豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

凍結箇所でふたり同時に滑落、というケース

2018年06月10日 | 山岳遭難
埼玉県警山岳救助隊ニュースを久々にチェックしたのですが、バックナンバーに衝撃的な事故が載っていました。

埼玉県警山岳救助隊ニュース平成30年3月号(PDF)


平成30年2月10日、鳥首峠というところで発生した事故ですが、凍結箇所で片足だけアイゼンを装着した2人が滑落し、それを助けようとしたひとりが斜面で行動不能、と書いてあります。これ以上のことは書かれていないのですが、片足だけ装着ってことは、アイゼンはひとつしかなくて、それをふたりで分け合ったのでしょうか??さらに、そのふたりを助けようとした人もまた斜面で行動不能ということですけど、同じパーティの仲間のようですね。

まあ、なんというか、横着はしないことですな。そして仲間が転落や滑落した場合、あわてて助けにいかないことです。助けようとしたメンバーも一緒に落ちてしまうケースは、よくあります。


登山・キャンプ ブログランキングへ
この記事についてブログを書く
« 「とにかく登れ」もまた危な... | トップ | 栗城さんを2年間取材し続け... »