弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

突然「アラモ」のポスターを見つけた

2013-01-05 18:42:29 | 趣味・読書
明けましておめでとうございます。
新年最初の記事が、時期遅れのクリスマスネタで申し訳ありませんが・・・。

昨年12月、明大前の駅のホームで1枚のポスターに目が留まりました。このポスターです。
遠くからポスターを見た瞬間、私の遠い記憶の中にあるひとつの建物と合致しました。そうだ。私が知っている範囲のものであれば、この建物はアラモ砦のはずだ。
近づいてよく見たら、ありました。
"Merry Christmas from the Alamo. iichiko"
と書かれていました。私の記憶どおり、この建物はアラモ砦だったのです。

私がこの建物を見たのは映画のなかでです。
1960年、「アラモ」というアメリカ映画がありました。主演・監督がジョンウェインです。1836年に、今のアメリカ・テキサス州のサン・アントニオ付近にあるアラモ砦を舞台にして、テキサス人の独立運動派とメキシコのサンタ・アナ軍との間で戦闘が行われました。そのアラモ砦の正面が、イイチコのポスターに映っている建物なのです。
映画のあらすじはこちら映画のポスターに見える建物が、私の記憶しているアラモ砦です。

ウィキペディア英語版(Battle of the Alamo)には以下の写真がありました。
Frank Thompson, The Alamo (2005), p.106
これが1854年当時の実際のアラモ砦跡でしょう。

さらに調べると、Official website for the Alamoが見つかりました。このページに写っている建物が、恐らくは現在のアラモ砦跡に違いありません。

そうすると、アラモ砦の姿としては、
①アラモの戦いが終わった直後の姿
②現在の姿
③1960年の映画「アラモ」で描かれた姿
の3つがあり、イイチコのポスターでは②が用いられ、私の記憶は③であった、ということになります。

それにしても、50年以上も前に見た映画で使われていた建物を、よくも覚えていて一瞬で思いだしたものです。小中学生の頃の記憶というのは恐ろしいですね。
実は中学時代に西部劇に凝っていまして、技術家庭の工作課題で、アラモ砦を形取った状差しを作ったりしていたので、印象が強かったこともあります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 日銀白川総裁が攻勢に出たら... | トップ | 慰安婦問題の扱いには細心の... »

コメントを投稿

趣味・読書」カテゴリの最新記事