弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

憲法9条の改正の可否

2019-08-19 21:57:27 | 歴史・社会
前回、憲法9条1項と2項の関係について論じました。
憲法9条1項で自衛のための戦争以外を放棄しています。そして、自衛権行使のためであれば戦力を保持できる、9条1項で放棄した目的での戦力は保持できない、ということであれば、9条2項は必要ない、ということになります。そして、憲法改正で9条2項を削除すれば、その趣旨に合致することとなります。

さて、「あなたは憲法9条2項を削除する改正に賛成なのか」と聞かれれば、「9条の改正に賛成です。ただし、前提条件があります。」と答えるでしょう。その前提条件とは、・・・
17年5月「安倍首相が憲法改正の方向提示」15年7月「安全保障関連法案」の記事で明らかにしたことですが
《先の戦争の総括》
日中戦争にしろ太平洋戦争にしろ、日本国がそれら戦争を始めたこともさることながら、「どのような戦争をしたか」という点で日本は大きな責任を持っていると感じています。
このブログ記事から拾うと、
吉井義明「草の根のファシズム」
保坂正康「昭和陸軍の研究」
私が読んだその他の著書としては、
秦郁彦著「南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)
小松真一著「虜人日記 (ちくま学芸文庫)
石川達三「生きている兵隊 (中公文庫)
五味川純平「人間の条件〈上〉 (岩波現代文庫)
が挙げられます。

私の印象では、戦後、日本は自分たちがしてきた戦争の内実をきちんと総括してきていません。責任を曖昧にしてきました。なぜ日本はそのような曖昧な態度で終始することが許されたか。私はこれを、「日本は憲法9条に逃げ込んだ」と表現しました。「日本は戦争を放棄したのだから、これから戦争を起こすことはない。だから、済んだことは良いじゃないか」といった態度です。
ところが、世界情勢が変化して、日本も憲法9条を改正し、自衛権(個別的自衛権、集団的自衛権)、集団安全保障を実現するための戦力保持を合法化して抑止力を確保し、それをもって世界平和に貢献すべきときが来ました。そうなるとどうなるか。
「戦争放棄」で臭いものに蓋をしていたのに、その蓋を取り払わなければなりません。
本来であれば、「これこの通り、日本は自分たちが行った戦争についてきちんと総括した。その結果、日本は平和の維持のためにしか軍事力を行使しない国になった。だからこそ、9条を改正して自衛隊を合法化し、世界平和に貢献していく。」と正々堂々と主張すべきなのに、それができないのです。
野党は集団的自衛権のときと同様、「戦争をする国にするのか」と反論することになるでしょう。これなど、「日本は凶暴な国だ。武器を持たせると凶暴になるから、今まで武器を封印してきた。ここで武器を持たせたら、気違いに刃物だ」と言っているようなものです。自分が国会の一員であるこの国についてです。

軍備について、「自衛権行使のための軍備」と「侵略戦争の道具としての軍備」とが明確に区別できるはずがありません。同じ軍備を備えるに際して、「この国なら安心して武装させることができる」と皆から認めてもらうことが何よりも重要です。そのためには、先の戦争でこの国が実際にしてきたことを冷徹に見つめ、反省することが不可欠です。

韓国や中国から謝罪を要求されると、「いつまで謝罪をしていたら気が済むのだ」との言い方がされます。しかし、ドイツのメルケル首相はポーランド国民に対し、今でも折に触れて謝罪し続けています(川口マーン惠美「サービスできないドイツ人、主張できない日本人」)。

以上のとおり、私は、憲法9条の改正に賛成ではあるが、その前提として、先の戦争で日本がしてきたことについてきちんと総括することが必要である、との立場です。しかし、今更、自民党政権は先の戦争の総括を真摯に行うなどの方向には向かわないでしょうね。そうなると、私は「憲法9条改正反対」と表明することになります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 憲法9条2項 | トップ | 憲法前文第1段落第1文の解釈 »

コメントを投稿

歴史・社会」カテゴリの最新記事