今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ドラマ「10の秘密」終わりました

2020年03月20日 22時01分48秒 | ドラマレビュー
 フジテレビ系で火曜9時から放送されていたドラマですが、最後まで見たのでレビューしておきます。これは小説が原作とかではなく、ドラマオリジナルの脚本なのでしょうか。

 感想は「細かすぎて伝わらない」の一言。第一話を見たのでそのまま続けて見たのですが、タイトルの通りいろいろな秘密が出てくるものの、「○○が××したのは実は△△だった。」という一人語りのセリフが多く、連続ドラマとしてはいかがかと。

 さらに「こいつは怪しいんじゃないの?」と思うシーンが多く、その後「やっぱり」と思う展開も多かったのですが、そこはテレビなのでバレバレという感じで「ワシは最初からそれを疑ってた。えへん。」という気分にはならんのですね。

 たまたま放送のタイミングがよかったので全部見たのですが、向井理はどのドラマでも同じということと、名取裕子が普通の母親役は驚くほど似合わないというのが新たな発見(?)でした。名取裕子は存在感あるのでもっとアクの強い役の方がいいんじゃないかなぁと。この人も何か秘密を持ってるかと思ったら、特に何もなかったので。

 世間で話題になってる感じは一切なかったのですが、一般の評価はいかがなのでしょう。全然ダメとは言わないけど、あとでまとめてもう1回見ようという気はなし。仲間由紀恵は嫌いじゃないので、また別のドラマで見たいと。
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月19日はミュージックの日 | トップ | 今すぐ買える石川ひとみのア... »

コメントを投稿

ドラマレビュー」カテゴリの最新記事