今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

スティールギターが追いかけてくるという

2018年06月08日 23時27分39秒 | ギターと楽器のこと

 スティールギターの音色が気になって、あれはいくらくらいするものだろうと検索したら、その後やたらとPC画面にスティールギターが出てきたり、amazonからメールが来たりします。

 スティールギターは指で弦を押さえるのではなく、金属のバーを弦の上でスライドさせて滑らかに音程を変化させて演奏するのですが、調べてみると普通のギターを膝の上に寝かせて弾くのがラップスティールで普通のアコースティックギターで演奏されることが多く、スタンドの上に固定して弾くエレキギター仕様でペダルとかバーが着いているのがペダルスティールになるようです。

 一般にハワイアンでよく使われてカントリーミュージックでも耳にするのがペダルスティールの音ですね。スティールギターの名手はいろいろいますが、昔のムード歌謡のマヒナスターズにもいましたし、スパイダースや井上尭之バンドのキーボードでお馴染みの大野克夫さんも最初は国内屈指のスティールギターの名手だったとか。私はあの人は最初からキーボード専門だと思ってたので意外でした。要するにマルチプレイヤーなんですね。

 あとは駒沢裕城さんとかラストショウの村上律さんとかおられます。この分野は一流のプレイヤーが少ないと思われ、70年代~80年代の歌謡曲とかニューミュージックで聞かれるスティールギターの音はこのお二人のどちらかではないかと思ったりします。

 ちなみに木之内みどりの「硝子坂」というアルバムを持ってますが、B面が全部ラストショウのアレンジであそこで聞かれるのは全部村上律さんなのでしょう。徳武さんもカントリーフレーバーあふれるギターですので、「ありったけさわやかに」という曲なんぞはすごくかっこいいです。

 で、ラップスティールがいいかペダルスティールがいいかということですが、石川ひとみさんの「さり気なくおし気なく」という曲が好きで自分でエレキギターのスライドギターでやってみたのですが、原曲はラップスティールなのであのカラッとした感じの音にはなりません。ということでやっぱペダルスティールが魅力ですが、ちゃんとしたものはペダルがいっぱいついてて、膝で操作するレバーもついてて、本体価格がやたらと高いと。おまけにエレキギターなのでアンプが必要ですが、音は歪まさないのでクリーンで大きい音の出る200Wくらいのアンプがよく使われるとか。

 そんなのは冗談じゃないってことで、当面ラップスティールを練習してみようかと思ってます。何がどうかというとあれなら腱鞘炎も気にならないと。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ドレミファ大作戦の頃のジュ... | トップ | セブンスターショー「沢田研... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (営繕課の係長)
2018-06-09 07:42:49
ラストショーはあの泉谷のライブの演奏しか知りません。それと、ローリングココナッツレビューの時に前座的に出演していたような~
ああいう感じ大好き。先ほど、TSUTAYAのウェブで調べると在庫は3枚。誰も一位登録してないようです。(シングルセレクションとのカップリング)
B面は全部作詞:島武実/作曲:宇崎竜童/編曲:The Last Show/編曲:瀬尾一三なのですね。
聞けるのを楽しみにしています。
また情報よろしくお願いします。
懐かしい (古いドブロ)
2018-06-11 14:33:35
村上律さんの名前に惹かれて、チョットお邪魔します。なんとスティールギターと言うマイナーフレーズだけで釣られたました。関西圏だけで5人〜6人のロートルプレイヤーがいまだに活動してますよ。40数年前に村上律&中川イサトさんに知己を得て、ドブロ・ラップスティール・ストリングベンダー・バンジョーの魅力に目覚めた老兵です。
硝子坂というと (ハイパパ)
2018-06-11 23:32:03
>営繕課の係長さん

私はLPで持ってるのですが、そういえばCDでシングルコレクションと組み合わせて発売されてましたね。考えてみれば、そもそも「硝子坂」という曲自体がイントロからスティールギター全開でした。その辺高田みづえヴァージョンとは全然違いますね。CD買うかなぁ。
ドブロですか (ハイパパ)
2018-06-11 23:35:31
>古いドブロさん

ドブロってのがどうもわからなかったのですが、ラップスティールをやるのに音が良く反響するためにあの金属の円盤がついてるようですね。バンジョーとかラップスティールとか、ちゃんとした演奏を生で聞いてみたいです。私の周りにはいませんので。

コメントを投稿

ギターと楽器のこと」カテゴリの最新記事