榊原わーるど

日記みたいなもんです。

6月はいそがしくなった110630

2011年06月30日 | メモ日記

空くんは4月から民間の保育所へ勤務している。4月は子どもも少なくて出番も少なかったが、だんだん増えてきて、今月からはシャッターのカギを預って終わりに閉めて帰って来る。プラス人がいないときの臨時出勤で、今週は9時半から弁当持って出かけている。しかし、昼は休み時間があって、近いので家まで帰ってきて休憩している。ばあちゃんの送迎運転手がなかなかできなくなっている。ばあちゃんもけっこう腰が痛いとか言ってじいちゃんのところまで行かない日が多くなっている。まあ、連絡は毎日でもするようにしたほうがいいが、空くんに多くを望むのは無理があって、薬を飲むこと注射をすることを忘れないようにすることだけで一杯だ。

先日、レシーア社長がひょっこりあらわれた。先月、中国旅行をして、南京へ行ったそうだ。ところが、ホテルでパスポートを見せて日本人とわかると宿泊拒否だったという。郊外のホテルで朝鮮人だと偽って何とかした。南京大虐殺を広報するために日本人に対してはそういう扱いをするように指示されているのだろう。記念館にも行ったそうだ。私が行かなくてよかった。記念館で百人斬りの少尉さんの等身大写真があったと聞いただけで泣けてきたから。民間人や捕虜を斬りまくった残虐非道の極悪人にしたてあげられてしまって、現在の日本人として申し訳ない思いでいっぱいだ。ふたりの少尉さんの汚名をそそぐのは子孫であるわれわれの務めであると思う。しかし、現実には中国の広報は大きく拡大するばかり。逆に日本政府は証拠もないわからない話を謝罪するばかり。不明なことに謝罪することは大罪なのだと思うのだが、人道上いいことだと思っているみたいだ。日本軍は虐殺に実弾を使うだろうか。もっと弾を大事にしただろう。物資はほとんど底をついて、物を無駄にしない心は現在の節約やエコの比ではない。

コメント

立体折り紙110622

2011年06月22日 | メモ日記フォト

夏至になって急に暑くなり、わずかな晴れを生かすため座布団作りがいそがしくなった。給料計算もある。空くんも毎日時間は短いが仕事があっていそがしい。それでも暇な時間に立体折り紙を作っている。店へたくさんおいてある。

Origami002

これは最近のものでまた部屋にある。

Origami003

はじめは小さいものが多かった。

Origami004

このあたりはかなり大変な苦心作だと思う。

Origami005   

コメント

涼しすぎる110620

2011年06月20日 | メモ日記

雨が続くから梅雨らしいのだろうが、もう20日になって夏至にすぐにしては涼しすぎて梅雨らしくない。土日はずっと太陽くんが部活で出かけていた。このところ世界くんのバイトが土日は朝早く、太陽くんがいない分を同じようにしている。春さんの模試なども多い。朝さんは市内へ就職が決まりそう。お母ちゃんの顔面損傷は保険会社へ直訴して、新たに診断書を書いてもらうことになりそう。どうなるかは微妙。空くんは今週は保育所がちょっと暇になりそう。AKB48総選挙のために巨額を投じてCDを購入した人がいるとうわさになっていた。しかし、売り上げ数の半数ぐらいしか投票されていないし、法的に何ら問題ないのも事実だ。それでも、何十万枚のCDは投票権のためだけにむだになっているのだろう。売り上げ枚数さえ上がればいいというのは正直なところなのだろう。だけどやはり正しい販売方法ではない。

コメント

離れていても110616

2011年06月16日 | メモ日記

空くんは先週から保育所がいそがしくなって毎日出勤している。しかし、出勤時間は9:30から10:30、11:00、14:30、15:30、16:00とか16:30までばらばら。しかも昼の休憩があったりなかったり。ちょっと疲れ気味。今月から予定か日誌か書くものもある。昨日、「オレの時給は世界くんより安い」と、ぽつりと言っていた。時給がいいからやっている仕事じゃないんだから考えなくていいよと言っておいた。きょうは16:00からだから余裕があるが休みではない。いそがしいのも暇なのも悩みの種となる。将来を考えれば不安だらけ。でも、あせって悲観的にならないようにしてやりたい。何とでもなるのだから。朝さんの就職だって今の状況では、4大出の女子はまともには困難だろう。だけどこれもあせって悲観的になることはない。

