今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

あれから一か月、昭和51年9月のヒット曲ベスト30

2022年11月29日 22時08分48秒 | 昭和歌謡・アイドル歌謡

 

 先日、昭和51年8月のオリコントップ30を記事にしたら結構ウケたので続報です。今回は1か月後、昭和51年9月20日発表のトップ30。

 トップ3は、あなただけを/あおい輝彦、ねえ!気がついてよ/桜田淳子、針葉樹/野口五郎でした。野口五郎さんのこの曲は結構地味な印象でしたが、物凄くヒットしたのですね。私は好きな曲です。

 それで1か月経っても「あなただけを」が強いです。考えてみれば、この年はあおい輝彦さんに加えて、「およげ!たいやきくん」「山口さんちのツトム君」「ビューティフルサンデー」など、いわゆるヒットチャートの常連でない方のビッグヒットが長く続いた印象。

 他の注目としては「河内のオッサンの唄」が7位まで上昇してるし、「嗚呼!!花の応援団」がさらに上がって15位。あらためて「そんなにヒットしてたっけ?」と驚きました。この方たちが、事務所に搾取されずちゃんと儲けてたらいいのですが。(というのは、大きなお世話ですか。)

 そして今回も洋楽がヒットしてて、ジャニス・イアンの「ラブ・イズ・ブラインド」がいきなり6位になってます。これは坂口良子さん主演のドラマ「グッドバイ・ママ」の主題歌でしたが、なんとこの後に最高3位にまでなったそうです。歌は確かにヒットしましたが、あのドラマってそんなにウケてましたっけ??? 今もDVDは出てないし。

 洋楽ではオリビア・ニュートン・ジョンの「ジョリーン」が27位。この曲は最高11位まで上がることになるので、普通に洋楽と邦楽とコミックソングと子供向けの曲がヒットチャートに共存してた面白い時代でした。

 こうやって眺めると反応するところは人それぞれでしょうが、私はすごく楽しくなってきます。現在のチャートのことをうんぬんは言いませんが、こういう本当の「流行歌」の世界があったのですね。当時は、年末の賞レースとか紅白の出場者とか予想するのも熱が入ったことでしょう。

 ちなみにこの年のレコード大賞は「ソウル・ドラキュラ」、翌年は「ソウル若三杉」でした。ソウルがブームだったんですね。…って、真実を知りたい方はご自分で検索を。

 なお、今回も「トップ30くらいは全部歌えるわい。」と思った私の前に立ちはだかったのがアグネス。この曲知らないけどヒットしてたんですね。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「あなただけを」 あおい輝彦 (守死立富)
2022-12-03 13:11:25
この年は「およげ!たいやきくん」が空前の大ヒット しかし、子門真人が紅白歌合戦には出ない。あおい輝彦が出る事で新聞の投書欄に批判が出ていた思い出があります
でも、この「あなただけを」週間1位(オリコン)1976年度年間7位(オリコン)で素晴らしい売れ行きです。
https://www.youtube.com/watch?v=y5OTVHuKVoo
昔のメンバーと久々に会って感動していますが、どう見てもリハーサルがあったでしょうね
もう一つ言いたいです。南こうせつの武道館ライブのアルバム「Good Vibration」でこうせつが「僕の友達を紹介します。常富さんです。」と言ってました。
その常富さんはどんな人かと思ったら、この「あなただけを」を作曲した人なんですね。今日それを知って感慨深いものがありました
常富さんというと (ハイパパ)
2022-12-05 23:02:00
私は猫のメンバーとして、吉田拓郎さんのバンドで、などあちこちで名前は聞きましたが、実は猫の写真を見てもどの方が常富さんなのかわかりません。それにしてもこれは売れましたね~。

コメントを投稿