豊後ピートのブログ

元北アルプス槍ヶ岳の小屋番&白馬岳周辺の夏山パトロールを13シーズン。今はただのおっさん

キャンプ場で行方不明になった女の子の捜索に加わっていたボランティア男性が事故って一時行方不明

2019年09月29日 | 山岳遭難
山梨のキャンプ場で女の子が行方不明になった件で多数のボランティアが捜索に加わっていますが、とにかく安全対策はきっちりやって欲しいものです。山の中を歩く以上、絶対に事故を防ぐというのは無理な話ですが、クソ最低限やれることをやらずに事故るのだけはいただけません。

今回は無事に救助されましたが、これでまた行方不明なんぞになったりしたら、娘さんが行方不明になったご家族への心理的負担は計り知れないものになります。またボランティア男性を捜索するために、本来は娘さんの捜索に投入されるはずだった警察や消防の人員がそっちに取られるわけです。


転落のボランティア男性救助 山梨の女児不明現場
産経新聞  2019.9.29 09:00

引用
県警によると、男性は27日午後1時55分ごろ、110番通報。通報時に居場所を特定できず、その後は電話をかけてもつながらなかった。小倉さんの捜索にボランティアとして加わっていたという。
引用おわり

以前の報道では110番通報していたと書かれていたので、位置情報は取得されているだろうと思っていました。が、そうではないようですね。もしかしたら、情報の取得までに一定の時間がかかるのでしょうか。

このボランティア男性の問題点は、単独で行動していたことに尽きます。複数で行動していれば、例え電話がつながらない場所であったとしても他のメンバーが救助要請することができます。少なくとも、行方不明状態にはなりません。

ツイッターやっています
↓キンドルから本を出しました↓

ガチで考える山岳遭難の防止

登山・キャンプ ブログランキングへ
この記事についてブログを書く
« 北アルプス槍ヶ岳・槍沢コー... | トップ | 道志村のキャンプ場で行方不... »