弁理士の日々

特許事務所で働く弁理士が、日常を語ります。

外務省ホームページ「世界が報じた日本」

2012-12-29 15:28:28 | 歴史・社会
外務省のホームページに「世界が報じた日本」というページがあります。1週間に1回程度更新され、その1週間に世界の主要新聞・雑誌が日本についてどのように報道しているかをダイジェストしているものです。
トップページ>報道・広報>世界が報じた日本
で行くことができます。

私はこのページを結構閲覧し、諸外国が日本についてどのように報道しているか、チェックのネタとしていました。

ところが、昨日アクセスしたところ、今までの記事がすべて閲覧不可能になっていました。そして、以下のコメントのみが掲載されていました。
『平成24年12月
本ページに掲載していた海外メディアにおける日本関連報道については,リニューアルのため当分の間閉鎖させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが,よろしくお願いいたします。』

一体何があったのでしょうか。
民主党連立政権から自公連立政権に政権交代したことが原因でしょうか。それであれば今までのようなスタンスの報道紹介記事を掲載することをやめてしまうことになりそうです。
それとも単なるリニューアル休止であって、ほどなく再開されるのでしょうか。

自公連立政権の外交・広報スタンスを占う上で、このページの今後の方向が注目されます。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 安倍官邸の陣容が固まった | トップ | 日銀白川総裁が攻勢に出たら... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
外務省と 国連 (岡田健一)
2015-02-11 02:30:25
謹啓 日本の外務省は 国連分担金は 世界一番 支払い . 世界に 血税をばらまき. 国民を暮らしを 悪くし 何もしない。 外交が 多い。 安全保障委員会問題。 中東で 日本人が 拉致されても 無能外交。 安倍外交は 完全な 失政である、 早く 解散して 民意に 問うべきだ。

コメントを投稿

歴史・社会」カテゴリの最新記事