ルーマニアンマクラメの世界

ルーマニアの伝統手編みレースの魅力をさまざまな角度からアプローチします。
http://e-macrame.com

始末

2021年07月04日 | 暮らし

物には、はじめと終わりがある。
ということはその中間もある。

たとえ小さな物であっても、
最後まで責任をもって接しましょう、
先人たちは「始末」という一言をもって
教えてくれている、に違いない。


中間をありがたく楽しむ方法のひとつ「リメイク」。
もともと持つ多大な物語にさらなるスパイスが加わって
誰かに語りだしたら止まらなくなる?
それともひとりでご満悦に?

そういえば、ルーマニアンマクラメの糸始末は魔法の様、
たま結びは一切しない、だけと外れない。


作り手はそこまで責任のある仕事をしている。

 

 

 

 

コメント

真摯な思いのバトンタッチ

2021年06月23日 | ライフスタイル

写真から絵に。

綿のレース糸を職人さんの手がケープに仕立て、
カメラマンが背景を考えながら写真を撮り、
その写真から絵へ。
ケープ自体はやがてどなたかの肩を包み、おしゃれのお手伝いをする。


真摯な思いのバトンタッチ、仕事とはそんな事なんだろうか。

何かに似ている、なんだろう、わからない。
ま、いいか。


コメント

有楽町で無事を祈る

2021年06月22日 | ライフスタイル

有楽町で逢いましょう。

やさしさが冒頭にバーンと現れる

あなたを待てば雨が降る、
濡れてこぬかと気にかかる・・・

傘を持っていますように、忘れていてもなんとか濡れませんように、
無事でありますように、祈る。

誰かを大切に思うとき「祈る」ことが伴う。
自分の力ではどうしようもないんだから祈るしかないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

祈りのメッセージが山ほどに込められたルーマニアンマクラメ展を
有楽町の交通会館地下1階で開催しています。
すみません、お知らせでした。

 

 

コメント

結果は100年後に

2021年06月19日 | ライフスタイル

こんなに勉強しているのに成績があがらない。
どうすればいい・・・
遠い昔散々悩んだ末、あることに気づいた。
結果は半年後に出る。

もしも今でいう勉強法なるものに気づいたり、
それに気づく能力があればその期間は短かったはず。
でも勉強は無駄になっていない、と信じた。

今は仕事の上でそう考えることにしている。
皆様にいつも丁寧に、
感謝の気持ちを抱き続け、どうすればもっと幸せになっていただけるか
自分にできる最大限のことをする。

それがあの頃勉強と思っていたことに似ている。
スパンは当時よりずいぶん長い、20年後、30年後、100年後?
結果は自分で判断しよう。

 

コメント

夏の必須アイテムで二の腕を隠しましょう

2021年06月18日 | ファッション

年々隠したくなる二の腕と肘、
この季節、例年の悩みに頭を痛める。
袖のある服だと、脇の汗も気になる。
あああああ・・・

を解決すケープ
16人の熟練職人中3人しかできない編み方がメイン、
アクセントのお花はルーマニアンマクラメ。
繊細さと力強さを併せ持つ品の良さ。

そのうえ洗濯機で洗える夏のお助けアイテムです。

 

コメント

gooブログ

2021年06月17日 | ライフスタイル


このブログを始めて間もないころ撮った写真、その頃はスマホではなく携帯電話。


途中さぼった時期が長くあっという間に5500日経過。
昨日、初めて知らない方からメッセージ、うれしい!
返信の仕方がわからず、あれこれしているとフォローするところがありました。
ポチとするとフォロー。

5500日も過ぎて初めて知った機能です。
遅すぎです、ちゃんと調べないままボチボチ打っているだけの日々、
我ながら呆れています。

そのうえ、今度はその方がフォローしてくださったとメールが届きました。
またまたびっくり。

gooさん、あなたのことを今から少し勉強します。

コメント

まっぽし表現できるオノマトペ

2021年06月16日 | ファション

ふわふわしたケープ
さらさらとした肌さわり
身に着けると、なぜかわくわく
じろじろと人に見られます。

イライラした気分の人も
めそめそしている失恋直後も
はればれとした気分になって
スキップるんるん!

淡々とキャリアを重ね
黙々と針を動かす職人さんに
ただただ敬意を感じるケープ
うっとり眺め
じっくり見つめ
あっという間に日が暮れます。

※タイトル内の「まっぽし」は熊本や鹿児島の方言で「ズバリ!」のような意味です。



 

コメント

あれこれ展なんだこれ展

2021年06月15日 | ファッション

あれこれ展、というタイトルにした。
20日からの東京交通会館ギャラリーでの催事。

ルーマニアンマクラメ以外に
リメイク商品やコラボファッションというラインナップ、
初めての試み、タイトルの命名には悩んだ。

絞りだして出た「あれこれ」、なかなかいい名前だ、と安堵して印刷入稿。

ところがその後、まぁまぁあちらこちらで使われていることに気づく。
あちらも「あれこれ展」こちらも「あれこれ展」

自分で生み出したユニークなタイトルではなく、
実は生活の中で頻繁に接する言葉だったのね、ショック。
なんとも乏しいオリジナリティ。

届いた1000枚のはがきを前に、
いっそ「なんだこれ?!展」にすればよかったと後悔している。

 

コメント

朝の挨拶

2021年06月14日 | ライフスタイル

猫だって笑う。
むしろ微笑む。

こんな笑顔は伝播してこちらも思わずにっこり、
そんな姿を見ていた紳士もにっこり、
横を通ったご婦人もにっこり、
女学生もクスクス、

無欲な一瞬に辺りは光り輝く。

顔はすぐには元に戻らずそれぞれが光を連れて次の場所へ。

さぁ今朝もお散歩にでかけよう。


コメント

増加し続ける気になる数字の種類

2021年06月13日 | ライフスタイル

気になる数字。

血圧・体重・血糖値・コレステロール、体温、
税金・収入・貯蓄・保険、
時間・月日・年齢、
感染者数・人口比率・ワクチン接種者数、
このブログのアクセス数、ランキング、
その他いっぱい

自分でコントロールできるものはほとんどない。
そしてほとんど全部に翻弄される。
上がった、下がった、増えた、減ったに一喜一憂。

その値は、人生にとってそれほど大事なんだろうか。
例えば
毎朝決まったタイミングでカラスから雀になき声が変わる。
そんな彼・彼女たちに時計は要らない。
ちょっと体重が増えたから今日はダイエットするわ、と
猫は言わない。

何かの具体的な指標が見える化されるのは確かにありがたい、
でも、それ、ストレスその原因になっていないかな、
数字は人間が勝手に作った便利な概念。
指標はフレキシブルで政治的、商業的なことも。
さらにデジタル化がその現象に拍車をかけている。

いっそ全部の数字から解放されたい。

と願いつつ、このブログを書き終えたら、
Instagramのフォロワー数をチェックしなくちゃ。
この数字に解放されるどころか執着している今日この頃。
スマホを見る回数も増えている。

弊店のインスタグラムはこちらです。
amiinaart




 

 

 

コメント