「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」。その編集部による公式ブログ。イベントなど最新情報をあますことなく公開!

『タスムン通信』 こちらボノロン編集部!

幻の薬草はどこ?『フォロンをさがしての巻』

こんにちは!

まだまだ暑い日がつづきますね。
おとなりさんからいただいた梅シロップが
甘酸っぱくとっても美味しくて、ソーダ割りを楽しむ毎日です
暑いからこそさっぱりとしたドリンクで夏を楽しみます!


8月号は清涼感あふれる表紙でお届け
海辺からのさわやかな風を感じるボノロンです。



今号のおはなしは『フォロンをさがしての巻』。
幻の薬草「フォロン」はいったいどこにあるのでしょう…。

・・・あらすじ・・・
むかしむかし。
火山のふもとにクスの巨木がありました。
巨木のそばのまずしい村では少年ヨーンと母親のマルテが
ふたりでくらしていました。

マルテは病気にかかっていて、
薬草「フォロン」をさがしてくるようヨーンに言いつけます。
ようやくそれらしき草を見つけても
マルテは「フォロンじゃない!」と怒り、
本物のフォロンを見つけるまでは家に帰ってくるなと言います。



マルテは、とある池に足をすべらせて落ち、
この病気にかかってしまいました。
それから人が変わったように厳しいお母さんになってしまったのです。

フォロンを見つけて病気がなおれば、
きっともとのやさしいお母さんに戻るはず。
あらわれたボノロンに、ヨーンはわらにもすがる思いでお願いしました。
・・・・・・・・・・・

ボノロンによると「フォロン」は
どんな病気も治って、とっても長生きできる薬草とのこと。
じつは、この魔法のような薬草を自分のものにしようと
悪だくみをしている存在があったのです…。

そんな存在をボノロンは許すはずがありません!
今回はパワフルに解決しますよ~
つづきは本編でお楽しみください!

WEB絵本読み聞かせは
『美少女戦士セーラームーン』シリーズの月野うさぎ役や
『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの葛城ミサト役など
数々の作品で活躍中の声優・三石琴乃さんが登場!



三石さんがこれまでに読んできた絵本のお話も伺いました。
インタビューも合わせてご覧ください!

WEB絵本『フォロンをさがしての巻』
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7才のねこは “ねこ岳”へ… 『ねこ岳のゲンタの巻』

こんにちは!

ポラメル6月号は「ボノロンにっこりフォトアルバム」の発表号
表紙と誌面で応募写真の一部をご紹介しています。



読者のみなさまと年に一度お会いできる企画
編集部もとっても楽しみにしています。
毎年送ってくださるお子さまが6年生になり
「今年で卒業です」なんて声が届くとしんみりさみしい

卒業してもボノロンを読みつづけてくれたらなと
お子さまの成長に思いを馳せています。

***

さてさて、
6月号は『ねこ岳のゲンタの巻』。
この国のねこには、あるしきたりがありました。

・・・あらすじ・・・
むかしむかし。
クスノキの巨木の下でねこのゲンタが泣いていました。

ゲンタはもうすぐ7才。
ねこは、7才になるとねこの王さまにあいさつするために
ねこの耳のような山、“ねこ岳”に行かねばなりません。
そして今年はそこで新しい王さまを決めるというのです。



ゲンタは育ての親、ヤスじいさんと森でふたりぐらしです。
年老いてからだが弱りはじめているおじいさんを
ひとりおいて行けないと涙を流したのです…。



・・・・・・・・・・

心やさしいゲンタに、ボノロンは留守の間
おじいさんといっしょにいることを提案します。

そして、まさかまさかの、ボノロンがかわいい姿に!
本編でお楽しみくださいね

この“ねこ岳”、実はほんとうにあるんです!
熊本県高森町にある阿蘇五岳のひとつ
「根子(ねこ)岳」が今回のお話のモデル。
こちらの根子岳もてっぺんが猫の耳のようにギザギザしています。



飼い猫が突然いなくなって、数日後に戻ってくるのは、
阿蘇の根子岳に集まるからという言い伝えもあるそう。
ゲンタのような猫たちがいるかもしれないと思うと、なんだかワクワクしますね!

