弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

クラス会ボケ

2010-05-25 21:09:20 | Weblog
5月連休のヨーロッパ旅行から帰っての時差ボケは、まあ数日で解消することができました。
その後、5月15日には中学のクラス会があり(お会いした担任の田崎先生についてはこちらで紹介し、先生から誉めていただきました)、さらに先週末の5月22日には大学研究室のOB同窓会が開かれました。
中学のクラス会は参加するだけだったのですが、大学研究室の同窓会は私が幹事を務め、なにかと忙しい思いをしました。幹事ですから、終わってからも会計報告やら何やら、それに今回は写真の整理も速攻で済ませました。写真については中学クラス会についてもやっちゃいました。
そんなこんなで、事務処理やらお礼のメールを受けて返事を書いたりやらで結局月曜は仕事をしていないような気がします。何だか“クラス会ボケ”です。

写真については、ネット上のクローズドなサイトにデータをアップし、クラスの人たちだけに閲覧・ダウンロードをしてもらおうというものです。
大学時代の同期生が以前利用していたサービスがあり、同じようなサービスを利用しようとしたのですが自宅ではどうしても見つけることができませんでした。
私が使っているインターネットプロバイダーは@niftyであり、そこで利用可能なサービスとして、「パスワードで保護されたホームページ作成」というサービス(具体的にはLaCoocanの「アクセス制限」)が見つかったのでそれを使うことにしました。そのかわりフォトアルバムに特化したサービスがあるわけではないので、写真データはFTPで転送し、自前のhtmlファイルを作成してこれもFTPで転送するという手作業です。
それを中学クラス会の分と大学研究室の分、それぞれ作成しました。

そんなこんなで日曜がつぶれてしまい、月曜まで作業がかかったわけです。

しかし今日になって、大学時代の同期生が利用していたサービスが分かりました。googleのPicasaというサービスだったのでした。私が自前で作成したのより、こちらの方がスマートで使い勝手が良さそうです。当然ですが。
あせって日曜のうちに手を出さずに、Picasaを知ってから作業を開始すべきでした。

取り敢えず、これでクラス会ボケは何とか解消したこととして、明日からはばりばり働きますよ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 知財高裁の進歩性ハードルが低下 | トップ | 郵便不正事件の謎(8)供述調書... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事