豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

ヤマレコと長野県警が協力して山岳遭難マップを作ったけど…

2019年07月27日 | 遭難と救助について考える
うむむ

【日本初!】長野県警察と協力し、山岳遭難の発生場所を掲載した山岳遭難マップをリリース!
PR TIMES


昔のナワバリ、いやパトロール区域をチェックしてみたけど、位置が正確ではないですね。ていうか、かなり違うのもあります。
また転落事故で遭難者が落ちて最終的に止まった場所が載っていても、どこから落ちたのかがわからないのも多いです。それだとあまり意味が無いかもしれません。


遭難事故の発生地点を地図の上に落としていくのって昔からありますけど、正直微妙です。その辺についてはちょこちょこ書いていますので、よろしければご一読を。

危険箇所を知らせるということ/豊後ピートのブログ
ハザードマップの作成について/豊後ピートのブログ

登山・キャンプ ブログランキングへ
この記事についてブログを書く
« 八ヶ岳で発生した道迷い遭難事例 | トップ | 富士山の入山協力金徴収を強... »