豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

GIGAZINEに出てる富士山の記事がわけわからん

2012年09月09日 | 山ネタ そのほか
山小屋には様々な問題があるのは事実で、以下の記事に出てくる批判が全部的外れなんてことは無いのですが、それにしても、落ち着いて深呼吸して、もうちょっとまとめて書けよ、と言いたいですね。


富士山の過剰に連なる山小屋の実態、商行為と自然保護が決して結ばれない現実
GIGAZINE 2012年09月09日




なんせ、最初からこの勢いです。

引用
彼らは商売のためなら、なんだってします。
引用おわり




この記事で最高にわけわからんのが、山小屋が過剰にあると批判しておきながら、別のところでは自由競争が無いからダメだダメだと言ってることです。過剰にある山小屋を減らしたら、ますます自由競争が無くなるのではないでしょうか?

そういえばこの記事の最後に「旅から帰ってきて感じたのは、自由な競争が繰り広げられている日本の社会の強さでした。」なんて書いてますけど、富士山に山小屋が乱立したのは自由競争の結果ですよ。







ていうか、このエントリーって山小屋にケチつけるのと自然破壊を指摘するのがごっちゃになっていて、ざーっと斜め読みすると矛盾にしか思えないです。入園料を徴収しろ、と言いつつ山小屋で売ってるジュースが高いとか、ね。



さらには、

引用
お米の水を目分量で測っていたのですが、常識なら計量カップを使います。休日なしで30日間働かされ、人が足りなかった前半は12時間労働、30分しか取れない休憩と、労働環境も唖然とするものでした。下界なら淘汰されかねない環境でも、競争がなければ大丈夫。利権にぶら下がれる構造がうらやましかったです。
引用おわり


お米を炊くときに水を目分量で量らされたことまで文句言ってます。これも山小屋の利権で競争が無いから、と言いたいみたいです。こんなことをいちいちネットに、それも大勢の人が見ているGIGAZINEに書くなんて、ちょっとプリントアウトっぽいですね。






コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 酸素を吸う前に | トップ | 埼玉県警山岳救助隊ニュース... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山の無線家)
2012-09-12 20:52:25
なんかおかしな記事ですね
>自分は、山小屋に頼らないテント
Unknown (山の無線家)
2012-09-12 23:20:33
なんか中途半端な状態で投稿してしまいました

なんかおかしな記事ですね。
>自分は、山小屋に頼らないテント泊の登山にあこがれます。
たとえば白馬岳に山小屋がなくてテントサイトだけだったら一日千人近く登ってくる登山客をどう収容するので
しょうか。テントサイトを何十倍にすればよいのかもしれ
ませんが、そうすると丸山と白馬のコルは禿山になっち
まいますよね…
個人的には、人が山に登ってくる限り、何らかの受入施
設は必要なのかな、と思っていますが
Unknown (bongo-pete)
2012-09-15 04:21:29
山の無線家様

テント泊専門の人でときたま小屋泊まりを小馬鹿にする人がいますけど、そういう人でも山小屋で水を買ってるわけですよね。

残雪が豊富なら北アルプスであっても、山小屋が無かったら水の入手がすごくしんどいってことを理解していない人が多い気がします。
Unknown (PIYO)
2012-10-25 14:04:07
ブルドーザ道ねえ。富士山の山頂に測候所があって、1年中人が常駐していたことがあったのは知らないんですかねえ?
しかも、車が通る5合目でバイトねえ。あそこは下界の延長ですから、それなりの環境なんですけどね。
不思議な記事のご紹介ありがとうございました。

あ。無事の下山、おめでとうございます。
Unknown (bongo-pete)
2012-11-04 21:35:05
PIYO様

>あ。無事の下山、おめでとうございます。

どーもです。
Unknown (shuutak)
2012-11-06 19:47:40
どうも、記事を書きました。

山小屋のジュースは私益、入山料は公益と書けば分かりますか?

>>富士山に山小屋が乱立したのは自由競争の結果

自由競争の結果は終わっていますよね。そして現在は閉鎖的な場所になっているじゃないですか。

記事に不満があるようですが、何がどう矛盾しているのご指摘をいただけますか?
Unknown (bongo-pete)
2012-11-07 02:15:05
shuutak様

思い切り矛盾してますよ。

現在の山小屋業界はご指摘のとおり閉鎖的な市場です。なぜなら競争相手が出てこないからです。
なぜ競争相手がいないのかといえば、新規に山小屋を作ったり、あるいは増築ができないからです。

じゃあ、山小屋業界にshuutak様が望むとおり、自由競争を促進させようとするのなら、新規の山小屋開業を認めたりするしかないわけです。そうすれば山小屋のサービスは良くなり、値段も下がるでしょう。でも、その結果はどうなりますか?

今以上に山小屋が乱立状態になりますよ。

山小屋業界への新規参入を認めず、それでいて業界の自由競争を促進する方法は、残念ながら私には思いつきません。何かいい方法がありましたら教えてください。
Unknown (shuutak)
2012-11-07 03:33:55
返信ありがとうございます。

自分の意見は自由競争を促進するわけではありません。閉鎖的な山小屋に違和感を感じました。利権があるのであれば、制限が必要というのが自分の考えです。

自由競争は一般社会との対比なのですが、記事で何かを伝えるのって難しいですね。

逆に、現状には満足されているのでしょうか?

Unknown (bongo-pete)
2012-11-08 12:33:19
shuutak様

イマドキ、山小屋の利権なんて、ささいなもんだと思いますけどね。
Unknown (shuutak)
2012-11-08 16:04:01
コメントを残してくれることで、自分の意見をお伝えできますね。ありがとうございます。

どんな方かとブログを読ませていただいたのですが、随分と昔の冬に山小屋を開けたそうですね。開けたいときに開けていいの?と疑問に感じます。

非難しつつ登山道の整備は山小屋独自でやっていますからね。私益と公益が絡まりあって、難しい問題です。

渋々あの記事を読み直したのですが、どうすればbongo-pete様の解釈にたどり着くのでしょう。

>>競争のない山小屋の自由は、競争の中で暮らす一般の負担になっているのではないでしょうか?その負担を押し付けていることを山小屋のオーナーが自覚しているかは疑問です。旅から帰ってきて感じたのは、自由な競争が繰り広げられている日本の社会の強さでした。現状が少しでも良くなるように山小屋の口コミサイトでもあればいいんですけどね。口コミが集まれば、判断もしやすくなるでしょうし。

と最後にきちんと書いてますし。

非難しておきながら「ざーっと斜め読みする」という逃げ道を作るのも感心しません。ライターさんですので、文章を書く難しさは十分に分かっているでしょうに。

残念です。