途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

読書感想「神様の裏の顔」藤崎 翔

2017年06月27日 10時38分08秒 | 乱読本感想

KADOKAWA/角川書店 2016年8月25日

★3
2017年06月27日 10:35
ピカピカの帯に「第1位、横溝正史ミステリ大賞受賞作」とある。
それじゃ、読まなくっちゃ。
初めて見る人だが、経歴は?
ほぅ~「お笑い芸人として活躍」とある。
お葬式がテーマの作品は多くある。
これも似たような作品といえるが、ところどころにちりばめられた“クスッ”と笑えるネタとテンポは流石お笑いの人が書いた作品だ。
亡くなったのは稀にみる人格者の元先生で神様のような人だった。
誰もが必要以上に彼を偲んで涙する。
「いい人だった」「いい人だった」と。
でも、タイトルは「神様の裏の顔」だったよね。
ひとりが引っかかりを覚え、それがひとり、またひとりと広がりあっという間に「実は殺人者!」という流れになる。
上げて下げて、さあどうなる?
サスペンスとして凝っている訳ではないが、何人かの登場人物がそれぞれ語る形式で、彼らのその内容はなかなか面白い。
で、謎解き。
上げて下げて、さあ大どんでん返し!
“大”と言うほどではなかったが、1度ではない返しは頑張っていた。
最後、ここで終わりにしないでもっと続けて欲しかったと思う。
そうすれば、まだまだ面白くなると思うのに。
でも、デビュー作でこれだから先が楽しみだ。
「私情対談」「こんにちは刑事ちゃん」、文庫になり次第読む予定。

ピースの又吉直樹さんが芥川賞を受賞した。
その影響で、本作品と思ったが、どうも「火花」とそう変わらない時期に書かれた作品のようだ。
益々のご活躍を!


乱読本感想リスト 作家【は】行

乱読本感想リスト タイトル【か】行
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国ドラマ「エンジェルアイ... | トップ | 読書感想「富士山噴火」高嶋 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事