ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダービルド 「第39話 ジーニアスは止まらない」

2018-06-10 10:41:32 | 仮面ライダーシリーズ
内海の本音は氷室に撃たれる前に述べたことだったのでしょうけれども、運命に翻弄されたために今の内海になってしまったのかもしれないですね。氷室あたりが説得しそうな気がします。

新フォーム・ジーニアスフォームが登場しましたが、記憶が葛城のままではジーニアスフォームに変身できず、戦兎の記憶を取り戻したことで変身できたのはやはり主役は戦兎であるのだと思い知らされましたね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダービルド 「第3... | トップ | 仮面ライダービルド 「第4... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当の強さとは?受け入れること? (あさ)
2018-06-10 15:16:24
難波チルドレンの辿った運命を見ると子育ての大切さを改めて感じます。最近、未成年を対象とした性暴力や殺人・暴行事件が多く報道されます。子育てこそが社会を良い方向に導くカギだと思いました。

内海は氷室に殺されかけてエボルトに助けられました。歪んだ価値観に飲み込まれた彼は狂気に支配されました。龍我、一海は戦兎に救われて3人は激しく激突した末に仲間になりました。さらに氷室も。

葛城巧では出来なかったことが戦兎には出来た。功名心や恨みなど全てを奪われた戦兎だから全てを受け入れることができた。考えさせられます。自分の価値観を改めることが大切だと思いました。

エボルトがドライバーの設計者を隠しましたが気になりますね。
Unknown (紙粘土)
2018-06-10 20:29:18
>あささん

生まれ育った環境というのは確かに人生を左右しますね。

紗羽も難波チルドレンでしたが内海と違いエボルトと絡んでいなかったせいで難波から解放されたきがします。もちろん戦兎の存在も大きいと思います。

コメントを投稿

仮面ライダーシリーズ」カテゴリの最新記事