今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

「青い」歌謡曲

2019年08月05日 22時39分31秒 | 昭和歌謡

 タイトルに「青い」とつく歌謡曲は多数あります。私が知ってるだけでも、青い瞳のステラ、青い山脈、青い麦、青いイナズマ、青い果実、青い背広で、青い珊瑚礁、青い夏まで待てない、青いリンゴ、青いフォトグラフ、などなど。

 そして、今日のNHKラジオ「ひるのいこい」で聞いたバーブ佐竹の曲が「青いゴムゾーリ」でした。このタイトルだけで、まともに聞いてみようとする意欲を失わせるにはバッチリです。結局どういう曲かわからなかったし。なかなかすごい事を考える人もいるものですね。

 ところで「青いフォトグラフ」って、松田聖子の「蒼いフォトグラフ」の間違いじゃないの?という指摘はあるかもしれませんが、倉田まり子に「青いフォトグラフ」という曲がありました。同じようなことを考える人もいるものです。

 ただ、私だったら「空色のフォトグラフ」の方がいいなぁと思ったり。ま、そんなことであれこれ騒ぐ私もまだまだ青いですね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハウスとか瞳の中の訪問者とか | トップ | うっで~を組んで~いドゥ~ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
青い水平線 (コスモス)
2019-08-06 00:02:56
「青いゴムゾーリ」だなんて、さすがひるのいこいですね。もう言葉がありません。
とことんマニアックに攻めるならひょとして「青い水平線」なんてかけるかも?
歌っていたのは和泉友子さんです。
と言ってもきっと「誰それ?」でしょうが、一時期「クイズドレミファドン」の
アシスタントをやってた子と言えば「そんな子いたなあ」と思い出すかも。
で、その曲はデビュー曲だったのですが、全くヒットしませんでした。
今でも某動画サイトで聴けますが、「やっぱ売れないだろうな」と、言わば
あの時代の典型的な「B級アイドル歌謡曲」です。
管理人様は異論があるかもしれませんが、ちょっと見のキャラが石川ひとみさんに
かぶるような気がしますよ。

もう少しメジャー路線に行くなら河合その子さんの「青いスタスィオン」はいかかでしょう?
この人も今どうしているのでしょうか?
知りませんでした (ハイパパ)
2019-08-06 23:16:49
和泉友子さんについてはまったく知りませんでした。全力で記憶を振り絞っても思い出せないので、多分当時も知らなかったんでしょう。

で、検索してみましたが石川ひとみさんと被るということについては全力で否定します(笑) 何しろ顔が丸すぎるので。どちらかというと、岩城徳栄さんとか上田美恵さんと被るような。

なお、河合その子さんの「青いスタスィオン」というのもありましたが、私はアンチおニャン子なのとこの曲を知らないので取り上げませんでした。ちなみにこの人は今は後藤次利さんの奥様だったのではないかと。あの人もてますねー。

コメントを投稿

昭和歌謡」カテゴリの最新記事