「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」。その編集部による公式ブログ。イベントなど最新情報をあますことなく公開!

『タスムン通信』 こちらボノロン編集部!

文化の違いを受けいれられる?『山の上の宝ばこの巻』

こんにちは!

ボノロン10月号はすっかり秋景色。
ちょっと大人っぽいカラーの表紙になりました




今回のお話の主人公は、
海で育った男の子と山で育った男の子。
好きな食べものも遊びも違うので、
お互いを受け入れられないようです。


・・・あらすじ・・・
むかしむかし――――
海にかこまれた南の島に、
ガジュマルの巨木がありました。
最近、山の村からひっこして来たロパは、
まだひとりも友だちができません。



海の食べものがきらいで、
泳ぐことができないロパを見て、
村で一番からだの大きい男の子カイは
「弱虫!」と言ってはやしたてます。

ロパだって、本当は山で遊ぶのが大好きな少年。
「もとの村に帰りたいなぁ…」
巨木に涙を落とすとボノロンがあらわれ、
願いを叶えてくれると言います。
でもボノロンはひとつだけ条件があると言って、
ある地図を渡すのでした――――
・・・・・・・・・・

生まれ育った場所や長い歴史によって文化はさまざま。
最初は違いに戸惑ってもそこは同じ人間同士。
うれしい・楽しい・悲しいという感情は共通です。

日常の中で、相手も同じ感情であるとわかったら…
緊張した心もほぐれますよね。

違いを楽しめる方が、豊かで楽しい日々になるはず!
そんな気持ちがこもったお話です。


このお話をやさしく包み込むように読み聞かせてくれたのは
声優の生天目(なばため)仁美さん!
インタビューでは、生天目さんが体験した
とある異文化についても語ってくれました。


こちらからお楽しみください!



毎年10月号に掲載している絵画コンクールの結果発表は、
今年から締め切りが1ヶ月伸びたため
次号12月号(12月15日配布)での発表となります!

ご応募いただいたみなさま、
もう少しだけお待ちくださいね〜
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 小さいけれど... ボノロン×くま... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。