途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

舞台「ムサシ」

2013年10月29日 18時31分46秒 | watakusi事

舞台「ムサシ」に行ってきました。

いつもはここには書かないんだけど、ここもネタ切れなので、こっちに書いときまぁ~す。

「ムサシ」は初演(2009年)を見たんだけど、これがもう、すご~く良かったのよ。

どのくらい良かったかといえば、目が覚めるくらい良かったの。

藤原竜也くんファンの娘が見たいというし、相手役が小栗旬くんだったの。

「花男」人気の後だったから、ミーハーの私としてもちょこっと見てみたい、と。

まぁ、そんな人ばかりだったからでしょう、チケットが全く取れないの。

こちらとしては大阪公演のチケットを取りたいのに・・・最後の最後、直前になって埼玉の見切れ席が売りに出たので申し込んだら、あらぁ~取れちゃった。

もうね、朝(人によっては深夜と言う)2時に起きて、埼玉、「彩の国さいたま芸術劇場」まで行きましたよ。

途中遊んで、会場に夕方着いた時にはぐったり。

もう寝るしかない状態。

ところが・・・始まった途端、藤原くんの武蔵と小栗くんの小次郎が出てきた途端、ヒェ~~~!!!美しい!!!と、目が覚めました。

最初は彼らのビジュアルしか見ていなかったけれど、「ムサシ」という舞台そのものに引き込まれ、ほぉ~~これが『舞台』なんだ~、と。

それ以前、それ以後、大野くん、ニノ、藤原くんの他の作品をいくつか見ましたが、2009年の「ムサシ」が私の中で最高でした、昨日までは。

今回の「ムサシ」はロンドン・NYバージョンだそうで、初演から海外公演、凱旋公演を経ての「ムサシ」

キャストは小次郎役と沢庵和尚役は変わっていっているけれど、他はほぼ初演と同じ人たち。

小次郎役は小栗旬→勝地涼→溝端淳平と入れ替わり・・・正直、見るまでは池端くんで大丈夫!?と思っていたけれど、池端くん、むっちゃ良かった。

もう、ほんま綺麗、端っこだったけれど前の方の席だったので生顔がよ~~く見えたのよ!

息をのむほど綺麗で、池端くんってこんな綺麗な人やったんだ!とかなりびっくり。

良かったって、そこかよ~と。

いえいえ、演技も!

他のベテランの役者さんの中に居ても大丈夫なくらいだったのよ。

初演を見た時、最初は藤原くんと小栗くんの顔ばかり見ていて気がつかなかったんだけど、途中から、ずっと舞台をやってきた白石加代子さんたちベテランの演技が圧倒的に上手くて、若者たちとの差が少し気になったの。

今回は藤原くんや鈴木杏ちゃん、そして池端くんも「差」を感じさせない舞台だったように思う。

まぁ、何度も何度も演じられた「ムサシ」だったからなのかもしれないけれど。

今回の「ムサシ」、初演を見たのが2009年で、記憶がはっきりしている訳ではないけれど、微妙に変わっていて、より分かりやすくなっていたように思った。

海外公演を経たことによる分かりやすさかもしれない。

もともとシンプルなお題「生きよ!」

初演のときもそうだったけれど、それからいろいろあってさらに生きることが辛い時代に「生きよ!」と。

ただただ、生きて欲しいとの祈りのようなこの舞台。

でも、説教じみたものではなく、ユーモアを交えながらストレートに生きて欲しいと迫ってこられる。

亡霊たちが渾身の思いで、無駄な争いはやめろ、命を粗末にするなと武蔵と小次郎に(今を生きる人たちに)訴える場面では前回も泣いたけれど、今回も大泣き。

でも、すぐに笑わされて・・・

大感動の舞台。

何度も何度ものカーテンコールは観客も演じた人たちも大満足だったってことね。

隣にいた人が、何度か足をはこんだみたいな人が「今日は回数が多いね」って。

あぁ~、私たち良い舞台に当たったんだな。

この舞台、シンガポールに続き、来年には韓国でも上演されるそうで・・・

ロンドン、ニューヨークで評価されたのは何だか分かるような気がするの。

「能」とか「狂言」に通じる幽玄さがあるからね、なんかそういうの好きそうでしょ。

シンガポール、そして韓国の人はこれをどう評価するのかな?

興味津々。

14386070_2014819950_117large

コメント   この記事についてブログを書く
« 『無表情』と『哀れ蚊』 | トップ | 僕に似合うかわいい女の子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

watakusi事」カテゴリの最新記事