途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国映画「2つの恋愛」感想

2016年10月24日 14時50分13秒 | 韓国映画感想
やっぱりDVDのレンタルショップには行くべきねと思ったのはこれを見つけたから。
ジェウクさまのFacebook見ていたつもりだったのに、長い間抜けてたみたいで、知らなかった。
パッケージを見て、何となく面白くなさそうと思ってしまったけれど、一応ファンなのでちゃんと借りた。
顔だけ見ればいいさと観始めた。
もうね、久しぶりだから顔を見ただけでむふふっ(^^)
「メリは外泊中」で彼を知った時から比べれば歳をとったと思うけれど、やっぱりステキ。
最近のグンちゃんやムン・グニョンちゃんがビックリするほど劣化したのでショックだったけれど、ジェウクさまはステキなままで一安心。
チャラ男とまでは行かないけれどちょっと軽くて優柔不断で、まあその辺に転がってる今どきのお兄ちゃんって感じのジェウクさまがなにげに新鮮。
今カノがいるのに、元カノとお泊まり旅行に行っちゃって、「据え膳」だと勘違いしちゃって(まあ、この状況だとしちゃうけど)・・・後はもう、今カノ、元カノの間を右往左往。
あの(シュっとした印象の)ジェウクさまが、そわそわ、アタフタ、バタバタ。
もうそれに笑えて笑えて。
映画監督インソンってのがジェウクさまの役で、インソンが右往左往なんだけど、私には“ジェウクさま”の右往左往に見えてしまって、よけいに面白い。
元カノと今カノと一緒にお酒を飲むシーン、普通の韓国ドラマなら髪をつかんで大げんかパターンだろうけれど・・・訳知りの元カノはしら~~っとしてるし、今カノは知ってか知らずかマイペース、疑心暗鬼のジェウクさま、もとい、インソンは拗ねるし当たるし、ガキ!
大人になれていない男とそれなりに時がたち大人になった女の違いが出ているここが面白い。
3人で1台の車に乗っている場面も面白い。
それぞれの表情を観ながら心中を想像して、焦りに焦っているインソン面白~~い。
あっ!観ているこっちが焦った場面があったわ!!!
えっ!?行きずりの女の人と抱き合ったと思ったら、キャ!お布団の中、動いてるし~、ギャ!!!裸の上半身が上下に・・・いいのか(・・;あっ、15禁ね。
えっ!!!宿の主人(男)が下に居た!
・・・あぁ~妄想場面か、かなりビックリ、ドキドキしましたわ~
ありふれたお話で、普通の人が観たらそんなに面白く感じないかもしれないけれど、私には面白かった。
1つ、モンクがある。
KARAのパク・ギュリがミナという在日の韓国人役で、最初の設定が日本語しか話せないって役。
これはもうムリ!
下手程度でもムリな設定なのに聞き取れない箇所がかなりあった。
せめて高校まで韓国にいて、それから日本に来たくらいでないと説得力が無い日本語だった。
さすがにジェウクさまはちゃんと聞き取れた。
相変わらず古めかしい感じの話し方だけど、細部まで丁寧で、さすがでしたわ。
題名について、韓国も日本も同じ「두 개의 연애」「2つの恋愛」みたいだけど、英語題を見たら「Two Rooms,Two Nights」となっていた。
映像を観た感じだと、今回はこの英語題がなかなかいいとこ突いてると思う。

韓国映画感想まとめ

コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国ドラマ「主君の太陽」感想 | トップ | CMの5人の嵐は幻か!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国映画感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事