今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

24時間まるごと角川映画

2013年11月04日 10時34分51秒 | 映画

 日本映画専門チャンネルで今日の日付が変わったあたりから「24時間まるごと角川映画」という企画をやってます。今回放送されるのは「悪霊島」「湯殿山麓呪い村」「ぼくらの七日間戦争」「時をかける少女」「Wの悲劇」「晴れ、ときどき殺人」「彼のオートバイ、彼女の島」「探偵物語」など。

 24時間なら12作品くらい用意しないと続かないのでは?と思ったら、2回放送するのもありました。今回のダブリは「悪霊島」「湯殿山麓呪い村」「彼のオートバイ、彼女の島」の3本。なんか出し惜しみの感もありますが、今月はこれら以外にも「化石の荒野」「戦国自衛隊」「友よ、静かに瞑れ」「麻雀放浪記」「野獣死すべし」も放映されますので、ダブリなしでも24時間くらいは軽くいけるような気が。

 角川映画というといろいろありますが、私が見たことあるのは、犬神家の一族、人間の証明、野性の証明、悪魔が来りて笛を吹く、金田一耕助の冒険、蘇える金狼、戦国自衛隊、復活の日、ねらわれた学園、悪霊島、セーラー服と機関銃、この子の七つのお祝いに、蒲田行進曲、伊賀忍法帖、探偵物語、時をかける少女、里見八犬伝、愛情物語、Wの悲劇、天国にいちばん近い島、黒いドレスの女、恋人たちの時刻など。

 私は映画はそんなに見る方じゃないので、80年代に見た映画の中での角川比率はかなり高いです。あの宣伝手法には賛否両論あるでしょうが、映画がヒットして原作も売れて話題になってという流れは悪くなかったような気がします。何より角川映画の新作のCMを見ると毎回ワクワクしてましたので。

 ということで、再度24時間角川づくしをやるなら「湯殿山麓呪い村」と「この子の七つのお祝いに」を交互に放送して丸一日というのを期待します。(ウソ)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 甘く見てました>大高取山 | トップ | 映画「晴れ、ときどき殺人」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪魔が来りて笛を吹く (守死立富)
2019-11-16 15:22:48
「悪魔が来りて笛を吹く」を見ました。
西田敏行の金田一耕助も中々いいじゃないですか。
ストーリーはちょっと・・・・ですが
二木てるみさんが、ああいう役を演じてるのが驚きました
太陽にほえろのボンボン刑事は、なかなかいい演技をしてました
あれは斉藤とも子が (ハイパパ)
2019-11-23 13:09:51
あれは結構好きですよ。もうずいぶん見てませんが、斉藤とも子がいつもと比べて化粧の濃いのが魅力です(?)。

西田敏行さんはいろいろやりますから、その点での違和感はなかったですね。そういえばボンボン刑事出てましたね。あの映画の雰囲気は結構好きでした。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事