今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

久々に中古レコードを

2019年08月10日 23時10分02秒 | 昭和歌謡

 とにかく暑いので屋内活動ということで、久々に近所の某大手リサイクルショップに行ってみました。ここは楽器の数が多いので、見るだけでも私は毎回楽しませてもらっています。

 とはいえ、ギターは今特に欲しいものはないので、反応したのはレコード売り場。そんなに数は多くないので、ある特定の歌手のがやたらと品揃えが多かったりすると、「近所にファンがいて一気に手放したんだろうな」とか想像できるところに人生を感じます(?)。

 で、妙に目立ったのがアリス。アリスVが文字通り5枚くらいあって「おっ」と。あとは武道館ライブの「栄光への脱出」が数枚。他にⅥが何枚か、Ⅶが2~3枚、Ⅷも妙に目立ちました。さらに不思議なのがⅡが3枚もあったこと。ということは、一人のファンが手放したわけではないですね。また、チンペイさんのソロアルバムも結構充実してて、「蜩」「引き潮」「喝采」があったり。

 その他ではさだまさしさんの1st「帰去来」がやたら多くて。5枚くらい固まって見つかった他にバラであちこちに。グレープでは「せせらぎ」「三年坂」など。それ以外のニューミュージック系では、サザン、松山千春、オフコースがやたら大量に。特にオフコースは「NEXT」があのピンクのジャケットのせいかやたら目についた気がします。

 私の専門分野である(?)甲斐バンドでは、中古レコードの定番「甲斐バンドストーリー」は1枚もなく、「マイジェネレーション」と「サーカス&サーカス」が1枚ずつ。シングルでは「HERO」が数枚、「安奈」が1枚ということで、やはり大ヒットシングルはファン以外の人が買うケースが多いので中古にも出てくるんだろうなぁとか思ったり。

 さて、アイドル系はどうだったかというと、シングル盤のコーナーで「演歌ばっかりかなぁ」と最初あんまりなかったのが、真子ちゃんを発見したあたりから色々見つかりました。目立ったのは、真子ちゃん、榊原郁恵さん、岩崎よしりん、明菜ちゃん、ピンクレディーなど。とはいえ、ピンクレディーはやたらと「波乗りパイレーツ」ばっかりありました。なんか知らんけど。

 それ以前のアイドルでは、キャンディーズ、南沙織、天地真理、桜田淳子が1枚ずつ。(キャンディーズは「内気なあいつ」だったのがなんとも) 山口百恵は数枚ありました。意外だったのは、ザ・タイガースのシングルが普通に充実してたこと。あの辺は別にプレミアはつかないんですね。どれも300円だったし。

 こういうショップでは、そもそもレコードのコーナーが大きくないので、王道というか売れ線ばっかりでB級アイドルがないんですね。有吉ジュン、吉田真梨、讃岐裕子、小川みき、高見知佳なんかは皆無。B級と言えば松本ちえこは「恋人試験」がありましたが。

 と、そんなこんなですが、まぁそこそこ楽しめた中古レコード観察でした。ということで、石川ひとみさんはシングル、アルバムとも1枚もなかったので本日はお持ち帰りはなし。というか、トイレに行きたくなったので終盤はそそくさっと切り上げてしまったと。やはり中古レコード探しは体調を整えてからですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 漢字変換はもっとこだわるべ... | トップ | テールピースロックシステム... »

コメントを投稿

昭和歌謡」カテゴリの最新記事