***

WEB絵本読み聞かせは声優の落合福嗣さんが担当です。
お子さまと寝る前の読み聞かせが日課という落合さん。
絵本の思い出や今好きな絵本のお話を伺いました。



▶︎WEB絵本『ねこ岳のゲンタの巻』



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花ひらかない桜の巨木『ピオニの桜の巻』

こんにちは!
みなさんの地域では桜は咲きましたか?
東北から北海道の方はこれからかもしれませんね。
もう見たよ!という方もまだの方も、
今年は絵本でお花見なんていかがでしょう



ボノロン4月号は『ピオニの桜の巻』

・・・あらすじ・・・
むかしむかし。
山いちめん桜が満開の中で、
一本だけ花を咲かせていない桜の巨木がありました。

巨木の開花を楽しみに帰郷した村の娘ピオニはがっかり。
ピオニは厳しくてがんこなお父さんがいやで村を飛び出してから、
年に一度この時期に帰ってきます。

婚約者のレアにきれいな桜を見せたかったのですが…。


ピオニはお母さんのチズとレアと3人で、巨木の下のお父さんのおはかへ行きました。
そこで村人から意外な話を聞きます。
村の人たちはみんなお父さんが大好きだったというのです。
あんなに厳しいお父さんがまさか…と、信じられないピオニ。
自分にはやさしくなかったと涙を落とします。

すると、ボノロンがあらわれて…。
・・・・・・・・・・・

桜が咲かない理由は、どうやら、
なくなったお父さんとピオニに関係がありそう。
ボノロンだけはそのわけを知っているのでした…。


WEB絵本読み聞かせは声優の恒松あゆみさんが担当です。
ボランティアで読み聞かせをすることもある恒松さん。
読みはじめのタイトルから世界観作りを大事にしているそうです。
読み聞かせのヒントになるインタビューもあわせてご覧ください。

▶︎ WEB絵本『ピオニの桜の巻

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

”カラス”と呼ばれる少年の願いは…『炭やき小屋のカラスの巻』

こんにちは!
日差しのあたたかさを感じるようになりましたね。
東京では早咲きの桜も咲きはじめているそうです

ボノロンの世界でも雪どけがはじまっている模様。



早くこんなふうに芝生で寝っころがりたーい!


さてさて、2021年最初のお話は『炭やき小屋のカラスの巻』です。

・・・あらすじ・・・
むかしむかしーー。
ある村に“カラス”と呼ばれる少年がいました。
なぜなら、炭をやくけむりでからだじゅうまっくろだったからです。



カラスは山で炭やきのおじいさんとふたりで暮らしています。
足の不自由なおじいさんのかわりにひとりで村に降りてきては、炭を売り歩いて生計を立てているのでした。

村人たちからいやがらせをされ、巨木に涙を落としたカラス。
願いごとは「友だちがほしい」でした。
ボノロンはカラスの願いを叶えるためにあるせっけんを渡します。
すると……
・・・・・・・・・・・

ボノロンがタスムンの木の実でできたせっけんを渡すと、あらあらふしぎ!カラスの意外な素顔が明らかになります。

見た目を変えれば解決する?いえ、そうではありません。
見た目に惑わされることなく本当の自分を見つめてくれる人が必ずいると、ボノロンは知っていました。

人とのつながりにおいて大切なことを教えてくれるお話です。


WEB絵本読み聞かせはアニメ『おしりたんてい』(NHK)のおしりたんてい役などをつとめる声優の三瓶由布子さんが担当です。少年役から少女役まで器用に演じる実力派




WEB絵本はこちらから

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ねこが作曲!? 『ピアノをひくねこの巻』

こんにちは!
大変な一年だった2020年も終わりが近づいてきましたね。
来年はおだやかな年になることを祈るばかりです。

今年最後となるポラメル12月号の配布がはじまりました。
特集は第15回絵画コンクール「ボノロンとみどりのしぜん」の受賞作品発表



家で過ごす時間が長くなった今年、いつも以上にたくさんの応募をいただきました!!
大人顔負けの力作ぞろいの中から選ばれた受賞作品は12月号と公式サイトにて公開しています。

絵画コンクール受賞作品発表はこちら

サイトでは全作品のコメントつき♪ ひとつひとつの絵に込められたみんなのストーリーを読むだけでも楽しいです〜。
ご応募くださったみなさま、ありがとうございました!
参加賞の発送は12月下旬を予定しています。お届けまでもう少しお待ちくださいね。


さて、今回のお話は『ピアノをひくねこの巻』。
ねこがピアノをひく……?

・・・あらすじ・・・
むかしむかしーー
トウヒの巨木がそびえ立つ村がありました。
ある家から、楽しそうなピアノの音が聞こえます。
そこでは青年ソラトがひくピアノにあわせて、ねこのミーシャがおどっていました。



村人たちもソラトのピアノが大好き。ソラトは村で人気の音楽家でした。

ところがある日のことーー。
ソラトは巨木に涙をおとします。
最近ミーシャに元気がないのです。
もしミーシャがいなくなったらこまってしまうと言うソラト。
その理由は意外なものでした…。
・・・・・・・・・・・

思わず身体が動いちゃう楽しげなソラトのピアノ
どんな曲なのか聞いてみたいですね

音楽に限らずなにかを作り続けることはとっても根気のいることです。
でも、身近な人がよろこんでくれる姿を思い浮かべるとふしぎと力が湧いてくるもの。
遠くのだれかより近くの人を笑顔にする。
そんな思いをこのお話にこめました。


WEB絵本読み聞かせはアニメ『デジモンアドベンチャー:』の武之内空役などをつとめる声優の白石涼子さんが担当です。
持ち前のハスキーボイスで多彩な声色を披露してくれました!