太陽くんはゴールデンウイークから顔を見ていない。遠く離れてしまって、日々の暮らしの中で忘れてしまっているかというと、とんでもない。離れていても家族に話題を提供してくれるのが彼である。先月にはハムスターを飼っているという情報が友だちから入って、家族みんながメールでいろいろ聞いた。さみしいから飼いはじめたとか、名前はタケダさんとか。命あるものは大事にするとか。なんか笑える。さすが大阪というか、カギをかけてあってもチャリをパクられたとメールがあったり。同じ店で同じやつを今度は白(前回は赤)を買ったとか。バイトを飲み屋で始めるとか。キャプテンには気に入られているから試合に出してもらえるけど相手がめちゃ強ええ場合とも。次の試合は7月はじめの西日本学生新人戦。

コメント

携帯電話はつながらないと110609

2011年06月09日 | メモ日記

きょうも空くんは予定よりかなり早く出勤になった。携帯電話を常につながる状態にしておかないと困ることになる。それについてはお母ちゃんにみんなが文句だらけ。だいたい出ることのほうがめずらしい。そのくせ自分がかけた相手がつながらないと猛烈に非難する。私は電池パック3ヶ持って交換しながら常に持っているからほとんどつながる。太陽くんは学校でもほとんどつながる。実はお母ちゃんと空くん以外はつながるのだ。空くんがこのところ確実につながるようにしているから、一人だけになってしまう。怒る人だけがそうなりそう。

3ヶ月になろうとしているのに原発事故のニュースは続々と伝えられる。しかも、唖然とするような内容ばかり。これまでにいったい何ができたのだろう。福島の原発事故は原発史上最大の津波によって冷却機能を破壊された天災だ。しかし、そこで軍の核部隊が出動してこないから日本はどうしようもない。政府・原子力保安院が主導して警察・消防が処理するのでもなく、東電と関連下請け企業の一般人が白装束軍団になってやっている。軍隊が核兵器を持っていれば原発事故ともなればただちに出動して、立ち入り禁止区域も明確に的確に迅速に指定しただろう。核兵器を持たなくても、原子力特殊部隊を自衛隊に作っておいて、原発や原子力艦船・実験施設の事故に際して国内外問わず活躍できるようにしなければならない。というか、私はそういう部隊が自衛隊か消防隊にあると思っていた。

住民の安全が第一に確保されて、危険区域での処理作業がおわって数値が安全にもどったところから順次帰宅すればいい。危険区域を徐々に広げるのは最悪であり、逆に時とともに狭くなっていかなければおかしい。もうひとつ、情報を公開して世界各国から対策を教えてもらえというようなことが言われているが、それは誤りだ。米国でさえあてにはならない。仏国なんか商売しようとしかしていない。公開すべき情報の範囲は軍の機密事項と考えてもいい。あからさまに公開したところで、他国は批判するばかりで助けてもらえるという考えはあまい。もちろん国連のIAEAの調査には無条件に応じなければならないが、正確に明け透けに公表する義務があるのだろうか。何もしてくれないで賠償金を取ろうとするような隣国には、公開するどころか厳重に機密事項としなければならないと思う。人体への安全だけを確保すればいいのであって、原子炉の状態などを細かく不明確に説明しても何の意味も無い。農産物なども厳重な確たる基準と検査によって安全を保証しなければ風評被害は防げない。もう手遅れだ。

コメント

働くのは大変110608

2011年06月08日 | メモ日記

今月に入って空くんの保育所はいそがしくなり、昨日も午後2時ごろ急に電話があって出勤した。夕方には帰ってきた。現在の空くんとしては予定外でも便利に使ってもらうことに不平不満を言うことはない。きょうは保健所へ検査を出しに行って4時からの出勤。明日も明後日も4時からが決まったみたいだが、先日のようにその日に時間が変わることにも対応しなければならない。けっこう大変なこともあるだろう。世界くんは土日に朝早くからバイトがあって、平日は夕方から学校で休みがない。平日のバイトなしは週2日ぐらいあって、そこでゆっくり寝るしかない。朝さんは変則ながら週単位で日程はなんとなくわかってきた。5時から10時のバイトが不定期に入る。春さんは弁当に文句が多くなっている。へいへいと聞いている。

