今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

太田裕美「失恋魔術師」の謎>夜のヒットスタジオ

2022年11月28日 22時07分57秒 | 夜のヒットスタジオ

 フジテレビTWOでの「夜のヒットスタジオ」を見ました。今回は1978年4月24日の放送回。出演歌手と演奏曲は以下の通り。

太田裕美/失恋魔術師
内山田洋とクールファイブ/愛の扉
五輪真弓/さよならだけは言わないで
ザ・リリーズ ※ピアノ 太田裕美/春風の中でつかまえて
久保田育子/翔びなさい
黒沢年男/時には娼婦のように
小柳ルミ子/夢追い列車
シグナル/黄昏のあらし
野口五郎/泣き上手


 当時見ていた頃はテレビも小さかったし気がつかなかったのですが、この番組ではニューブリード以外にもミュージシャンが参加してます。そのエレキギター担当の人はグランドピアノ後ろのかなり隅っこにいたので、当時のテレビの画角ではほぼ映らない前提だったのでしょう。

 近年再放送で見るようになってその存在に気付いたのですが、例えばキャンディーズであればMMPが来てないときに、リードギターだけ西村コージさんか西慎嗣さんが弾きに来てるとか、そういう事情かと思ってました。

 が、数年前のギターマガジンの野口五郎さんとCharの対談によると、あれは荒谷憲一 という方ではないかという事です。レッツゴーヤングの山本トオルさん的な立場なのかもしれません。とはいえ、その立場がいつも同じ人なのかどうかもわかりません。どなたか詳しい人はいませんでしょうか。

 それでこの曲にもそういう人の姿が見えるのですが、今回よくよく見たらその人はリズムギターしか弾いてませんでした。イントロも曲中のオブリガードも、ニューブリードのギタリストが弾いています。謎ですね。

 ちなみに、この年のお正月に高田みづえさんが歌った「ビードロ恋細工」では、そちらの助っ人ギターの方がソロを弾いてました。当時私は「おー、ニューブリードのギターかっけー!」と思ってたのですが、数年前に再放送を見て「あ…」と。世の中知らないことが多いですね。

 それはそうと、今回の太田裕美さんの映像は衣装も振り付けも可愛らしいし永久保存版です。まあ私は過去に何回も録画してますけどね。ふっふっふ。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