途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

映画「麒麟の翼」感想

2018年04月14日 13時52分32秒 | 日本映画感想
今年の1月に録画していたが、原作を読んでいなかったことに気がつき、慌てて原作を読んだ。
それなのに、映画を観るのにこんなにも時間が経ってしまった。
原作は、とても良い作品だったと思う。
原作「麒麟の翼」感想
それゆえに、なかなか観られなかったのだ。
原作を読んで、それぞれの父と子の切ない思いを知ってしまった。
伝えたいと願った父の思いは、息子に伝わったけれど、それをもう一度受けとめるのはちょっとしんどいし辛かったのだ。

映画の前半は、かなり端折られていたので原作を読んでいなかったら内容を把握し切れなかったと思う。
ただ、この物語は殺人事件の犯人捜しが主題ではなくて、父の思いが子供に伝わるかどうか、その思いを子供がどう受け取ったかを描きたかったのだと思うから、そういう意味では巧く描いてあった。
子供が未来に向かって羽ばたけるようにとの祈りにも似た思いは成就したのかもしれないが、やはり切ない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 空窓 RADWIMPS 3.11に思い... | トップ | 映画「トイレのピエタ」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画感想」カテゴリの最新記事