WEB絵本『ピアノのひくねこの巻』
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バケモンと人間のきずな『おじいさんの子守歌の巻』

こんにちは!
10月15日よりポラメル10月号配布しております〜!



ボノロンの世界でも紅葉がはじまっています
秋晴れに映えるイチョウの黄色がきれいですね

10月号は、かわいらしいバケモンのタロと人間のおじいさんが主人公。

まもなく離ればなれになってしまうふたり。
ずっといっしょにいたい…タロの願いは届くのでしょうか。

・・・あらすじ・・・
むかしむかしーー
タロという名のあいらしいバケモンがいました。

タロたちバケモンは5才までは地上で、そのあとは水の中でくらします。
タロはもう湖に帰らないとなりませんが、
育ての親であるオキオじっちゃんとはなれたくないと涙を流しました。



でもそれは難しいこと。
ボノロンは知っていたのです。
タロは成長するととっても大きなバケモンになることを……。
・・・・・・・・・・・

人間とバケモン。
種が異なっても本当の親子のようなきずなで結ばれていました。
ふたりをつないでいたのは、眠る前におじいさんが歌う子守歌。

最後までお互いを思いやるタロとおじいさんの姿に心打たれます。

今号のWEB絵本読み聞かせは『ヒーリングっど❤︎プリキュア』のシンドイーネ役などをつとめる声優の伊藤静さんが担当です!
ワンちゃんを飼っている伊藤さん。タロとおじいさんの関係に愛犬の姿が重なって涙してしまったそうです。



WEB絵本はこちらから

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もしも「かげ」に心があったら… 『きえたかげの巻』

こんにちは!

ポラメル8月号の配布がはじまりました!
8月号では「ボノロンにっこりフォトアルバム」の発表もありますよ〜



暑い日はボノロンたちといっしょに海の中にドボーンと飛び込みたい!
なかなか遠くへ旅行ができない状況ですが、絵本の世界へはいつでも出かけられますね

さて、8月号のお話は『きえたかげの巻』。
なんと自分の「かげ」がどこかへ行ってしまった若者のお話です。

・・・あらすじ・・・
むかしむかし――
若者ケララが巨木の下で泣いています。
ボノロンが涙のわけをたずねると、なんとケララから「かげ」がきえてしまっていたのでした。


ボノロンとゴンにはちゃんと「かげ」はあるのに…

ボノロンは“かげのす”へむかい、ケララのかげを探すことに。
洞窟の中にいたケララのかげは、いつもめんどうなことからにげてしまうケララにあいそをつかしていました。
しかも、ここでこいびとが見つかったのでケララの元には帰りたくないと言うのです。

はたしてケララはかげを取り戻すことができるのでしょうか。
・・・・・・・・・・・

もし「かげ」が心を持っていたら、こんなことが起こってしまうのかも。
思わず自分の「かげ」がどうなっているか確認したくなっちゃいます。

「かげ」は自分の分身でもあり、一番の理解者。
ケララのかげは、本当はケララに変わってほしくて逃げ出してしまったのですね。
ボノロンたちはケララが勇気ある一歩を踏み出せるようにあたたかく見守ります。
ロマンチックなクライマックスも見所ですよ


WEB読み聞かせは声優やアーティストとして大活躍中の蒼井翔太さんが登場!
ハイトーンボイスがとっても美しい蒼井さんですが、コンプレックスを抱えていたという思春期の思い出を語ってくれました。
今を生きる若い人たちへ向けたすてきなインタビューも合わせてご覧ください!




WEB絵本『きえたかげの巻』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

\ありがとう!ボノロン15周年/

こんにちは!

ポラメル最新号「千年カヤの巨木の巻」の配布がスタートしました♪
そしてそして…本日6月15日、ボノロンは誕生15周年をむかえました〜!!



これまでにうまれたお話は91話。100話まで手が届きそうなくらいになりました。
15年の間にボノロンを読んで育ったお子さまが、立派な大人になって活躍しているかもしれませんね。
お子さまが、そのまたお子さまにボノロンを読み聞かせてくれたら…。こんなにうれしいことはありません。
親子で読みつないでもらえるように、ボノロンはまだまだがんばります!


