豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

台風が通過したら…

2019年09月09日 | 遭難と救助について考える
ウチは北南西に山や丘があるので風が当たりにくく、周囲でも特に被害はなかったのですが、ニュースを見ていると今回の台風の被害は凄まじいですね。



さて、台風通過後に気をつけたいのは登山コースへの影響です。今回は強風が吹き荒れましたので、特に倒木でしょうか。




昨年、台風21号が上陸した時、登山道に大量の倒木が発生しましたけど、それを迂回しようとした結果、道に迷ってしまったケースがあったそうです。倒木を迂回する時、そのことに神経を集中してしまうと方向感覚が狂い、明後日の方向に行ってしまう可能性があります。まずは迂回前に登山道の方向をよく確かめ、迂回している間も登山道の方向に目を向けておくことです。

またあまりにも頻繁に倒木が出てくる場合、早めに撤退を考えた方がいいでしょう。

ツイッターはじめました
↓キンドルから本を出しました↓

ガチで考える山岳遭難の防止

登山・キャンプ ブログランキングへ

この記事についてブログを書く
« 登山届を提出し、親族にも予... | トップ | 登山届を提出し、親族にも予... »