自分にこんな一面があるなんて・・・・・
いやいや、ここから先はやめとく。
でも親とはいえ、芸能人とはいえ、高畑さんが気の毒でねえ・・・・・
苦労して息子を育てて来たのに、やっと手が離れたと思ったら問題起こして人生を棒に振ってしまい。一瞬先は闇だなあと思います。


なるほどって、頷くよ。

私は、娘ひとりで良かった。

加害者の保護者にはなりたくない。

当然、被害者の保護者にもなりたくない。



さくさく 【SMAP解散「統制報道」のスポーツ紙とテレビの「死」・・・ジャニーズ見解垂れ流し、事実隠蔽同然 】 (SMAPファンのブログから)

2016年08月27日 | 日記・メモ

さくさく 【SMAP解散「統制報道」のスポーツ紙とテレビの「死」・・・ジャニーズ見解垂れ流し、事実隠蔽同然 】(SMAPファンのブログから)

SMAP内の対立を煽る解散報道に違和感

ジャニーズ事務所のメンバーに対する報道姿勢が、例えばAKB48など女性アイドルの報道とは異なり、「御用記者」と「暴露記者」の両極端しか存在せずに、ジャニーズのタレントを批評できる人たちを事実上「排除」してきたことは、アイドル批評の世界では既知の事実であった。

 実際に、事務所側が何かを直接コントロールしているのではない。ジャニーズを批評する上で、多くのメディアは「“事務所のあり方”に触れるな」などと事前に注意を与えることが多い。

 今年1月のSMAP「騒動」の時、筆者の経験した限りでも、事前にそのような注意を受けたことがある(このビジネスジャーナルは、その時も今回も、そのような制約は一切ない)。このため、1月の「騒動」の時も、そして今回もSMAPが直面する問題を包括的に、ほどほどの客観性と批評精神で分析することが困難な状況が続いている。

 このジャニーズを取り巻く「外からの接触の排除」とでもいえる空気は、批評家の矢野利裕氏の新刊『SMAPは終わらない~国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』(垣内出版)でも、矢野氏と中森氏の対談というかたちで詳細に解説されている。

 今回、SMAP解散報道に、何かこの種の事前統制的な「空気」(あるいは先のいくつかの記事にあるように、事実としても統制されていたのかもしれない)が濃厚にあったことは、ネットを中心に多くのファンや今回の報道に関心を持った人たちが気付いていることでもあるだろう。

 特に筆者は、報道の多くがメンバー間の対立関係を「解散」の主因にあげ、他方で、昨年来からの事務所との対立がまるでなかったかのごとく触れられていないことに大きな違和感を抱いた。まるで、事務所にはなんの問題もなく、メンバー内部のもめごとが主因であるかのようである。

 先の『SMAPは終わらない』の中で、矢野氏は1月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での一列に並んで謝罪した風景を、「SMAPが国民に与えていた『自由』の素晴らしさをまったく裏切るものであった」と批判している。

 ジャニーズ事務所やそれを取り巻くメディアへの視線は、今も厳しいものがある。それをまったく無視したかのような今回のメディア各社の解散報道のあり方は、日本の商業的文化シーンにとって、決して好ましいものではないだろう。

 矢野氏の本は題名だけを見ると誤解を受けるが、ぜひ一読されたい。そこには、停滞する日本社会に現れた異端児かつ革命児でもあったSMAPへの同世代による熱いエールと懸念が、客観的な視座の下で詳細に記されている。

 