15周年記念号はスペシャル企画♪
読者のみなさまが選んだ”読みたいおはなし”大アンケートの結果を発表!
1〜3位を期間限定でWEB公開いたします。
読み聞かせ役は井上喜久子さん、森川智之さん、堀内賢雄さんという豪華なラインナップ!

気になる結果は特設サイトでご確認ください
15周年特設サイト


6月号の本編は「千年カヤの願いの巻」。

・・・6月号のあらすじ・・・
むかしむかし――
山と山にかこまれたゆたかな森に、千年カヤと呼ばれる大きな巨木がありました。

そんな巨木がオーンオーンと泣いています。
からだはボロボロで、次の台風が来たら倒れてしまうというのです。



涙の理由は森を大事にしてくれた村人たちに、恩がえしもできないまま倒れてしまうこと。
やさしかった村人たちの願いを叶えてあげてほしいとボノロンにたのみました。

でも村長のこたえは意外なものだったのです。
・・・・・・・・・・・・・・

感謝が感謝を生み、やさしさにあふれた森のお話です。
お話の中にたくさんの鳥たちの鳴き声が登場するのですが、ぜひネットで鳴き声を検索して聞いてみてください。
鳥たちの声色豊かな声を聞いていると、不思議と清々しい森の中にいるような心地よさが味わえます。
なかなか旅行に行きづらい今、遠くの自然に想いを馳せて心を休めてくださいね。オススメです♪

WEB読み聞かせは『アンパンマン』のばいきんまん役などでおなじみの中尾隆聖さんが担当です!
とっても味のある巨木を演じてくれました♪



WEB絵本『千年カヤの願いの巻』
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

\親子でいっしょに/ ボノロンぬりえコンテスト開催!

こんにちは!
外出自粛要請が解除されましたがお子さまも保護者の方も
まだまだ落ち着かない日々をお過ごしのことと思います。

おうちでの過ごし方が少しでも楽しいものになるよう、
ボノロンぬりえをセブン銀行HPで公開しております。
3つの難易度からえらべるので
小さなお子さまにもお楽しみいただけますよ

そして本日からボノロンぬりえコンテストをSNS上で開催

自由に色をぬったぬりえを #おうちでボノロンぬりえ のハッシュタグをつけてTwitterに投稿すると30名様にボノロンスケッチブック&オリジナル下じきをプレゼント!
ご応募いただいた作品が下じきになります♪



画材は手書き・デジタルどちらでもOK。
大人の方からのご応募も大歓迎です!

無心に色をぬっていると、ざわつく心もおだやかになりそうです。
ぜひご家族でご参加ください!

応募期間:5月29日(金)〜6月30日(火)

くわしくはセブン銀行HPをご覧ください


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほんとうにわるいバケモン?『いたずらガラッパの巻』

このたびの新型コロナウィルスに罹患されたみなさま、および感染拡大により影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!
ボノロン4月号『いたずらガラッパの巻』
本日より配布&WEB絵本の公開がスタートしました。

先日政府当局より発令された緊急事態宣言により
複数の都道府県で外出自粛が呼びかけられている状況です。
今号はご自宅で読めるWEB絵本もお楽しみください!

セブン-イレブン、デニーズ、ヨークベニマル、アカチャンホンポでも
通常通り無料配布中です。
お買い物のついでにお持ち帰りください。
(一部の地域では休業・営業時間の変更がございます。ご来店の際は最新情報をご確認ください)

生活の変化にお子さまもご家族のみなさまも不安を感じられているのではと思います。
こんな時こそ、絵本の出番!
物語の世界でほっとできる時間をお過ごしください。



4月号のおはなしは『いたずらガラッパの巻』。

・・・あらすじ・・・
むかしむかしーー
桜の巨木がそびえる湖に、ガラッパというバケモンが住んでいました。



ガラッパはいたずら好きで村人を困らせています。
このままでは湖で魚もとれないと、村人たちはガラッパを退治することを決めました。

ところが村の男の子ロアナは悲しげに涙を落とします。
ロアナは小さい頃、ガラッパと友だちだったのです。
わるいバケモンだとはどうしても信じられず、ほんとうのことを確かめたいというのです。



そして、ガラッパに会いに向かったロアナが目にしたものは……。
・・・・・・・・・・

ガラッパとの友情を信じてひとり立ち向かうロアナ。
まわりに流されず、信念を持ち続ける姿にこちらも勇気づけられるお話です。

今回はボノロンのアクションシーンも!
臨場感たっぷりの読み聞かせをしてくれたのは
「ドラえもん」のスネ夫役を務める声優の関智一さんです。
迫真の演技に思わず聞き入っちゃいます!



WEB絵本はこちらから!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

« 前ページ