途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

読書感想「悲素」帚木蓬生

2019年06月26日 14時54分28秒 | 乱読本感想
新潮社 2018年1月27日

★3

「閉鎖病棟」が映画になると知った。
その少し前に本書を買っていた。
扱われているのはあの、和歌山カレー事件だ。
帚木先生の作品にはただ好き、と言い切ってしまえないものがある。
深さ重さに耐えられない作品もある。
重いだろう内容を想像して、しばらく手に取れなかった。
意を決して読み始める。
『えっ?』『あれっ?』
物語はカレーのその日から始まるのだが、少し読み進むと“サリン”というワードが出てくる。
そう、あのオウムの、松本の事件だ。
主人公の先生はその事件にも関係しているのか。
そういう設定なのねと自分に言い聞かせる。
“医学捜査小説”とわざわざ書いてあるのに、カレー事件に登場する人物も似たような違う名前になっているのに、無意識に事実として読んでいた。
帚木先生は精神科の先生だと知っているのに、主人公の衛生学の先生と重ねて読んでいた。
和歌山の事件は事実だ。
小説の和歌山の事件は虚構なのだが、たぶん多くの部分は事実に則しているのだろう。
患者や病院の様子、計測された数値などに虚構が入る余地があるだろうか?
真実と虚構が入り乱れる。
カレー事件の話の所々に毒物に関する歴史的な話が挟み込まれる。
そういう講義を受けているような気分になる。
上巻では被害者たちの様子がカルテに書かれたそれをなぞるように無機質に語られる。
また、保険金に関することも信じられないような数字が並ぶ。
私が知りたいのは犯人とその周辺の人の“気持ち”なんだけどな~
精神科である帚木蓬生が推測する“気持ち”
推測するから小説なんでしょ!
下巻に入ると裁判の様子が語られる。
が、なぜだか先生、警察、検察、弁護士、裁判官のやり取りばかり。
え~、私は犯人とその周辺の人たちのことが知りたいんだけど~~
最後の最後でちょっと犯人“真由美”の心理が出てきた。

結局この話はなんだったのか?
和歌山カレー事件に協力した医学部の教授のお話ってことか。
最後の参考文献の所に同じ名前がこれでもかというくらい出てくる。
“井上尚英”という方。
調べたら、実際にカレー事件の砒素の特定に尽力された方だった。
その時に見かけた記事に帚木先生が本書を書いた経緯が載っていた。
そういうことか。
なら、医学部の教授の話ということで合ってたのか。

【著者に訊け】帚木蓬生https://www.news-postseven.com/archives/20150905_346902.html


乱読本感想リスト 作家【は】行
 

乱読本感想リスト タイトル【は】行

コメント   この記事についてブログを書く
« 読書感想「パラレルワールド... | トップ | 読書感想「ダブル・フォール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事