2018年06月15日 / エピソード

イラスト/あまちゃ工房 天野勢津子

 

「親子の応援歌」

4人の子供の子育て中、自営業だった我が家では
寝る前の読み聞かせが親子の楽しみでした。

そんな中、長女が読んでと何回も持ってきたのが
貧乏神と福の神のお話でした。
長く住みついた貧乏神のために貧しい暮らしをする夫婦。
まじめに働いたおかげで福の神がくることになりますが、
ずっといっしょにいた貧乏神の方を受け入れ、
裕福ではなくともしあわせに暮らしたというお話です。

くり返し読み聞かせていたこの物語が、
いつの間にか私の心のバイブルになっていました。
店を閉めることになり、生活が苦しくなった時も
お正月の買い物も出来なかった時も
なぜか明るく、元気でいられたような気がします。

あれから30年…今では娘も4人の子供の親になりました。
周りからは「大変だね」と言われるそうですが、
当の本人は「そうかな?」と言っています。

一冊の絵本が、時を越え、親子の応援歌になってくれているようです。
孫たちにもまた、読んであげたい一冊です。

長野県 ペンネーム よみかきこ 65才

 

※あなただけの「読み聞かせエピソード」をお聞かせください!
ポラメル本誌、こちらのページでご紹介していきます。
くわしい応募方法はこちらをご覧ください。。

ポラメル最新ニュース
ニュースカテゴリー

全国で大好評の絵物語!

原哲夫がプロデュース、セブン銀行が協賛する「森の戦士ボノロン」全国セブン-イレブンの店舗にて偶数月15日より無料配布開始!なお、一部地区で配布日が違う場合があります。限定100万部のため、お見逃しなく!

読み聞かせエピソード募集