コメント

保険なんかやめよう110607

2011年06月07日 | メモ日記

空くんが内分泌の日。ひとりで車で行ってくれる。ただし、前日から持ち物や時間など言っておいてもやはり心もとない。すぐ忘れていることがいろいろあったりする。今回は特定疾患継続の診断書を書いてもらうのをお願いしなければならない。昨日は弁当を持って保育所へ4時間ぐらいの勤務。ちょっと新しい子どもが増えてきたらしい。春さんの弁当を作るから毎日でも弁当はできる。お茶は大きな水筒に氷入りの季節になってきた。冬でも氷だが。

先日、お母ちゃんは入院など保険でもらえる分を、診断書も書いてもらっていろいろ申請した。もう全部結論は出て、振り込まれたものもある。住友生命にひとつ納得がいかないものがあった。顔面損傷の特約に入っていて、3cm以上の線状痕(縫合術をともなうこと)という条件を満たせば50まんえん支払われる。診断書を主治医の先生が書いてくれなくて、形成外科の先生に書いてもらうことになった。初めての医師でも思わず「3cmなのでお願いします」というようなことを深い考えもなく言ったらしい。すると、その医師はいきなりきつい態度でまわりの看護師に「今のは聞かなかったことにして」と言い、こういういさかいに何度も巻き込まれているからと、きびしい診断書を書いてくれたそうだ。7針ずつ縫合した左右の眉上線状痕は2.6cm+2.8cmと記載された。「2個以上の線状痕が相隣接し、または相まって1個の線状痕と同程度以上の状態の場合は、それらの面積、長さ等を合算します」という約款には該当せず、顔面損傷の保険金はもらえなかった。診断書を書く医師にも、保険会社にも、私は大いに不満だ。納得できない。お母ちゃんはあきらめたが、私は合計すればはるかに大きな傷であるにもかかわらずゼロという保険会社の扱いは何なんだと思う。あと2ミリ不足という診断書を有料で平気で書く医師もいったい何なんだ。こんな大きなけがをしたことに対するお見舞いの気持ちがまったくないような保険会社、医師とつき合いたくないと思った。顔面損傷以上に両手の運動機能障害が大きいのだが、その程度の機能障害はまったく対象外だそうだ。これもどうなんだろう。

コメント (2)

AKB48から軍歌まで110601

2011年06月01日 | メモ日記

梅雨入りして雨になっている。肌寒いのは梅雨の前半にはよくあることで、ふとんの説明をするときも梅雨のうちはけっこう綿の夏ふとんが使えると話す。しかも綿の夏ふとんは後半のむし暑さにもなかなかの快適さをもたらす。空くんが昨日は病院で、脳外科と呼吸器科。今さら前回入院のため肺炎の検査は不要だろう。血液検査は朝食なしの安静後採血だったのに、食べてしまって今朝も採血のためにまた病院へ。来週は内分泌科。ひとりで車で行けるようになって楽をさせてもらっている。世界くんは変わらず皆勤賞でバイトも学校もこなしている。朝さんは世界くんに刺激されてバイトが増えたような気がする。春さんは連日の朝補習で夜は塾。

ミュージックプレイヤーは依然として毎日楽しんでいる。日常に入り込んだ。朝早く起きて春さんが朝食を食べるころまでずっと使っている。夜は寝る前数十分ぐらい。あと、昼は余裕のある時間に。をダウンロードしたりして準備する段階は数百曲になるともう終わる。あとはどういう気分で聞くかを選ぶのもまた楽しい。この歳になって英語の歌詞をおぼえるのもおもしろいし、選ぶ曲はAKB48から軍歌まで気分で幅広いのは年齢的にみな同じだと思う。

コメント