ボノラート/スタッフブログ (豆知識・身体の科学・体験談・Q&A・飲み方など情報満載!)BONOLAT

健康に、若く、美しく
ドイツの科学から生まれた
ボノラート・ビューティキャップ・グラノザイム」
で体内からケアー

【豆知識】「秋・冬の脱水」-お肌も体内も乾燥注意!-

2019年10月31日 | 【スタッフの部屋】



「ピリピリ!」「カサカサ!」乾燥が気になり始めたら秋。
そこから加速していく寒さと乾燥!お肌が悲鳴をあげる季節の始まり。
お肌の乾燥、実は「体の内側の乾燥」が影響しています。
ハンドクリームや加湿器だけでは充分ではなかったようです。

img_bonolat_fuyu_01.jpg

暑い夏に起こるイメージがある「脱水症」ですが、実は発症のピークは年に2回、
夏と冬にあるそうです。
夏は暑さで体温を下げるため汗を激しくかくのに対して、
冬は「不感蒸泄」といって汗とは別に、ヒフや息からも気づかないうちに
体内から水分が失われていきます。

不感蒸泄の場合、夏とは違ってあまり喉の渇きを感じないため、
体内の水分が不足してきても、気がつかないことが多いようです。
その上、冬の室内は暖房をつけることによって、屋外より10~20%湿度が
低下する
傾向があるので、さらに私たちの体は乾燥しやすくなります。
また意識の面でも、猛暑の夏は熱中症や脱水症にならないために、
こまめな水分補給を意識していますが、冬は冷たいモノの摂取を避ける方も多く、
そのため飲み物を摂る量も控えめになりがちです。

img_girl_kasakasa_400.jpg

img_bonolat_fuyu_02.jpg

インフルエンザなどウイルス性の風邪が流行しやすいのも
気温が低く空気が乾燥しているこの時期。風邪の80%~90%が
ウイルスの感染と言われていますが、湿度が下がると咳やくしゃみによる
空気中の飛散量が増します。

喉や鼻の粘膜も乾燥によって炎症を起こしやすく、
外敵から防御する力が弱くなります。
また体内の水分が失われていくことによって血液はドロドロになり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことも!

img_bonolat_fuyu_03.jpg

脱水症対策として「こまめな水分補給!」とよく耳にしますが、
「水分を身体に蓄えるためにはタンパク質が必要だ!」ということを
ご存知でしょうか?

img_ill_bonolat_albumen.jpg

人体に最も重要とされるタンパク質の一つ「アルブミン」は、
ボノラートの主成分である「牛乳タンパク」を摂ることによって
肝臓で作られ血液中に送り出されます。アルブミンには、
水分やカルシウムなど微量元素をスポンジのように保持して
全身に運搬する働きがあます。


つまりしっかりタンパク質を摂っておくと、血液中に水分をたっぷり蓄えることができ、
「乾燥しにくい身体になる」と言えます。

img_bonolat_sh151211.jpg


 ※ボノラートの主成分である牛乳タンパクは
  「アミノ酸スコア100」の超エリートタンパク質です


ボノラートについてはこちら
右矢印 http://www.bonolat.jp/bonolat_01.html


-----------------------------------------------------------
 お客様窓口     
  ◎ショップページ http://www.bonolat.jp/bonolat_01.html
  ◎TEL 0120-207-100
  (受付:平日9-18時)
  ◎MAIL info@bonolat.jp
-----------------------------------------------------------


コメント   この記事についてブログを書く
« 【試飲会@PLAZA】10/31、11/... | トップ | 【試飲会@PLAZA】11/15、11/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【スタッフの部屋】」カテゴリの最新記事