豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

ご案内

注意事項
なるべく読んでね。
プロフィールおよび作品実績
○電子書籍出しました

ガチで考える山岳遭難の防止
ツイッターはじめました

大山(鳥取)の入山協力金テスト徴収でもやはりコストが問題

2020年02月21日 | 入山料・入山規制
鳥取の大山でも入山協力金の徴収をやると聞いた時、果たして徴収コストはどのくらいなのかが一番の興味でした。ぱっと地図を見た感じでは「意外にイケるかも」と思ったんですけど、なかなか厳しいようです。 鳥取)大山の入山協力金 来年度も実証実験 朝日新聞  2020年2月21日 9時30分 有料部分に書かれているので引用しませんが、簡単に述べると集まったお金と同じくらいの人件費がかかったとのこと。 . . . 本文を読む

登山道から外れて岩場に入ってしまい、引き返そうとして滑落したケース

2019年11月17日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
道迷いからの転落滑落事故が多いという話を何度もしています。迷ったら引き返せとは言いますが、引き返しができなかったり、あるいは危険だったりする場合がいくらでもあるわけで、だからこそ道迷いにすぐ気づくこと、それ以上に迷わないことがとても大切なのです。 釈迦ケ岳で滑落 男性重傷 三重・菰野町 伊勢新聞  2019/11/17 11:00 引用 四日市西署によると、川村さんは知人男性(53)と2人で同 . . . 本文を読む

KDDIと富士通、魚沼市による「ヘリコプター基地局」の実証実験

2019年11月06日 | 遭難と救助について考える
2年ぐらい前ですが、携帯電話の圏外にいる遭難者と連絡を取るための方法として、ソフトバンクが携帯電話の基地局を気球にぶら下げて飛ばすということをやっていました。さらにドローンを利用した方法も試みています。 で、当時、ヘリコプターに基地局を搭載すれば手っ取り早いんじゃね?って思ったのですが、KDDIがこれをやってくれたようです。 KDDIや富士通、災害対応で「ヘリコプター基地局」の実証実験 ITm . . . 本文を読む

KDDIや信州大学による、ドローンを利用した登山者見守りの実証実験

2019年10月20日 | 遭難と救助について考える
以前から登山者の様子をリアルタイムで下界にいる人が把握できるシステムが提案されていたんですが、これには問題があります。発信器をどこかに忘れたり、あるいは谷底に落としたりした場合、下界で見守っている人には遭難状態と区別がつかないわけです。本人はとっくの昔に無事下山しているのに、捜索隊が誰もいない現場に向かって急行する、なんてことが十分ありえます。 5Gドローン登山者見守り 千畳敷で実証実験 長野日 . . . 本文を読む

道志村のキャンプ場で行方不明になった女の子の捜索で、3件目の二重遭難

2019年10月02日 | 山岳遭難
これまでに崖から転落して一時不明になった人や、クマから逃げようとして負傷した人など、立て続けに事故が起きていますが、ついに3件目です。 ボランティア遭難3件目 山梨の女児不明現場 IZA  2019.10.2 10:07 引用 山梨県道志村で1日、ボランティアで捜索に加わっていた長野県の50代の男性が道に迷い、県警は山岳遭難として捜索した。男性は2日、自力で下山したことが確認された。 引用お . . . 本文を読む