「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」。その編集部による公式ブログ。イベントなど最新情報をあますことなく公開!

『タスムン通信』 こちらボノロン編集部!

お店を救いたい!『ふしぎの村のパン屋さんの巻』

こんにちは!

年内最後のボノロンはお待ちかね、絵画コンクールの結果発表号!



今年は66作品が受賞となりました。
想像力豊かなみんなの感性に審査員も感動!
悩みに悩んで入賞作品を選んでいます。


それぞれの作品がボノロンのお話にできそうなくらい!
すてきなすてきな”ボノロンといきもののおともだち”のストーリーを描いてくれてありがとうございました

(左から…ボノロンプロデュースの原哲夫先生、作画の永山ゴウ先生、文の北原星望先生、セブン銀行代表取締役二子石会長、NTTレゾナント パーソナルサービス事業部 Yアクセラレータ 川村久徳部門長、ポラメル編集部吉松編集長)

公式サイトでは受賞の全作品をご紹介しています。
第14回絵画コンクール受賞作品結果発表




12月号のお話は、動物たちが人間と同じように暮らすふしぎな村が舞台!

・・・あらすじ・・・
むかしむかしーー。
にじ色にかがやくユーカリの巨木の下に動物と人間がなかよく暮らすふしぎな村がありました。



この村のはずれにあるパン屋さんにヒューゴという男の子が住んでいました。
お店はお客さんが少なく、やりくりに苦しんでいました。
お父さんはお店をしめなくてはならないと話しています。



お父さんお母さんが作るパンはとっても美味しいのにと涙を流すヒューゴ。
そこへあらわれたボノロンは、ある提案をするのですが…
ヒューゴはちょっと困ってしまいます。
・・・・・・・・・・

いくら美味しくても、お客さんがいなければお店を続けていけません。
ボノロンらしい話題の作り方が今回のお話のおもしろいところ。
動物も人もとりこになっちゃうヒューゴのパン屋さん、どんな味なのでしょうね。行ってみたい!


WEB読み聞かせの担当はかっこいい低音ボイスが魅力の声優の斎賀みつきさんが登場!
アニメと読み聞かせでは読み方が違うという斎賀さん。おひとりで読んでいるとは思えないくらい声色が豊かです!
こちらもお楽しみください♪



WEB読み聞かせはこちらから
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« この出会いが...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。