SMAPのファンの人へ、テレビ、新聞、週刊誌の信用性は低い、これが現実。

真実なんて報道されないよ。

資本主義国家だから、みんな金銭欲じゃん。

私利私欲だよ。

共産国家じゃないから統制報道なんて無理、無理、無理。

煽り立て視聴者、読者をゲット。

それぞれの思惑、動機があるよ。

視聴率の上昇、部数の増加⇒利益

私の場合は

1 暇つぶし 

2 gooブログ・ランキングに登場する

この2つの理由で、野次馬的関心かな。


ジャニーズ事務所が凹めば、他の芸能事務所が利益、例えば田辺エージェシーなど。

SMAPの人気が下がれば、自分の所属するタレントにチャンスが来る。

ベッキーが凹んで小島瑠璃子の仕事が増えた、他のタレントも利益。

ベッキーの不祥事で喜んでいるタレント、仕事が増加だもん。

ネット社会、復帰したらバンバン、苦情を投稿、復帰は厳しいね。

嫉妬と羨望の一般人が投稿、復帰したら困るタレントたちが投稿。

ベッキーの復帰はいまだに無理。


週刊誌、ネットニュースの文章、文面から推察するしかない。

記載してある逆に解釈するとわかりやすい。

この記載で誰が利益を得るとか。

ジャニーズ事務所系、田辺エージェシー系、その他の芸能事務所系、元敏腕マネジャー飯島三智氏寄り、あることないこと登載して部数を伸ばしたい系、いろいろ存在。

ジャニーズ事務所は同族会社だからね、東証1部企業じゃない、経営者は裕福、嫉妬と羨望の的


元敏腕マネジャー飯島三智氏は、同族会社の社員、経営者の裕福さを目の前で目撃、羨望、自分の欲望増大、利益の自己実現、会社に不利益な行動、犯罪行為の背任、タレントへの教唆、自己の実力不足、他の芸能事務所への働きかけ、そして失敗、内部抗争に敗北しただけ。

失敗の原因は、背任の教唆を拒否した木村拓哉かな。

私の類推は

1 妻、家庭が第一である。

2 事務所への恩義がある。

3 マネジャーに弱みがない。

4 独立のリスクを漠然と認識している。

5 独立行為が犯罪と漠然と認識している。

6 妻帯者特有の保守的行動、変化を好まない。 


SMAPのメンバーは、それぞれ汚点があるし、元敏腕マネジャー飯島三智氏に恩義があるので、独立を教唆されれば、法的知識に欠けるメンバーは乗るしかないよ。

草彅剛は、泥酔事件がある、一応公然わいせつという刑法犯を起こしている。

稲垣吾郎は、交通違反で、女性警官に暴行。

香取慎吾は、犯罪に至らないけど低能でボンクラ、ルール無視だからね。

中居正広は、犯罪行為はないけど、妊娠、堕胎事件がある。

木村拓哉は、交通違反程度で犯罪はない。

元敏腕マネジャー飯島三智氏に恩義の度合の差。

木村拓哉は、恩義や懇願に乗らなかった、妻帯し家庭持ち、独立のリスクを避けた。

独身のメンバーとの心の持ちようが異なる。


人の行動には、必ず動機がある。

元敏腕マネジャー飯島三智氏には、会社役員への不満、贅沢な生活への羨望と金銭的欲望。

一般人より、高給を得ているが、満足しない人間。

人間は強欲。

飯島三智氏は、欲望に敗北したともいえる。


SMAPは、10代からアイドルグループとして活動、今や40前後だから、好き嫌いは出てくる、どの会社の課、係にも対立は生まれる。

一般会社は、それを解消するため人事異動で課、係で人が変動する。

私も3年、5年、10年で係を変わったり、道内を転勤。

長過ぎると好き嫌い、合う合わない、いろいろ小さな対立がある、ないのが不自然だね、

独立騒動で、対立が表面化して、休業。


低能ボンクラの香取慎吾、元マネジャーの指示か、マインドコントロールか判然としないが、解散を希望だからね。

香取慎吾は自ら考察する能力は欠如しているからね、裏で糸を引いているのは誰だろう。

元マネジャー飯島三智氏にしても、田辺エージェシーと組んでいた可能性もあるからね。

10代から活躍しているといっても、法的知識のない子供みたいなものだし、狡猾な大人にかなわないよ。

飯島三智氏は会社に対する背任。

飯島三智氏の教唆で行動したメンバーは、背任の従犯になる。

事務所とタレントは契約しているから、契約違反になる。

契約違反となると民法の規定で制裁があるし、賠償責任も生じる。

会社は告訴しないことで、タレントを引き続き契約させた可能性もある。

みんな腹黒いよ。

いろいろ、推察可能だね。


中居正広は、MCで別格。

木村拓哉は、ドラマで活躍できる。

稲垣吾郎は、影が薄い。

草彅剛は、韓国で売ろうか。

香取慎吾は、低能ボンクラ。

ジャニーズ事務所の勢力低下。

他の芸能事務所にチャンス到来。

ジャニーズ事務所の勢力低下、田辺エージェシーの目的は十分達成した。

他のタレントに活動の場が増加。

SMAPが凹めば、利益を得ると事務所と人、金銭欲が根源。

みんなネットにバンバン投稿、羨望と嫉妬、単に面白いからとかの理由もあるし。

売れたいタレントも誹謗中傷、芸能界で必死だよ。


週刊新潮のSMAP特集、興味津々、購入しないけどね。