今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

やはりバス旅は楽しい

2022年11月26日 23時37分44秒 | TV番組レビュー

 自分がバスで旅するわけじゃなくて、あの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の話。元々好きだったのですが、たまたま先日再放送を見たら面白くて、それ以来番組表で発見するたびに録画してしまいます。

 やはり元祖の太川・蛭子コンビの時が面白いのですが、先日見た第三弾の「秋の北海道縦断!」というのは大爆笑しました。これが2008年9月のロケで、ゲストは伊藤かずえさん。とにかく蛭子さんの天然なボケっぷりが全開でたまりません。

 一例では、バスの中で腕時計が凄く進んでいることを太川さんに指摘され、「なんか1週間に1分くらい進むんだよね。」「進んでないと不安で。」と言ってたものの、さすがに進み過ぎだということでその場でジャストに調整。しかし、次の乗り継ぎの際に案内所の時計と自分の時計を見比べて「おかしいよ、あの時計も進んでるよ。」と大騒ぎ。が、次の瞬間「あ、さっき合わせたんだった。」とまた人で大騒ぎ。

 また次には、バス停に到着したときには15時半だったのが、時刻表を見て「良かった! この13時45分に乗れるよ。間に合った。」と大喜びしたり。そのたびに同行のお二人が大笑いするのですが、伊藤かずえさんは女優とはいえ「ホホホ」「ウフフ」という感じじゃなくて、大体「ゲヘヘヘ」と笑うのでそこの意外性(?)も面白かったです。実は私はこの方は若い頃はあまりタイプではなく、大映ドラマに出てた頃もなんとも思わなかったのですが、今は結構好きになりました。人間の好みは変わるものですね。

 それとこの回ではとにかく北海道の景色が良かったので、そこは「ああ、いいなあ」と思いながら見てました。このバス旅の企画は第25弾まで続いたそうで、ルートとゲストによって当たり外れはありますが(失礼)、大体は面白いので受けたのはわかります。今はメンバー変えてやってて、そちらも面白くないことはないのですが、やはりあのコンビが面白かったですね。復活は無理でしょうが、太川さんには今のような陣取りじゃなくて普通にバス旅やって欲しいと思うのは私だけではないはず。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